2010年06月06日

ほぼ8ヶ月ぶりに

アップしてみようw

信も気付けば『新星の章』になって、鯖合併となり将星鯖は真紅鯖としてリニューアルしてました〜

リニューアル後にちょろっとインしてみましたが、春日山が賑わっていてビックリ!!
自分が信を始めた頃くらい人いるんではなかろうか!?
合戦も見てみようと思ったが、流石に真紅にアップデートしてなかったので、インできず。

もうちょっとで恒例の東西も始まるみたいですし、どれか1アカアップデートしてみようかな〜と思ってます。来週くらいで今のバタバタも一段落しそうだし。
今の生活だと昔の様にじゃんじゃん狩りへいける感じでもないし、1アカで遊ぶのが精一杯でしょう。

んで近況は相変わらずこんな事してます。

IMG_6718













IMG_3566




















IMG_1879



















信は廃になると金かからないからいいよねえ。
その頃の貯金が、、、、、

kz4ky4e at 08:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年10月20日

ご無沙汰しております!

mu1



















おひさしぶりです。

相変わらずちょぼちょぼインしておりますが、Blogにするネタも無いので、
7月にリアルで越後へ遊びに行った時の事をご紹介。

mu3












雲洞庵に行ってきました。
わしはこんなところきとうはなかった!!!のあのお寺です。

mu5












とっても雰囲気のあるいいお寺です。
鎌倉あたりのお寺の感じと似てますね。

mu13












兵糧が沢山あります。
高級米 魚沼産コシヒカリっす。

nao2













続いて春日山
朝早くですが、謙信公が出迎えてくれたかの様な神々しさ

ka4



















殿です

ka1












御館跡 ただの公園でした


ka9












春日山のてっぺん


ka10












この位置だと麓の状況がよく分かります。
御館も丸見えです。

ka12













毘沙門堂です。

やっぱなんだかんだで昆が大好きなんだな〜と思います(^_^;)

kz4ky4e at 21:30|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年06月30日

もう4年になるんですね

久々にblog更新してみようと思います。

思えばこの6月で信歴4年になるんですね。
あっというまの4年だったような気がします。
そして、このblogも開始して2年半、最も濃密な信PLAYの2年間だったかと思います。
そんな俺もここ3〜4ヶ月は一気にインが激減してます。

今までどんなに忙しくても、
家に帰ってきたら必ず一日に一度は信にインしていました。
例え終電で家に帰ってきても、インしてました。
今はそれが無くなったというより、出来なくなりました。

仕事等での精神的や肉体的な負担が増えて来ているのもあるでしょうが、
やはり信を遊んでいく上での''目標''が無くなってしまったのかな。
城ノックや乱射徒党の様な単純作業でのレベル上げが非常に苦痛になってきたし、
眠気と戦う事もしばしば、徒党や私設のみんなにも迷惑かけた事も度々。
ここまでして俺は何やってるんだって思うようになった。
狩りって、ボスや合戦の為の鍛錬だと思ってやっていた所もあります。
その先の合戦やボスに物足りなさを感じてきたのはあるんですよね。

合戦はやっぱ大人数同士でやるのが楽しいですね。
先般の東西対抗戦の鯖決戦は久々に楽しく合戦やった〜って感じだった。
争覇になってからの合戦梃入れで人数激減してから、盛り上がりに欠けてましたからね。
大決戦メインに切り替えるタイミングを光栄は誤ったと思います。
今の仕様ならここまで人口激減しなかったろうに。

やはり総合的にマンネリなんだと思います。
時を同じくして周りもインが激減しているのは同じ様な感覚なのかな?
それとリアルの事をより考える様になりました。
別に充実してるって訳じゃないんですけどね(^^;
色々やってみたい事がありますね。

てな訳でこんな書き方じゃ引退と思われちゃいそうですが、
暫くマイペースで、まったり遊んでいこうかな〜と思います。
前程がっつりって訳には行かないですけどw


kz4ky4e at 00:15|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2009年05月22日

上野にて

上野の国立博物館で開催されている阿修羅展みてきました。

阿修羅像よかったです。
ファン倶楽部まで出来ているそうなんですが、綺麗な整った顔の仏像です。
元々阿修羅とはインドのヒンズー教における戦いの神であって、キンニクマン世代の我々にとっては悪魔超人だった訳です。3つの顔は『笑い』『冷血』『怒り』だったのを覚えていますがw
だから普通の阿修羅像って怒りの顔の像が多いのですが、この興福寺の阿修羅像は悲しそうな、思いふけった様な顔をした仏像なんです。
まだいってない方は是非行ってみてください。6月7日迄やってます。

