かずよし絵日記

宮城県議会議員 畠山かずよし 〜海・山・人〜 リアスの郷の「いのち」と「くらし」

2012年01月

dd3f9a40.jpg
dd734d1d.jpg
鹿児島県鹿屋市の柳谷地区はやねだんと呼ばれています。この地区は行政の補助金に頼らないまちづくりに挑戦する自立した集落として注目されています。地域の自立の政務調査でしたが、人口三百人ほどのこの集落から宮城県にやねだん号という一台の乗用車が届いていました。改めて多くの支援があらゆる処からあったと地域と地域の絆に驚きました。文化と感動が地域創造の力と力説するリーダーの豊重さんに脱帽です。

fb7a5a30.jpg今日から自民・県民会議の会派研修です。今朝は4時気仙沼発で鹿児島県霧島市に来ました。霧島ジオパークを視察現地のボランティアガイドや有償ガイドの育成、自治体連絡協議会の運営のあり方を調査しました。宮城県も津波の痕跡などを保存、防災、地域振興の視点から利活用すべきです。こちらでは食との関連付けなどが課題という話もありました。

32a3e069.jpg今朝は鹿折地区の復興市のプレオープンに出かけました。ここは若手の皆さんが一生懸命です。開店した皆さんの笑顔がとても印象に残りました。小さな一歩から大きく花開いて貰いたいと期待します。今日は津波で壊れた下水の排水の施設の現地視察、水産業復興や果樹栽培について関係者と意見交換がありました。夜は唐桑大沢地区の花火大会に行く予定です。

6ce4c31d.jpg待望の大島架橋の事業着手式の開催です。県議会を代表してお祝いを申し上げました。大島は長寿の島として有名です。架橋は本土側の基点が鶴が浦、大島の亀山にに架かります。鶴と亀、大変めでたい橋ですとご挨拶しました。今日は村井知事も出席、午後は一緒に一関市にお世話になっている仮設住宅を訪問しました。皆さんが一日も早く気仙沼に戻れるよう頑張ります。夜は気仙沼観光コンベンションの新年懇談会に出席しました。

9ebef966.jpg日ごと町の風景が少しずつ変わって行きます。最近目立つのが電信柱です。街灯や信号機が回復しており、建物の解体はまだ終わっていませんが、町は少しずつ文明の社会に戻りつつあります。
今朝は県庁で就農支援事業などについての打ち合わせがありました。午後は再び気仙沼です。漁港への電力の供給やメガソーラへの対応など関係者との打ち合わせがあり、夜は文化協会の新年懇談会に出席です。

bdcfb9a9.jpgこれまでの議会活動で地域資源としての自然エネルギーの利活用の必要性について、県の積極的な対応を求めて来ました。議会としても議連を立ち上げた調査活動を続けてきましたが、様々な課題がありあまり成果が上がりませんでした。震災を契機に再生可能エネルギー政策の転換があり全国的に事業が展開されるようになりました。今日は、気仙沼でメガソーラの実現を目指す関係者と具体的な事業展開についての話し合いがありました。広大な敷地の確保が最大の課題だと思いますが、これからの進展に期待します。午前中は県庁で漁船漁業の後継者対策などについて協議、気仙沼に戻ってから会議のためまた仙台に来ています。この日程はさすが少々きついですね。

589a0e39.jpg今日の午前中は宮城県漁船漁業振興協議会の臨時総会に出席しました。新しく、水協法に基づく協同組合設立案などが議論されました。午後は震災後の女川原発の安全対策について会派の勉強会に出席です。エネルギーの重要性の大切さは皆さん同じ認識だと思います。が、以前の通り原発が運転されることにはかなりの抵抗感があります。これから勉強会を重ねて行きます。

da5c05e1.jpg空き仮設の効率的な活用を提言して来ましたが、ボランティアや行政職員に限り認める方針のようです。一歩前進ですが復興事業に官、民の違いはないと考えます。いっそうの柔軟な対応を求めて行きます。漁船漁業の操業海区や誘致企業の入札資格の課題など市内関係者との協議で今日は終日市内でした。

29473573.jpg2004年の中越地震で村が崩壊、全村民がふるさとを離れての避難生活を余儀なくされたのが新潟県山古志村です。今日は、被災から再起までの村民の懸命の努力を記録した[1000年の山古志]という映画が唐桑燦々館で上映されました。村の人たちの生業にかける意気込みと命を繋いで行くことの大切さ、人と自然の関わりが全編に満ち溢れた素晴らしい作品でした。被災地の再建、復活には膨大なエネルギーと粘り強い自助努力が必要だという事が示唆されていたと思います。

a0ed61ab.jpg今日は南三陸故郷会の総会、交流会が仙台のパレス平安で開催されました。ふるさとを心配する皆さんの気持ちが強くこれまでさまざまな支援活動が行われてきました。今日は、気仙沼線の早期復旧を求める決議が満場一致で決まりました。ご挨拶で県の震災対策の概要をお話してから唐桑荘で開催された唐桑海友会の新年交換会に出席のため急いで戻って来ました。仙台在住の皆さんにとっても何よりの願いは故郷の一日も早い復興です。お互いに力を合わせて頑張ることを誓いました。唐桑では先日の拠点港問題についての質問もあり経過についての説明をもとめられました。仙台から唐桑までの道のりはやはり遠いですね。今日はおよそ三時間程かかりました。

このページのトップヘ