九州工業大学LCSの活動日誌

LCS : ラーニングコモンズサポーターとは、戸畑キャンパスの図書館で、大学での勉強や生活、図書館の使い方などのアドバイスを行う学生たちのことです。 ブログには、サポーターによるイベントの告知や寄せられた質問の回答を載せてます。勉強方法についての質問などのコメントをお待ちしています。 ※コメントは管理者の判断で非公開または削除する場合もあります。

2014年10月

こんにちは。
ラーニングコモンズサポーターの吉田です。

近頃、生協近辺をうろついていると、
特殊な衣装を来た人たちをちらほら見かけます。
ハロウィンを満喫している風でした。

そう!今日はハロウィン
ということで、
今回はハロウィンっぽい映画を紹介していきます!

[E.T.]
超有名作です。
日本のハロウィン文化はこの映画から広まったとか広まらなかったとか

[魔女の宅急便]
こちらも名作です。
魔女繋がりということで。

[ホーンテッドマンション]
コメディ感のあるホラー映画です。
・・・ホラーなのかな。

[ナイトメアー・ビフォア・クリスマス]
個人的に好きな作品です。
キャラクターが個性的で,画がちょっと特徴的です。

[アダムス・ファミリー]
懐かしい映画です。
テーマ曲はめっちゃ有名・・なはず。
ハロウィンの仮装のモデルになることも多いのだとか。

[ハロウィン] 
タイトルが既にハロウィンです。
アメリカでは3本の指に入る程のホラー映画で、
とんでもなく怖いそうです。
怖い物好きの方は見てみてはいかがでしょうか。
私は見たことないですが。。

[キャスパー]
懐かしい映画その2。
かわいらしいお化けが登場します。
怖いのが苦手な人はこれがいいかも。 

紹介した映画の他にも、ハロウィンっぽい作品はまだまだあります。
明日は休みだし、今夜は映画漬けだ!というのもいいかもしれませんね。 
皆さんも今日はハロウィンっぽく楽しみましょう!! 

こんにちは。
ラーニングコモンズサポーターの藤村です。

題名からは離れてしまいますが、
ソフトバンクホークスが日本シリーズで阪神をくだし、
日本一になりました! おめでとう!


と話題は変わって、今日はハロウィンです。
知っていた人も多いかもしれませんね。
最近は街中で仮装パーティーを開いたり、ハロウィンイベントもあったりして
日本でもハロウィンが身近なものになってきたように感じます。
企業の商業戦略に踊らされている、と言ってしまえばそれまでなんですが
僕もついついお菓子を買ってハロウィンを満喫してみたくなってしまいます。

そこで思ったのですが、みなさんはハロウィンについてどれくらい知っていますか?
かぼちゃのランタンを灯し、仮装した子供たちがお菓子をねだってくる・・・
僕には、こんな映画のワンシーンのようなイメージしかなかったです。

そこでハロウィンの由来や意味について調べると、どうやらハロウィンはもともと
ケルト民族の宗教祭のひとつだと考えられているそうです。
古代のケルトでは、10/31に1年の終わりを迎え、その年の収穫を祝ったり
日本のお盆のようにご先祖をお迎えする行事だったそうです。
ただ、お盆と違う点は、悪霊なども一緒に訪れてしまうことです。
子供たちが仮装をして、「trick or treat」とお菓子をねだるのも、お菓子をあげる代わりに
悪霊には穏便に立ち去ってほしいとの願いもあるのかもしれませんね。

ハロウィンの由来にも諸説あり、さらに書ききれなかった逸話もあります。
気になった方は是非調べてみてください。
 

こんにちは!梶原です!

先週はLCSをお休みさせていただいたのですが,

理由は韓国で開催されたICCASという国際学会に参加したためです(^_^)

初めての国際学会でワクワクもありましたが,

やはり不安や緊張はどうしても拭い切れませんでした(-_-;)

発表自体は,自分でも笑っちゃうぐらいバカ緊張しました(・_・)(笑)

たくさん練習したのですが,それでもやっぱりいざ始まると緊張してきて,

途中真っ白になっちゃいました.