ちなみに興福寺の阿修羅像の位置付けを申し上げますと、像の位置付けとしては主役ではありません。あくまでも八部衆のうちの一体なんです。
その八部衆のうちの他の7体のうちの一つに、信Onユーザーおなじみの『迦楼羅
』がいました〜。
元々はインドの神鳥ガルーダ。仏教における八部衆(天、龍、夜叉、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩睺羅伽)となります。
迦楼羅像の写真は↓以下参照
http://www.kohfukuji.com/property/cultural/013.html
この仏像みると迦楼羅ってよりはTDのボスのカラス天狗っぽい感じです^−^;

最後におまけ
蓮














不忍池の蓮

アメ横

























上野アメ横のガード下。
大統領最近いってないなあー。馬モツとホッピーが俺を呼んでるぜw

kz4ky4e at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年05月16日

ちょびちょびと

こんぬつわー(*・ω・)ノ

最近は、ちょびちょびとインして陣取楽しんでまーす。
狩りやボスが時間が無くて行けてないです^−^;
平日は帰り遅いし、休日も写真取りいったり、その他色々やる事あって遊べてないですねー。
確かに以前程の意気込みがないのは事実ですが、引退はしませんのでw
引き続きよろしくお願いしますm(__)m

機材













最近、またレンズを衝動買い。
ヨドバシカメラやビックカメラには出来るだけ近づかないように。。。
あ、らりー電機にも行ってますよ(・∀・)

金森倉庫












函館の金森倉庫 モノクロで

函館山












函館山 いつきてもここは綺麗です

永代橋












隅田川の永代橋 水上バスの光跡を入れてみました

kz4ky4e at 10:21|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年05月05日

ジン♪ジン♪ジンギスカーン♪

GW皆様いかがお過ごしでしょうか(*・ω・)ノ
自分は知人達と北海道旅行いってきまして、帰ってきた後もバテバテで寝てますw
後から誘われたのになぜかプランニング全部自分やってました。・゚・(ノД`)
まあ嫌いではないので全然いいんですけどね(・∀・)

そんな旅行途中に立ち寄ったのがニセコ。
有名なスキーリゾートで、冬はにぎわうのですがさすがに人はまばら。
泊まったホテルは夕食つけてなかったのですが、場所が場所なのでホテルでくわざるをえないかなーとも思ってました^^;
ホテルで食うとなると、
1.バイキング食い放題¥4,200.-
2.コース料理(再安で)¥4,200.-
うーーーん高い。
という訳で、一か八か外になんか美味しい店あるかフロントのお兄さんに聞いてみると、ジンギスカンの美味しい店を紹介してくれました。
北海道に来てからほとんど海鮮物ばっか食べてたので、一同皆賛成で早速行く事に。

店の名は『ニセコロフト倶楽部』。
ジンギスカン以外も、ステーキや蝦夷鹿料理を扱っている模様。
まずは6人の電話予約を。
食べる物は決まっていますか?と言われたので、店いってから決めると返事をしたが、作るのに時間かかるから出来れば今言って欲しいとの事。
まあジンギスカンと決めていたし、ジンギスカンでお願いしました。
6人分と答えたのですが、女性が含まれてるので5人分でちょうどいいとの事。
結構大食いばっかですよ、、、、この腐女子共と思ったのですが、一応店の言う事を聞いて5人分で。

店はログハウス風で、いかにも高原のレストランといった作り。
先客は2組くらいいて、店の中は煙いwww俺はこうゆう店好きです^^
そして、出てきたのがこれ
生ラム ジンギスカン












IMG_3439












Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!この肉Σ(゚д゚;)物量もさることながらたぶん厚さ5mm以上あるw
今まで食ってきたジンギスカンの肉って、バラ肉の焼肉っぽいのばっかだったから、スゲーカルチャーショックwwwww分厚い仙台の牛タンよりもすげーwww
これをみてサラダを追加しようとしていた我々はもちろん追加やめましたw
お店の方のおすすめはミディアムレアでとの事でさっそく焼いて食ってみます。
うわー柔らかくてジューシーです。肉の下味付けもしてありまして申し分ございません。大変おいしゅうございます(⌒〜⌒)
もう食べ始めると黙々と焼く食べる焼く食べるの繰り返し。
結局もう一人前追加して、無事完食v( ̄∇ ̄)v
※実は一人前300グラムもあるwww
後できく話によるとこの生ラムジンギスカン。一頭から600グラムしかとれない部位のみを使用したこだわりの一品だとか。いやー美味しい訳ですね。
今後ニセコに行く方には是非お勧めしたいお店でした(・∀・)つ

