LCS井上です。こんにちは!
テストも終わって穏やかな雰囲気が図書館にもあふれてる気がします
僕はと言うと卒論は出しましたが卒論発表があるので、まだまだ穏やかではないです…

さて、春休みLCSはお休みなので僕は今日が本年度最後の勤務ってことになります
去年の春から始めて10ヶ月ぐらい?やりましたが、新鮮で楽しかった半面
もっとこう、積極的に企画とか催してくべきだったか…と思ったりもします(-_-;)ウーン
自分の教えれるようなとこが少しニッチなとこに偏ってたってのもネックだったかな…

まあ、一度ポシャった「九工大ホークスファンの集い」はいつか別の形で実現したいです(笑)


さてさて、ここからはコラムやります
漫画好きの私が古今東西色んな漫画の話題でかってに盛り上がるコーナーです!

このコラムについては一応、キリの良いこの辺でいったん締めるかんじで
記念すべき最終第七回は…
水上悟志 作 少年画報社 刊 ヤングキングアワーズ 連載 『惑星のさみだれ』を紹介します

この漫画は、長い僕の漫画ライフのなかでも数少ない「泣かされちゃった漫画」です
全10巻でジャンルとしては超能力バトルものってとこでしょうか?
ある日突然、力を得た大学生が他の能力者と共に未知の破壊者とソイツが操るしもべ達に挑む
なんかよくあるテンプレストーリーのように見えますが、その辺が水上先生のすごいところで、
このひとは王道の中にトラップを仕込むのが非常にうまい!もうくやしいくらいに!
なんというか、僕の勝手な想像ですが、この先生は読者をいい意味でも悪い意味でも裏切って、
こっちが驚く反応をみては影で、どうだ!とドヤ顔してんじゃねぇかって思ってます

そして、そんなテンポのいいストーリーに加えて、惑星のさみだれはキャラクターが動くうごく
画的な意味でも、心理的な意味でも。キャラクターが生きてるからこそセリフや行動が胸を打つ
僕は最終巻あたりを読んでた頃、受験で少し闇落ちしてましたが、この漫画を読んで
「なんだってできる、なんにだってなれる」って気にさせられて、結構救われました^^
なんの話やってかんじになりましたが要はそれだけアツい漫画だってことです!

水上先生の漫画は現在連載中の『スピリットサークル』『戦国妖狐』や短編集もおすすめですが
手っ取り早くその雰囲気を感じてみたいって方には『サイコスタッフ』をすすめます
サイコスタッフは全1巻で読みやすく、そのうえ水上ワールドがギュッと詰まった作品です
余談ですが僕が何かの手違いで将来映画を撮るひとになったら、これ原作でって決めてます笑
あと、サイコスタッフはちょっと前に公式がネットで無料公開したのでタダで読めちゃうようです
気になる人はググってちょ

さてさてさて、話は長くなりましたが紹介は以上です。気になったひとは是非読んでみて下さい

まだまだホントは紹介したい作品、漫画家がたくさんいますが…とりあえずこのコラムは終幕
最近忙しくて漫画を読む時間が減っちゃってる私ですが、ひと段落したら反動が来るでしょう…
「図書館に漫画を」活動も続けていきます(笑)それでは、またどこかで!

 20150709_LCS_Logomarck-for-blog