質疑応答も全然うまく答えることが出来ませんでした.

これは避けられない道なのかもしれませんが,

ほんと後悔の念でいっぱいでした(+_+)

しかし!しかしですよ!このたび,

“Student Best Paper Award”

を受賞させていただきました!!!!\(◎o◎)/!

自分でもびっくりでした(笑)

高級ホテルの会場で行われたバンケットで,

400人近くの世界中の研究者さんたちの前で檀上し,

主要機関の偉い方から直々に賞状を手渡しされました.

僕みたいなひよっこ学生がそんな大舞台に立って,

場違い感すごかったですが,この受賞は素直に嬉しかったです(^v^)

でも,研究内容も発表内容もまだまだ全然ですし,

もっともっと研究にオリジナリティを出して,

もっと胸張って学会発表に臨めるよう頑張りたいと思います!

絶対リベンジしてやる!(・へ・)!そう強く思った先週の梶原でした.

あ,サムゲタン,めっちゃ美味しかったです(^^♪

こんにちは、ラーニングコモンズサポータの田中です。
最近は昼と夜との寒暖差が一層激しくなり、夜は掛布団1枚では
物足りなくなる季節になってきましたね。
寒暖の差は風邪をひきやすくする要因の一つなので、
自分の体調や温度調整にあった服装をして、風邪をひかないようにしましょう。

私事ですが、先週の日曜日に、制御コースの研究室対抗のソフトボール大会がありました。
最近は、学会の準備のために体を動かしていなかったので、当日も体にキレがなく、凡打の
山を築いてしまいました。そして、次の日には体全体が筋肉痛になり、その日一日は
体を動かすのが憂鬱でした;;
いくら忙しくても、運動をおろそかにするのは駄目ですね。

皆さんも、時間を見つけて体を動かすようにこころがけましょう。 

こんにちは

図書館のラーニングコモンズサポーターの張朕ビンです。 

私が12月に行う日本語能力試験N1を申込みしました。
日本語の最高レベルを目指します。

私が日本語や英語を勉強するために、たくさんの試験を参加しました。
しかし、語学を習うときに、試験が合格、高い点数得るのは私たちの目的ですか? 

では、試験を参加する必要がありますか?自分の経験に基づいて話したいと思います。
私がゼロから10ヵ月間に日本語N2に合格しました。
勉強の間に文法や単語などを必死に覚えるだけ、話せる機会がほぼありません。
一切に試験の合格のためです。

ですから、日本に来たばかりのとき、簡単なあいさつ聞いても分かりません。
まるで日本語勉強したことがないように。

多分みんな、英語を勉強するうちに、初めて英語を母語とする人と交流するときに同じ感じがあるでしょう?

 試験が合格するのに、実際に全然話せません。

しかし、 日本の生活が長くなるにつれ、勉強したものが効きました。
必死に覚えてる文法のおかげで、分からない文章を読んでも自ら一歩ずつに分析して分かりました。
絶えずに文章を読んで、文法の理解が深くなりました。

一方で、話せるためには文章を暗唱するのが方法一つです。
文章の理解の上で、覚えるのが易しくなります。


ですから、試験を準備する勉強したものが空気みたい感じです。
いろいろな試験はただ私たちが語学を勉強する道での灯台です。
わたしたちの行きたいところを導き、私たちの目標ではありません。

以上で私の愚見ですが、役に立てれば嬉しいと思います。
 

みなさんこんにちは!
ラーニングコモンズサポーター松崎です。
今回は後々必要になってくる文献検索に関する事柄について述べていきたいと思います。

実は、明後日の10月29日の水曜日の3限目から
「図書館情報リテラシー」の講義が行われます。


内容は、学部4年生に向けた論文検索の講習で、
CiniiJ-DreamⅲWeb of Scienceと呼ばれる
論文検索用のデータベースがあるのですが、
これらの使い方について学んでいく予定です!