翌朝、某女子は北海道きて2日で2kg太ったと悲鳴をあげておりましたwww
けど朝食バイキングきっちり食ってましたけどねΣ('◇'*)エェッ!?
まあ折角の旅ですから、ケチってもしょうがないと思いましたよ(・∀・)

そして他のニセコの光景はこんな感じで、
6ニセコから羊蹄山












ニセコから羊蹄山(蝦夷富士)の朝日を。

7ニセコパノラマラインでキツネ












北キツネにも出会いました。

スキーしに来た訳でもなかったニセコですが、大満足の一泊でしたヾ(=^▽^=)ノ

kz4ky4e at 10:41|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年04月25日

謙信尾根

信Onネタではありませんが、久々に更新してみます。
ここ最近の更新の更新を見ていただければ分かりますが、写真ネタや旅行ネタばかりの有様でして、インターネットでも旅行記や冒険物系のサイトをじろじろみている事がおおいですね。
また、信Onですっかり上杉の血が染み付いてしまったのか、NHK大河ドラマ『天地人』を毎週欠かさず見ております。
日曜夜で家にいる時のスケジュールは、19:00〜鉄腕ダッシュでソーラーカー旅気分を味わい、20:00〜天地人で上杉の血が沸き立っている今日この頃です。

そんな天地人でいう『上田庄』、今でいう新潟県魚沼地域ですが関東からは一番近い越後の入口。最新行く数は減りましたが、スキーをしによく越後湯沢や石打や塩沢あたりへよく通ったものです。(近いといっても都内から車で3時間近くかかりますけどね^^;)
スキーや温泉でリゾート地、また魚沼コシヒカリの大産地というイメージが強い地域ですが、古くは上杉謙信の関東攻略重要拠点で史跡とか結構あるんですよねえ。
自分も今までは全然そっちには目がいってなかったのですが、天地人やってるうちに一回いってみたいですね^^そんな事いってると春日山や会津や米沢もって話になっちゃうかもですがw

そんな上杉家の関東攻略重要拠点とされていた上田庄。
ここから関東へと向かうには2000m級の越後山脈を越えていかなければなりません。当時の主なルートは2つあります。
1.三国峠越え
 現世でも国道17号線が三国峠を越えています。
 関東方面から、苗場へスキーをしに行った事がある方なら通った事があるでしょう。
 月夜野>猿ケ京温泉>三国峠>苗場>越後湯沢へ抜けるルートです。
 関越道の関越トンネルが危険物搭載車の通行が禁止されておりますので、危険物搭載車は未だに国道17号越をしております。冬季積雪時の三国峠越えは未だに難所ですよね^^;

2.清水峠越え
 距離的には三国峠越えより近く、戦国時代当時の行軍でも一泊分は早かったとか。
 当時の位置付けも三国峠は一般の道、清水峠は軍事的な道だった様です。
 古代の清水峠越えは水上>一ノ倉沢>清水峠>謙信尾根>清水集落>塩沢へ抜けるルートです。
 清水峠から越後側に下っていく尾根は謙信尾根の名が付いているとおり、上杉謙信が整備した軍事用道路といわれているのです。
 現世は上越新幹線や上越線が『清水』の名を冠したトンネルを使って峠を越えています。(実際は清水峠直下ではないですが)またトンネルではなく峠越えという意味で、名目上国道291号線現存するのですが、群馬県側の一ノ倉沢>清水峠間は車両通行不可で一般登山道。新潟県側の清水峠>清水集落間は歩行も困難な、実質廃道区間です。
 
その謙信尾根と国道291号清水峠越えの紹介が、『山さいかねが』のサイトで紹介されています。
ホント昔の人がすごいなと思うのは戦国の世の中って、長距離を甲冑に身を包んだまま徒歩や騎馬で移動してから戦争してたんですよねえ。ましてや普通の道だけではなくて、険しい山道や橋の架かっていない川をわたる事もあった訳で。
特にこの険しい越後山脈を越えて関東へいって北条を押しまくっていった越後武士。
恐るべしですね。この山さいかねがの謙信尾根のレポートをみてただ驚くばかりです。

