shitekabuimg

仕手筋は、ターゲットにした銘柄を気づかれないように少しづつ買い集めていきます。
ある程度の株を買い集めると、一気に買い上げて株価を急騰させます。
株価が急騰すると、値上がりランキングなどに顔を出し、市場の注目を浴びてさらに勢いづいて上がっていきます。
さらに仕手筋は、投資顧問会社やインターネットの掲示板やブログなどを利用して、意図的に情報をリークすることで、まだまだ上がる雰囲気を作り上げます。
情報や雰囲気に惑わされて、個人投資家の大量の買いが入ってきたところで売りをぶつけて、利益を確定してきます。
また、これら仕手戦を仕掛ける中で巧みな心理戦や特殊なテクニックを用いて莫大な利益を手にしています!
ここでは、仕手筋の代表的な手口やどんなテクニックを用いて莫大な利益を上げているかをご紹介します!
仕手筋の手口の流れ

①ターゲットにする銘柄を決定 (会合やフォーラム)
②株を少しづつまたは一気に集める (玉(ぎょく)集め)
③予定の株が集まる
④買い上げを行い、株価を急騰させる (転がし)
⑤意図的に情報をリークして市場関係者や個人投資家の買いを煽る (転がし・振るい落とし)
⑥大量の個人買いが入ってきたところで売り抜ける


■情報操作(意図的な情報のリーク)

仕手筋は株価を急騰させていく中で、保有している大量の株(玉)を売り抜けるために、あらゆる手段を使って情報操作を行い確実に売り抜けられるようにします。
ここでは、仕手筋が行う代表的な情報操作をご紹介します。

■メディアを使った情報操作
仕手株は急騰すると、経済新聞や専門誌、ネットの株式情報などのメディアに取り上げられます。
記事やニュースで仕手株を取り上げるのは、メディアと仕手筋がグルになっているわけではなく、話題になった株を取り上げるのがメディアの役目だからです。
しかし、メディアも話題になっている仕手株が急騰した背景が分からないことが多いので、苦し紛れに取って付けたような材料やニュースで解説したりしています。
メディアは、事実を確認できない事を簡単には書けないため、仕手筋がやっているとは書けず、「有力筋の介入が観測された」「好材料に反応した」など、記事やニュースにするため、後付けの理由を探してもっともらしく解説をしています。
メディアに取り上げられれば、個人投資家の射幸心を煽るには十分な役割を果たします。
メディアが仕手筋に協力するつもりはなくても、結果的には仕手筋の情報操作の役目を果たしていると言えるでしょう。

■メディアを活用してリスクを避ける!
メディアで取り上げられる頃には、すでに仕手戦の終盤の可能性が高いため、特に強い材料が無い場合は様子を見た方が無難でしょう。

スポンサードリンク