shitekabuimg

仕手筋は、ターゲットにした銘柄を気づかれないように少しづつ買い集めていきます。
ある程度の株を買い集めると、一気に買い上げて株価を急騰させます。
株価が急騰すると、値上がりランキングなどに顔を出し、市場の注目を浴びてさらに勢いづいて上がっていきます。
さらに仕手筋は、投資顧問会社やインターネットの掲示板やブログなどを利用して、意図的に情報をリークすることで、まだまだ上がる雰囲気を作り上げます。
情報や雰囲気に惑わされて、個人投資家の大量の買いが入ってきたところで売りをぶつけて、利益を確定してきます。
また、これら仕手戦を仕掛ける中で巧みな心理戦や特殊なテクニックを用いて莫大な利益を手にしています!
ここでは、仕手筋の代表的な手口やどんなテクニックを用いて莫大な利益を上げているかをご紹介します!
仕手筋の手口の流れ

①ターゲットにする銘柄を決定 (会合やフォーラム)
②株を少しづつまたは一気に集める (玉(ぎょく)集め)
③予定の株が集まる
④買い上げを行い、株価を急騰させる (転がし)
⑤意図的に情報をリークして市場関係者や個人投資家の買いを煽る (転がし・振るい落とし)
⑥大量の個人買いが入ってきたところで売り抜ける


■玉(ぎょく)転がし
仕手筋の株集め(玉集め)が完了すると、市場に出回っている浮動株が減少し、株価を操作しやすくなります。ここで、いよいよ仕手筋は買い上げを始めて、株価を急騰させます。
この買い上げることを「玉を転がす」と言います。
浮動株の多くを支配してしまえば、株価をコントロールすることは難しくありません。「玉を転がす」ことで、資金を回転させ株価を急騰させることはもちろん、高いところでは空売りを入れて暴落させることも可能になります。

■玉転がしの流れ
①買い集めた玉(保有株)を、時価より高いところに売りの指値を並べて出す
②①で出した売りの指値を自らの資金で買い上げる
③②で買った新たな玉の売り指値をさらに時価より高いところに並べて出す
④③で出した売りの指値を②で玉を売った資金で買い上げる
⑤①~④を繰り返し、利食いを入れながら買い上げていく

■仕手筋の買い上がりに便乗して利ザヤを稼ぐ!
うまく仕手筋の転がしに便乗することで、大きな利ザヤを稼ぐことが出来ます!また、材料も無く急騰する仕手株は、市場の流れとは関係なく思惑で動くので、市場が重い時には狙い目となります。
ただし、くれぐれもいち早い動き出しと売り抜けのタイミングには気を付けましょう!
あくまで意図的に作られた相場ですので、タイミングを間違えると大きなリスクを抱えてしまいますので、注意が必要です。

スポンサードリンク