そんな清水峠ですが、謙信没後の『御館の乱』の際は逆に北条軍に利用されて、領内の樺沢城まで攻め込まれます。
但し、冬季近くまで戦線が延びた結果、豪雪で清水峠越えが不可能となり補給が絶たれる為、北条軍は撤退。結果、景勝の勝利となった訳です。


kz4ky4e at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月12日

おひさしぶりです(*・ω・)ノ

皆様!!お久しぶりです(*・ω・)ノ

約3週間まともにINせずに、仕事に遊びに没頭しておりました。
やはり年度〆で業務量たっぷりもありましたし、組織の話やら人事の話やら話題も事欠かず、
ほぼ毎日12時帰宅では信やる元気もなくといった所です。
以前はそれでもインしていた気もしますが、やはり気持ちが切れてますねー。
ちょっと廃プレイは出来そうにないんですが、まったりゆったりと今後も信やってこうかなと思います。

あと今年の春は色々とお誘いがあって、休みの日はあちらこちらに出かけてます。
3月末の3連休は広島方面へ、先週の土日は奈良京都へとすっかり旅人状態ですw
その時とってきた写真は以下ご参照
厳島神社穴子めし





広島の厳島神社です。牡蠣やお好み焼きはもちろんなのですが、ここは穴子飯も有名です。


吉野山 上千本知恩院三門清水寺 茶碗坂







左から吉野山上千本、知恩院三門、清水寺茶碗坂の桜です。
吉野山はまだ早かったですが綺麗でしたよ。

IMG_2121おまけ





東京ビックサイトに出かけた帰りの一枚。
おまけに自分も撮影機材を晒してみました。

kz4ky4e at 11:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年03月19日

明日からお休み

みなさんこんばんわん(。・ω・)ノ゙

明日から3日不在にしまーす
日曜の夜お会いできましらよろしくお願いします。

IMG_1607IMG_1724





2008/12/29深夜
かの有名な《ラリの乱》から早2ヶ月半w
医術やってる場合じゃないです












早いものですねえw
軍学やばいです廃

kz4ky4e at 23:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月08日

んー気分が乗らない

お久しぶりです(。・ω・)ノ゙
久々の更新ですが、特にねたありませんw

別にインしてない訳ではないんですが、
廃プレイには程遠いですかねえ〜

ここ最近の状況は、
1.上覧の観戦 みょんさんの試合メインで観戦
2.薬師と鉄砲のlv上げ 鹿児島と佐賀篭り
3.前哨戦参加
4.平日は瓦メイン稼動
って所でしょうか。

上覧は見ていて面白いですねえ。
思うのは一回のミスが、崩れる原因になること。連携って本当に重要です。
拮抗した試合が一気に終わりになりますからねえ。
昨日の前哨戦もそうでした。
荒行と極楽のタイミングずれて一気でしたからねえ。
まだまだ上覧に出れるlvじゃありませんなあ。

《今日の一枚》
ベイブリッジ





横浜ベイブリッジを撮ってきました。
水平器忘れてったので、ちょっとひんまがってます、、、

kz4ky4e at 12:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年02月11日

まあ色々とあります

今日は建国記念日。
建国の基準ですが、日本ではでは記紀神話中で神武天皇が即位したとされる日(紀元前660年2月11日)という事だそうです。

さてはて世の中は大変になってきております。
自分の会社も今期見通しが赤字転落と先日発表されまして、
幹部職の賃金削減と赤字業態の人員削減の予定。
競合他社も軒並み赤字転落と、まあ暗い話題が多いこと。
自分も下期から担当領域に一部変更があったのですが、
客先から実行部門の対応体制改善要求が頻繁にきたり、
人的支援要求がきたりとまあ色々ありますw
業界的に儲かっている業種とは思えないですが、人が足りないのはいつもの事、
それでいて忙しいときてる。
先々生き残っていくには大変な世の中にますますなってきたなあと、
最近つくづく感じますね。
こんなせちがない世の中ですが、人として生きて行く為に頑張らないとね。

