九州工業大学LCSの活動日誌

LCS : ラーニングコモンズサポーターとは、戸畑キャンパスの図書館で、大学での勉強や生活、図書館の使い方などのアドバイスを行う学生たちのことです。 ブログには、サポーターによるイベントの告知や寄せられた質問の回答を載せてます。勉強方法についての質問などのコメントをお待ちしています。 ※コメントは管理者の判断で非公開または削除する場合もあります。

2017年11月

気になりますね。

こんにちは、トミナガです。

1510199506605


さて現在、

「香りのふしぎ展」

が北九州イノベーションギャラリーで開催されています。
(スペースワールドの近く)


・世界三大美女と名高き
 「クレオパトラ、楊貴妃、小野小町」
 が好んだ香りの展示


・みんな大好き「飴」のおいしさの秘密。
 香料があるのとないのではどう変わるのか、
 味覚と匂いの関係について

などなど


めちゃめちゃおもしろそうじゃないですか?!

12月17日までなのでみなさんぜひ!
私は行こうと思います。

こんにちは
トミナガです。


タイトルでお気づきの方も多いでしょう。


高校生以上の学生だけですが
ヒートテック無料でもらえちゃうんです!

大学の近くのユニクロはチャチャタウン折尾にありますね。

ユニクロアプリの会員登録と先着順にはなりますが
行くしかないでしょう!

私は先週入手してきました。

しかも、本日が最終日です!

17:00より開始!

ユニクロへ急げ。

公式ページ



 こんにちは。金曜日13:00~15:00担当の松川です。

 今回は読書の秋ということで,本の紹介をしてみます。はじめてLCSっぽい事をブログに書きます。

 41nQiE2nAgL
self-reference engine / 円城 塔

 たぶん今まで触れてきたSF(映画・小説含め)の中で自分の中で一番面白かった作品だと思います。円城塔さんの作品は九工大図書館にもいくつかあるのですが,この"self-reference engine"は置いていないのが残念です。
 円城さんの作品は,初めての人は読んでて訳が分からないと思います。私はself-reference engineを読んだのが初めての円城塔作品との接触でした。
 内容は,時空がばらばらにはじけ飛び,「イベント」を前後して、人間や知性体が奮闘するお話です。この作品は短編集の形で,各短編で「イベント」に関する様々な時空・宇宙でのお話が書かれています。
 難解ですがそれゆえに読み手それぞれの解釈が可能です。言い回しが難しくて,私は最初は読みながら手を止めて考えて,後ろのページに戻ったりしていました。もう4回ほど読んでいるのですが,2回目以降は円城さんの文章に慣れてしまって,巨大知生体の演算戦等,想像しながら読むのが楽しかったです。
 たぶん何を言っているのか分からないと思うので実際に読んで触れてほしいですね。九工大図書館ではこの作品はおいていないですが,他の円城塔作品で図書館で読めるものは,”道化師の蝶”や"シャッフル航法"などもおススメです。

追記:この記事を書いた直後に,self-reference engineの発注が決まり,近日中に図書館に並ぶことになりました。(ありがとうございます)


こんにちは!火曜日の山本です!

今日はオススメ映画紹介の第2弾ということで、インド映画を1本紹介します!

インド映画と聞くと、突然始まる大人数での特徴的な踊りや歌をイメージされる方が多いと思います。
しかし、約3時間に及ぶ上映時間中、ずっと歌って踊るミュージカルシーンばかりという訳ではありません。
練りに練られた綿密なストーリーの上に、ミュージカルシーンが花を添えるような形で成り立っているのです。

一般的にインド映画をはじめとするインドの芸術には、「ナヴァラサ」という9つのエッセンス、すなわち視聴者である私たちが抱く感情が含まれています。
その9つとは、
勇猛
恐怖
笑い
嫌悪
怒り
驚き
静寂
悲しみ
に当たるそうです。

詳しくはウィキペディアをご覧ください↓

このような9つのエッセンスが盛り込まれているので、インド映画はとても内容が濃く心が揺さぶられる作品が多いです。

前置きが長くなりましたが、おすすめの映画を紹介します。
有名な映画なので、TSUTAYAなどのレンタル店に行くとランキング上位の棚に置かれていることが多いです。
その作品は、
「きっと、うまくいく」
英題「3 Idiots(スリーイディオッツ)」

です。

内容についてはネタバレになるといけないのであまり言いませんが、工業大学で勉強しているうちに1度は見て頂きたい作品です!

この映画も分館から取寄せることが出来るので、是非1度ご覧ください!




映画紹介第1弾はこちら↓

cover


分館からの資料取寄せ方法はこちら↓

IMG_3468




こんにちは。ヤナギタです。

先日の三連休は皆さんどのように過ごしましたか?
私は、友達とずーっと計画していた韓国旅行に行ってきました!
予定が合わず中止になるか?とも思いましたが、36時間の短い時間でも行けて大満足です。


20171104_171105_0152

20171104_171105_0085

20171104_171105_0077

歩いて、食べて、楽しいことばっかりの旅行になりました。
一番の目的、大学でお世話になった人と会い、マッコリを飲みながらお話しできたのは本当に最高の時間でした!

次は、どこに行こうか。考えるのが楽しみです!!!

こんにちは、LCSの月曜日担当のキムです。
今日から私が5週間くらいの就職メモとして皆さんに
就職活動の手伝いをしたいと思って、この字を書きます。
では、参考してください。

自分が行きたい先がそれぞれあると思います。そこを行くために一番大事なことは情報獲得です。
情報がないと何もできないです。それで、情報をどんな方法で得るのかを伝えます。

1.企業情報を調べること
 基本の中に基本です。企業の理念と企業が望ましい人材を把握して対策するべきです。
また、企業の先輩の話も見て、情報獲得することも大事です。

2.就職活動の時期を基準で3ヵ月前からのニュースを確認すること
 特に、九工大の学生さんは工学系に就職します。工学の技術は世の中の要求からどんな雰囲気で変わっているのかを分かったら、面接する時にいい評価をもらえると思います。

3.歴代の九工大の先輩の情報
 先輩の話より価値があるアドバイスはないと思います。各研究室や各学科の歴代の先輩の就職報告書こそ貴重なアドバイスです。そこで、情報を得て積極的に就職活動を準備しなさい。

上記の事になると思います。
皆さんへいい情報になってほしいです。
以上、よろしくお願いします。

火曜日の田頭です。

11月に入りました。

地味に冬季インターンシップの募集期間が始まるところは始まっています。
修士1年は再びエントリーシートの提出や面接に向けての準備ですが、思っていたより締切が早いので要注意です!

インターン自体は比較的、夏季より短期のものが多い印象です。
就職に迷っている方にとっては、体験入社することで、企業を内側から知ることのできるチャンスです!
職場環境に身を置いて、調べるだけでは分からないことを肌で感じてみましょう。

私も、積極的に応募していきます!


ブログロゴマーク

このページのトップヘ