まず、この論文検索用のデータベースの場所ですが、
九工大図書館のホームページにもリンクをまとめていますので、参考にしてください。
https://www.lib.kyutech.ac.jp/library/

論文検索データベース圧縮版

後はこのリンクからデーターベースにアクセスし、キーワードを入力していくだけなのですが、
より詳細なことは講義の中で紹介しますので、講義を楽しみにしていてください!

日本語文献の検索には、J-Dreamⅲ
英語文献の検索には、Web of Science
を主に取り上げる予定です。

もし、講義を受けられない方で、これらの文献検索について聞きたいことがありましたら、
ラーニングコモンズサポーターの所に来てもらえれば、お手伝いできると思います!
また、講義で分からないことがあった場合にも質問を受け付けますので、積極的に
ラーニングコモンズサポーターを活用してください!

文献は正確さが大切です。

皆さんもレポート研究を通して、文献検索に触れてみてください。
この経験を積んでおくと、調査の手法を身に付けることができ、
分からないことを自分で調べる習慣が身に付くことと思います。

この文献検索を通して、調査の手法を学んでくださいね。

こんにちは。
ラーニングコモンズサポーターの吉田です。 

気が付けばもう十月も終わりですね。
今年入学された新入生の皆さんは学生生活には慣れたでしょうか。
私はこの時期自炊が辛いと思い始めました(笑)
レポートや実験で大変かもしれませんが、
今期も頑張りましょう。

11月には工大祭が控えています.。
まだ1月程先のことですが、
出店される方も、色々と食べ歩きされる予定の方も
目一杯楽しみましょう!

2日続けてこんにちは。
ラーニングコモンズサポーターの藤村です。

後期が始まってだいぶ経ちますが、みなさんどうお過ごしでしょうか。
講義・サークル・バイトetc...それぞれ頑張っていることだと思います。
そんな中で、資格試験に挑戦中の人はいませんか?

資格にはいろいろあります。運転免許もそのひとつですね。
その中で、技術系の資格は普通自動車免許と違い、年2回が主流です。
そして、ちょうど今がその季節だったりします!
夏休みに頑張って資格勉強した人にとっては、ここが成果の出しどころですね。
後悔することのないよう頑張ってください!

資格と聞くと、就活のため・研究のためだとか難しく考えてしまうものですが
調べて行くと、冗談のような資格も有ったり、趣味に役立てるようなものも有ったりします。
資格のことを知らなかった人、取る気がなかった人も来春へ向けて
自分の興味のある分野の資格を調べてみると新たな発見があるかもしれませんよ。 

こんにちは。
ラーニングコモンズサポーターの藤村です。
今日は本来担当だった梶原君が出られないため代理で担当しています。
 
さて、10月ももう終わりに差し掛かり1年の終わりを実感し始めるころでしょうか。
B1のみなさんは一人暮らしを始めてもう半年が経ってしまいました。
初めての一人暮らしにもすっかり慣れてしまい真新しい部屋が自分色に染まっていることでしょう。

そんなときにこそ注意すべきことがあります。
特に、これからの季節は炬燵やファンヒーターなどの暖房器具による空気の乾燥です。
実家にいるときは家族の誰かがやっている空気の入れ替えも一人暮らしになったとたんに
面倒くさくなってしまうものです。
ですが、空気が乾燥してしまうと、今年もやって来るであろうインフルエンザや火事になり易かったりしてしまいます。
生活に慣れきった今こそ、半年という区切りをつけて改めて気を引き締めた方がいいかもしれないですね。 

こんにちは、ラーニングコモンズサポーターの田中です。

今月も下旬になり、気候が秋めいてきて昼間は暖かいのですが、夜になると途端に寒くなり
炬燵などの暖房機器が欲しくなり始めてきましたね。私も先週の土日は天気も良かったので、
炬燵布団や毛布などを出して干していました。ただ、炬燵から出られないぐらいになる時期は
まだ来ないでほしいです。