で信ですが、こっちも上杉家は右肩下がりかな。
正直国としての一体感が感じられないと最近切に思う。
これも生き残っていく為には改善すべき点色々ありますね。
ダンジョン系も自分はあまり進めていません。
最近は狩りばっかですねー。
おかげさまで修験道がかなり育ってきました。
そろそろ装備を刷新する時期に来てるから金策もしないとですねw
鉄砲もこつこつとやっていたらlv61になりました。
最近平日は1丹狩りもなかなか出来ていないんですが、こつこつ細々とやっていくしかないですねえ。

まあそんな感じなので、このBlogも信ネタから外れたことがおおいかなw
ダンジョンボス攻略は、ハズレBLOGにお任せで事足りてますから問題ありません(。・ω・)ノ゙

最近楽しいのは写真と温泉wすっかーりおっさんですwww
新しいレンズがほしいなーとか、次は何処いこうかとか、そんな事ばっか考えてますねw
元々旅行好きでしたし、性にあってるのかもですねw
精進湖逆富士





先日も精進湖に夜明け前から張ってまして、日ごろの行いがよかったのか、まったくの無風状態。
湖面にくっきりと映った逆富士GETできました。
これが風がでてくると湖面に小波がたってくっきり富士が映らないんです。

といった感じですが、4月には吉野山いこうかなーと思っています。
古代より日本一と詠われた吉野桜。
太閤秀吉も諸大名をつれて、吉野山で花見をしたことがあるとか。

夏はどうだろう。
一眼買ってから初めての夏になりますが、
今までにいったことのある北海道、九州、沖縄を再訪問て感じになるのかしら。
と先々まで想像してますねw最近は
あと信のみんなの所にも会いにいかないとだねw

kz4ky4e at 16:46|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年02月02日

箱根の山は天下の険

先週なのですが、会社から1月で失効する代休消化命令でまして、
水曜だし家にいても信できないってのもあって、一人で箱根をぷらついてきましたw
夏前くらいまでは、死なない程度に働いてくださいなんって言ってたのが、
今は代休は必ず取得だし、定時間退社日に20時以降残業すると人事部にチェックされるとかオイオイ
ほんと会社って変わり身が早いものですねw
ロマンスカー春節





まあ会社の愚痴はおいといて箱根のお話。
左:箱根といえば、久しぶりに乗ってきました小田急ロマンスカー
右:歓迎春節遊客 箱根歓迎中華新年ツアーw

電車で箱根にきたのが久しぶり。
ロマンスカー自体に乗って箱根に来たのはもっと久しぶりかもw
新幹線以外の特急列車にのるのも久しぶりで、列車旅してるって雰囲気がとてもよかったです^^
そして中国は今、旧正月(春節)。
箱根のいたるところに上記の歓迎フラッグが張ってありました。
旧暦1月1日は、通常雨水(2月19日ごろ)の直前の朔日であり、1月22日ごろから2月19日ごろまでを毎年移動します。
中国・台湾・韓国・ベトナム・モンゴルでは、最も重要な祝祭日の一つであり、グレゴリオ暦(新暦)の正月よりずっと盛大に祝われるのです。
そんな時期ってこともあったのか、箱根に来たというのにまるで中国来たのかと錯覚するほど中華が沸いておりましたwww
信の世界でも富山が過疎っていたり、武田沙織が消息不明で騒ぎになったりと中華が少ない少ないw
みんな瓦で地獄谷きてたんですねわかります。
地獄谷大涌谷











左:信の地獄谷 いわゆる大涌谷のことです
右:リアルの大涌谷 中華が退去押し寄せてきましたw

大涌谷は箱根火山の最高峰、中央火口丘神山(かみやま)(1438メートル)の北斜面の中腹にあたり、箱根火山活動の末期におきた神山の爆裂(大涌谷爆裂)によってできた谷で、噴気孔群は火山活動の名残(なごり)を示すもの。
そしてここの名物はこれ。
黒卵





黒たまごですw
ここで湧いている温泉に含まれる硫黄と鉄分が卵の殻に結びつき、黒く変色するんだとか。
1個食べると7年、2個で14年寿命が延びるといわれています。5個入500円でお気軽に購入できます^^
あとここは箱根の中でも一二を争う富士山ビュースポットなのですが、
この日は雲がかかってまして残念ながら富士山拝めず(ノд・。) グスン
あとは芦ノ湖だったり、箱根ターンパイクの大観台辺りが個人的にはお勧めの富士山ビュースポットです。

