かずよし絵日記

宮城県議会議員 畠山かずよし 〜海・山・人〜 リアスの郷の「いのち」と「くらし」

2017年12月

気仙沼・本吉地方は、2、3日前の厳しい寒さから一転して、今日は穏やかな年の瀬を迎えました。
本年も皆様方にはたいへんお世話になりありがとうございました。
私共が重点的に取り組んでいる復興事業ですが、特に、生活基盤である災害公営住宅などが完成し、三陸沿岸道路も大きく進捗しました。来年にはあらたに4箇所のICが開通の予定です。気仙沼湾横断橋もすでに工事が始まっています。
様々な事業の進捗に伴い、コミュニティの形成などあらたな課題もでてきました。来年も事業の一層の加速化を目指して懸命に取り組んで参ります。どうぞよろしくお願い致します。
皆様方が、ご健勝で、よき年を迎えられますようお祈り申し上げます。
image
image
image

昨日は、気仙沼・唐桑最短道整備促進期成同盟会の県知事・県議会議長要望に同行しました。今日は、特別委員会の日程調整などがあり本年の仙台での仕事が終了しました。朝から吹雪で東北道は気仙沼へ帰る途中で通行止めになってしまいました。image
image

昨日の午後には、第22回 宮城・岩手県境議員懇談会が仙台市内で開催されました。宮城県からは村井知事、岩手県からは千葉副知事、さらには、両県議会議長にも出席していただきました。会議では、両県共通の課題として、1 国際リニアコライダー誘致実現に向けた取り組みについて、2 県境河川の災害対策と連携について、3 林業の活性化に向けた取り組みと両県の連携についての3テーマを中心に質疑、意見交換がありました。観光などもふくめ、今後両県の発展のためにはさらなる連携が必要との認識で一致しました。image
image

昨日(25日)の午前は、大震災復興調査特別委員会が開かれました。来年の4月からは、宮城県震災復興計画の8年目「発展期」に入ります。現在、復興事業は大分進捗してきましたが、時間の経過とともに顕在化している課題もあります。県政の最重要課題である震災からの復興実現にむけて、被災市町の調査をはじめ、風評対策などを重点的に調査をして参ります。
image
image

今日は、毎年恒例の旭が丘学園のクリスマス子ども会に出席しました。いつにもまして、笑顔がたくさん、歌や踊りが盛り沢山のとても楽しい催しでした。子供たちから素敵なクリスマスプレゼントを頂いてきました。image

今朝は、仙台市内のホテルで開催された宮城県歯科医師会との朝食会に出席しました。障がい児・者歯科医療の対策や歯科衛生士不足の課題などについて知事、執行部を交えての意見交換がありました。image
image



今日の本会議で11月議会は閉会しました。
本会議では、提案された補正予算などの議案は全て可決された他、森林環境税(仮称)の早期創設を求める意見書なども採択されました。
あらためて設置された大震災復興調査特別委員会では、委員長を継続して務めることになりました。引き続き復興事業の1日も早い完成を目指して努力して参ります。image
image

今日は、三陸沿岸道路南三陸道路「南三陸海岸IC〜歌津IC」の開通式が歌津IC付近で執り行われました。1年間で3箇所のICが開通した南三陸町への訪問客数は、今年6カ月で60万人を越したそうです。高速道路の素晴らしい効果が佐藤町長から発表されました。
気仙沼市管内でもまもなく一部区間が開通します。当地方の、最大の課題である交流人口の増加が期待できるインフラ整備です。関係者ともどもしっかり取り組み早期開通を目指します。image
image

昨日の予算総括質疑の様子が今日の河北新報に掲載されました。大島架橋、向洋高校関連の質疑では、これまでの経緯を明らかにして、迷惑をお掛けした関係者への謝罪と1日でも早い完成を目指した万全の体制の構築を求めました。大島架橋については県、市がしっかり連携して取り組む事、向洋高校については来秋の二学期からの開校が約束されました。今後とも、決して遅れることのないようにしっかりとチェックして参ります。image
image
image

今日で一般質問が終了しました。明日の予算特別委員会で総括質疑を行います。時間は午後1時から1時間の予定です。主に大島架橋、向洋高校の工期変更についての質疑になります。ネット中継があります。時間の都合の有る方は是非ご覧下さい。よろしくお願い致します。image

このページのトップヘ