さて、最近はパソコンを選ぶ中でデスクトップかノートタイプかの2択の中に、タブレット型の
パソコンを選ぶという選択肢が新たに出てきました。タブレット型は拡張性は低いものの、
持ち運びの便利さやノートPCに比べて電池の持ちがいいこと、タッチ操作という直感的な
操作方法が話題を呼び、私も電車やバスの中で使用している人を良く見かけるようになりました。
このように多くの人が使っているタブレット型ですが、いざ実際にどのようなものがあるか店頭や
ネットに並んであるものを見てもどれを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そこで、今回はタブレットPCのOS(オペレーティングシステム)による選びかたについて
話していきます。

始めに最も有名なiOS(IPad)です。
IPadはApple社が提供しているタブレットPCで他のOSのタブレットPCと比較するとハードウェア
とOSが同じ会社で作られているため、動作が安定していること、デザインやUI面での完成度が
高いことが挙げられます。アプリに関しても、Appleのガイドラインに沿って作成され、なおかつ
Appleによる審査を通らないと市場に出せないため、共通の操作性を持っているやアプリの
安全性などが挙げられます。
また、同じ会社でOSとハードウェアを作っているため、ある程度古いモデルまでサポートが
対応している面も優位性として考えられます。
反面、webブラウザは標準のSafariが主なこと、WindowsPCで使っていた業務ソフトウェアの
iOS版がなく代替できるものを見つける手間などが問題点として挙げられます。そのまま移行
できないのが最大の問題点であると思います。


次にIPhone以外のスマートフォンで使われているAndroidです。
AndroidはGoogleが提供するLinuxベースのOSでそれぞれの会社が自社仕様に
カスタマイズして製品に搭載しています。そのため、多くの会社からAndroid搭載
タブレットPCを出しており、ユーザーは好きな会社の製品を選べることが利点として
挙げられます。また、Android自体は無償OSなので、IPadやWindows搭載型に比べて
安価です。
しかし、その提供の仕方のせいで、最新のバージョンは1年以内に発売されたモデルでも
対応しているか分からず、アプリの方も動作対象外とされる端末も多いです。
ただ、アプリのほうは自由に提供することが出来るため、各社専用のアプリを開発したり、
様々な拡張をしていくことに関してはAndroidが一番だと思います。

最後にWindows搭載型です。
Windows搭載型の最大のメリットはWindowsのアプリがそのまま使えること
主にOfficeがそのまま使えることが一番の優位性だと思います。そのため、マウスや
キーボードを搭載すれば、ノートPCと遜色ない性能で扱えます。
反面、サイズや重量、反応速度などは前2つには負けること、Windows8の操作に慣れないと
いけないことが挙げられます。また、アプリの数も少なく、まだまだ課題は多いようです。
それと一つ注意して欲しいのはWindows搭載型でWindows RTと呼ばれるOSがありますが、
こちらは互換性のないアプリが多数存在するので、Officeを使いたい人はRT版を選ばないようにして下さい。


以上で長くなりましたがそれぞれのOSの特徴を書いていきましたが、まとめると

iOS・・・ いい点:操作性がいい。今買っても長い間最新のOSを使うことが出来る。アプリも充実!
   悪い点:主流のデスクトップPCやノートPCとの互換性がない。カスタマイズがしにくい。
  買い替えるのを控えてずっと使っていきたい人向け。

Android・・・いい点:安い!カスタマイズがしやすい。アプリも多い。
 悪い点:最新のバージョンは一時だけ。対応していないアプリも多い。
いろいろとアレンジを加えて自分だけのPCにしたい人向け

Windows・・・いい点:Officeの機能がそのまま使える(RTは除く)。同じ操作感で扱える。
  悪い点:まだまだ性能は高くない。アプリの数も少ない。
 そのままノートPCとかの代わりに使っていきたい人向け

となります。これは一例なので、もし買う人は自分の目で確かめてみるのが一番だと思います。


参考:http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1401/23/news124_3.html

 

このページのトップヘ