この後、箱根湯本まで戻って今回の目的である温泉入浴へ。
今回は、箱根湯本の一番奥に位置する『湯の里 おかだ』さんにいってきましたー。
ここの近くにある天山は何回かいったことあったんですが、あちらは有名になりすぎて最近は待ち渋滞も発生する始末。
ここおかだは旧東海道から川沿いに山に入った所にあって、天山より静かな雰囲気な所にあって好感触。
露天風呂も何種類もありまして、一時間以上まったりほかほか。
なんてゆっくりしてましたら日がおちてしまいまして。
夜はライトアップするんですねえ〜これもまた綺麗でした♪

この日はあくまでも平日水曜日でしたので、翌日は仕事(´;ω;`)
帰路につきまして、帰りは小田原から新幹線で帰る事に。
小田原城





新幹線まっている間に敵地小田原城激写してきました。
まあ武蔵が他家に渡りましたので、しばらく入間川もないんでしょうがねえ・゚・(ノД`;)・゚・
まあ今の将星上杉家の国勢については、あえてここでは申しません。
但し、今のままではずるずるいくと思いますので、なんとかしないとですね。

kz4ky4e at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月15日

心の赴くままに

田貫湖夜明け前逆さ富士





山中湖より 富士山頂ダイヤモンド富士





左上:夜明け前の田貫湖 雲がかかっていて富士山みえず
右上:夜明後の田貫湖 傘雲のおまけ付きで、逆さ富士が現れました
左下:山中湖より富士山頂アップ
右下:山中湖近傍 花の都公園からダイヤモンド富士
富士山周辺地図




皆様大決戦お疲れ様でしたー
またもや残念な結果となってしまいました(´;ω;`)
金曜勝ちを取りこぼしたのが結果的に痛かったのかな。
特に土曜はぼろぼろだった気がします。。。
これでまたもや武蔵陥落にリーチがかかってしまいました。
今週、尾張は織田の奮闘で陥落を免れてましたが、上杉家もそれくらいの気概を持って次回頑張ろう!!

とまあ、うさ晴らしもあったり、元々お誘いを受けていたのもあったのですが、
富士山の撮影いってきましたー。
大決戦おわって即外出、会社の同僚に拾ってもらって、いざ東名高速で西へ。
まずは富士山西側の田貫湖からをターゲットで狙います。
まだ時間早かったので、途中足柄SAで仮眠をとって、6時半前に田貫湖に到着〜。
東名道からは暗闇の中富士山が良く見えていて、期待をもって到着したのですが、
西から雲が出てきていて富士山みえません(;´Д`)
だめだこりゃと思いながら根気よくまっていると7時を過ぎたあたりで雲が取れてきました。
しかも傘雲つきの富士山が現れましてびっくりw
この富士山の傘雲、しょっちゅうみれるものではありません。
年に数回とみれるかという貴重な光景なのです。
そんな貴重なものが朝のこの時間に現れてくれまして感激もの。
じっくり1時間近く腰を据えて撮影してきました。

その後は夕方の山中湖でのダイヤモンド富士撮影を予定しており、
時間があいたので周辺をぷらぷら。
田貫湖 → 白糸の滝 → 道の駅朝霧高原でお土産購入 → 富士眺望の湯 ゆらり → 昼飯ほうとう → 道の駅富士吉田で富士山の水を頂く → 山中湖周辺で撮影
といった行程で富士山周辺満喫してきました。

仮眠そこそこで朝から撮影していたので中途半端に眠く、お風呂に入りポカポカに。
昼は晴れながらも雪がちらつく絶妙の気象条件。
富士山はというと晴れてたら目の前のはずが、雲がきっちりかかっていまして、まったく見えず。
とまあぽっかぽかになった所で1時間程爆睡。
その後あったかいもの食べたいねという話になり、ほうとう食ってきました。
河口湖 ほうとう不動












これが予想以上に美味しかった!!
麺にコシがあって野菜たっぷり、味噌とかぼちゃのスープが絶妙です。
あと薬味の七味も相性がよろしく、満足の一品。
最初は富士吉田でうどんにするか悩んだのですが、これにして大正解だったと思う。

その後、富士吉田の道の駅に立ち寄りました。
この道の駅、富士山の天然水が酌めるのですが、この日も沢山の人w
もちろん空の2Lペットボトルを100円購入し酌んで帰ってきましたよ。

