かずよし絵日記

宮城県議会議員 畠山かずよし 〜海・山・人〜 リアスの郷の「いのち」と「くらし」

2018年03月

震災で破損した気仙沼図書館が気仙沼児童センターを併設して完成し、今日は開館式が行われました。ご支援をいただいたインドネシア共和国からタスリフ特命全権大使ご夫妻も出席されました。「人と本と  未来へ世界へ  つながる図書館」と子供たちの交流施設、児童センターはとても魅力的に仕上がりました。大人も子供も楽しめる空間です。是非ご体験ください。IMG_2444
IMG_2454
IMG_2457
IMG_2456
IMG_2447

今日は、福岡県筑後市にある九州木材工業株式会社の視察です。角社長から会社の概要などご説明いただきました。同社は木材の耐久性を高める薬剤を活用した特殊加工技術による「エコアコールウッド」を開発販売しています。近年、その技術が高く評価され、長崎県庁などの公共建造物などにも幅広く採用されています。木材の開発によって林産業の活性化をはかり、国土保全や二酸化炭素の削減にも貢献したいという高い理念に共感しました。現在は、不燃木材の開発にも力を入れています。木材の無限の可能性を実感しました。大変勉強になりました。昨年「日本そうじ協会」から掃除大賞を受賞した同社の社屋や工場にはちりひとつなく、見事に整理整頓が行き届いていました。IMG_2434
IMG_2432
IMG_2437
IMG_2436

今日は、森林・林産業の活性化を図るため木材の輸出に取り組んでいる鹿児島県 曽於地区森林組合の視察です。これまでの経過など、組合長からご説明いただき質疑を行いました。宮崎県の森林組合と広域的な連携をはかり、輸出は主に中国・韓国ですが事業は順調に推移しているようです。港湾の活性化にも成果が見られています。宮城県ではまったく手がついていない分野です。課題を整理して具体的な政策提言を行って参ります。FullSizeRenderFullSizeRenderIMG_2423IMG_2425
IMG_2426

宮古島市には、無料で走れる橋としては全国で最も長い伊良部大橋が平成27年に完成しました。宮古島と伊良部島を結ぶ長大な橋で、全長約3500mです。ここも見ることができました。それにしても宮古島周辺の海の色の美しさは格別です。IMG_2405
IMG_2419

28日の午後は、宮古島市資源リサイクルセンターの視察です。この施設は農産廃棄物、畜産糞尿、生ゴミ等を堆肥化して農地に還元し、地力の回復を図り農産物の品質向上に資し、農家所得の向上を図ること等を目的としています。超高温好気性発酵システムを採用し、YM堆肥を製造することが特徴的で、全国おおくの自治体で採用されています。県内での普及を図っていきたいと思います。IMG_2413
IMG_2410
IMG_2414

27日から、自民党県民会議のバイオ研究会のメンバーと、エコアイランド宮古島の視察と研修で沖縄県宮古島市に滞在しました。28日の午前中は、市役所を表敬訪問して副市長から市政の概要についてご説明いただきました。その後、企画政策部のエコアイランド推進課長より、島嶼型スマートコミュニティ実証事業について〜持続的な島づくりの取り組み〜のご説明と質疑応答がありました。バイオによる堆肥化事業の導入による農産物の高品質化、ゴミ等減量化等条例整備、太陽光発電など新エネルギーの開発など多様な取り組みで、いつまでも住み続けられる豊かな島を目指しています。数年にわたる取り組みの成果として、基幹産業の農業や観光産業の振興に大きな成果が見られます。魅力的な地域づくりにとても参考になりました。IMG_2408
IMG_2400
IMG_2402
IMG_2401

今日は、南三陸町の一般県道 払川町向線(伊里前工区)の開通式もありました。地域の振興と交流にとっては欠かせない道路整備です。地域住民の皆さんと完成の喜びを分かち合いました。おめでとうございます。この他の未改良の県道についても順次整備が進捗するように積極的に働きかけてまいります。IMG_2388

今日は、待望の三陸沿岸道路本吉気仙沼道路(大谷海岸IC〜気仙沼中央IC)開通式がありました。これまで、地域一体となって高速交通体系の整備を国に求めてきました。30年程の年月を経て漸く市内初めてのインターのオープンです。長い道のりを考えるととても感慨深いものがあります。式典会場には喜びの笑顔が溢れていました。おめでとうございます。地権者や関係者の方々のご協力に心より感謝申し上げます。全線オープンまであと少しです、事故無く速やかに完成することを願っております。IMG_2351
IMG_2356
IMG_2359
IMG_2368
IMG_2373
IMG_2372

午後からは、和歌山県民文化会館で開催の和歌山大学主催のシンポジウムに参加、開会式で議連を代表して挨拶を行い、基調講演を聴講しました。 講師は香川大学の金田義行先生による「南海トラフ地震への備えー県民の心構えと減災ー」と被災地からは、南三陸町代表監査委員の芳賀 長恒氏による「東日本大震災2011.3.11〜あの瞬間を忘れない〜」でした。和歌山県はこれから30年以内に来る確率が80パーセントともいわれる南海トラフ地震の影響をまともに受けます。参加した皆さんは真剣な表情で講演を聞いていました。風化を防ぐためにもこれからもこうした催しを共催して参ります。和歌山では桜がもう八分咲でした。IMG_2343
IMG_2345IMG_2347IMG_2346

IMG_2331

今日の午前中は、和歌山県防災センターで、地震・津波対策を考える都道府県議会議員連盟の研修会を開催しました。今後の活動方針など情報交換した後、センターの視察を行いました。和歌山県では、地震・津波観測情報の収集強化のため、全国初のDONET海底観測網を導入して津波予測システムの防災・減災への利活用をしています。産学官連携による全国に先駆けた取り組みが注目されます。IMG_2337
IMG_2340
IMG_2334

このページのトップヘ