かずよし絵日記

宮城県議会議員 畠山かずよし 〜海・山・人〜 リアスの郷の「いのち」と「くらし」

2013年03月

65dfcc36.jpg
f1c7519f.jpg
今日は塩釜市の離島浦戸諸島視察です。島民からのお話で朴島に出かけました。寒さが厳しいと思っていたら島に着くと雪が降って来ました。震災後現在は12名の住民が暮らしています。津波は1mほどの浸水で犠牲者はなく建物が全、半壊しましたがすでに復旧現在は皆さん其処に暮らしています。最近、公営住宅と堤防の建設の計画を示され皆さん困惑していました。何年か後に誰もいなくなる高齢者しかいない地域へ公営住宅が必要かと云うことと、あの大津波の浸水をはるかに上回る高さの堤防が巨額の事業費を投じて建設されることへの懸念を話されました。現地を同僚議員と確認しましたがやはり県の方針には異議ありです。まだまだ細かく見直す必要があると改めて認識しました。

5ff4dc5f.jpg今日は近海鮪延縄漁船、第八十一号大喜丸の進水式がありました。この船の披代船は大津波で、浪板橋の橋桁の上をずっと上流まで流されました。海へ帰ることが出来ずその場で解体されてしまいました。二年ぶりの気仙沼の復興に欠かせない貴重な戦力の復活です。やはり、気仙沼港には大漁旗がよく似合います。関係者の皆さんと本船の大漁と航海の安全を祈願しました。

fc6aabee.jpg今日は県庁です。向洋高校建設、グループ化事業、森の防潮堤防の件など執行部との打ち合わせです。堤防の高さの変更はなかなか困難ですが漁村集落に暮らす住民の皆様の願いを何とか実現したいと思います。

abffde39.jpg
74241720.jpg
今日は階上公民館で被災地域復興の日英国際セミナーが開催されました。私からは県の復興事業への取り組状況の報告などの話をしました。階上、大谷地区からは各々の団体からまちづくりへの参加の在り方の報告、水産業の現状の報告がありました。トップダウンがいいのかボトムアップがベストなのかなど、興味深い課題が話題提供がありました。

c2f15410.jpg
17ac9271.jpg
今朝は鮪立漁港の浦祭りです。親港会の総会に出席しました。午後は一景島神社の社殿竣工奉祝の御祝いがありました。地域の心の拠り所として親しまれてきた神社の復活を近所の皆さんと喜びあいました。お天気はよかったのですが、周りに遮る建物がないので、神事の間だ海からの冷たい風が直接吹き抜けて行きます。寒かったなぁ。

afbfa85d.jpg
41f0d3fc.jpg
今日は、早稲田大学とイギリスのバーミン大学共催の復興に関するセミナーに出席しました。地域再生の課題を学問の立場から解析する試みのようでした。外部の皆さんが震災や復興状況をどんな風に認識しているのか大変興味があり参加して見ました。学問的な言葉が多く分かりにくいところもありましたが、私たちとは視点の違った評価、分析もあり、学生時代とは違って、数時間真面目に聴講しました。大学は卒業式の学部もあり大隈講堂の前は袴姿の女子大生が目立っていました。

66b2b97b.jpg浦島小学校閉校の記念碑です。遥かに太平洋を窺える、卒業生にとってはもっとも思い出深い場所だそうです。
今日は漁港整備関係の新たな指針についての説明を受けました。書類を多く手間のかかることばかりです。海岸保全計画の策定も始まるようです。これから河川関係の打ち合わせがあります。

1e65bac7.jpg今日は北上コロッケや盛岡の焼きうどん、気仙沼ホルモンなどが集結ミニ食の祭典です。マギー審司もきて盛り上がっていました。午後は市役所で震災遺構について打ち合わせ、その後鮪立地区で海岸堤防についての意見交換がありました。

9b91c8ae.jpg
bf50bb26.jpg
昨日は浦島小学校の閉校式が開催されました。地域住民にとってかけがえのない思い出一杯の学校です。皆さんの気持ちのこもった式典でした。夜の、思い出を語る会では、終戦後の一時期、早稲田大学校歌、都の西北のメロディを拝借した校歌が披露されました。浦島小学校の地域の生活がそのまま表現されている校歌も素晴らしかったけど都の西北のメロディには感激しました。

71caf6dc.jpg今日は県議会議員全員参加のいのちを守る森の防潮堤促進議員連盟の顧問として中央陳情に同僚議員と共に上京しました。超党派で平沼赳夫、亀井静香両先生、太田国交大臣と最後に自民党本部に高市 早苗政調会長を訪問しました。従前とはうって代わってモデル事業などが計画されていて、一歩前進です。堤防高の問題には国はもっと柔軟です。やはり、宮城県の姿勢は頑なで関係者はほとんど首を傾けています。東京はもう春真っ盛りで桜がすでに満開の様相でした。

このページのトップヘ