その後は山中湖の北岸あたりをぷらぷら写真を撮影。
最後に花の都公園に向かってダイヤモンド富士を取って帰ってきましたよっと。

そんなこんなの強行軍。
その晩の信ライフは全然役立たずであったことは言うまでもありませんw

kz4ky4e at 01:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年01月04日

あけましておめでとう

春日山炎上殿とss





左:新年早々春日山が炎上しました
右:新年恒例殿参り&SS撮影

あけましておめでとうございます(*・ω・)ノ
新春毎年恒例の殿ご挨拶とss撮影もいつも通り済ませまして、
いよいよ2009年スタートしましたねー。
年明け早々合戦が予想されておりましたが、雑賀がせめてこずに平和な正月を迎えられました。
そんな元旦の様子をリポートして簡単ではございますが、
2009年1st記事とさせていただきます。
一方で国勢はというと今週の合戦、織田が徳川に敗色濃厚となっており、
最速で来週にも滅亡の可能性が出てきました。
今の合戦仕様の恐ろしさを暖めて感じますねw
上杉家もなんとか武蔵を耐え切って凌いでおりますが、うかうかしてられませんねー。


一方、リアルの初日の出もご紹介します。
元旦早朝にいってきました場所は京浜島つばさ公園 運河を挟んで対岸は羽田空港です。
以前、木村拓也のGood Luckというドラマなんかでも撮影に使われた場所です。
滑走路の延長上にあるので目の前を飛行機がガンガン飛んでいきます。
東京都大田区京浜島2
夜明け前坊主登場





あけおめ





それでは本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げますm(__)m

kz4ky4e at 14:22|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2008年12月31日

行く年来る年2008/12/31

大桟橋より赤富士大桟橋よりみなとみらい





インタコンチ&コスモワールドランドマークタワー











左上:横浜港大桟橋より赤レンガ越しに赤富士
右上:横浜港大桟橋よりみなとみらい方面
左下:汽車道からインターコンチ方面
右下:汽車道からランドマークタワー


あっとゆうまに大晦日ですねーw
今年一年皆様お疲れ様でしたm(__)m
去年に引き続いて、行く年くる年で今年のラスト記事とさせて頂きます。
今年も一年ご愛読いただきまして感謝m(__)m
写真は12/23の横浜港。pcが復活してやっとアップできましたー
明日の朝は初日の出狙ってきます(*・ω・)ノ

今年をざっと振り返ると
1月〜3月  同盟組み替えて織田へ侵攻
       初戦は大敗を喫するも、その後は互角以上に渡り合う
3月末    争覇の章開始
4月〜6月  争覇ダンジョン漬
        大決戦つまんねーと不平不満が相次ぐ
        信人生初の大名落とし経験(斉藤道三)
7月〜8月  イソノックの毎日
        BLOGネタに窮してリアルネタ増えるw
9月     大決戦仕様変更:対人の占めるウエイトが大きくなる
        仕事多忙でイン激減
10月    一眼レフカメラ購入で写真ネタが増加
11月12月 旅行ネタばっかしw
        武蔵陥落間際も踏ん張っている上杉
        って感じですかねw

ちょっと破天に比べて、争覇は。。。
個人的に去年より仕事が忙しくなったのもあるんですが、
夜を徹してまで遊ぶまではなかったかなw
ダンジョンも最低限しかやってないし、最近は瓦ばっかだったしなあ〜
合戦も大幅に仕様がかわりました。
陣取メインから大決戦そして対人の要素が強くなってきています。
流れに取り残されない様に来年も頑張ってキャラクター強化しく所存です。
年明け当面は鉄砲と修験道の育成めいんかなー。
合戦いい流れじゃないんで、すこしでも貢献できたらーとw

2008年、最後の最後まで皆様との素晴らしい出会いに感謝。
そして2009年もよろしくご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

医術やってる場合じゃないです












最後になりましたが。。。。。〇リさん〇リさん
ホント!!マジで!!軍学やばいってw

それでは皆様よいお年をお迎え下さい。2009年も( `・ω・´)ノヨロシクー

kz4ky4e at 15:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月24日

めりーくりすます

4e3b19d5.jpg



メリークリスマス
写真は昨日の横浜港でっす。携帯でよくここまでとれたかな。EOSで撮った奴はもっと上出来です

信も新ダンジョン実装されました〜
時間的、体力的にまだボスやれてないんですが、そろそろ始動かな〜
黒は行きましたが勝てそうで勝ててないです。近々突破したいですねぇ

kz4ky4e at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月21日

更新が滞り(^_^;)

いつもご覧戴きありがとうございます。パソコンが壊れまして更新滞ってますm(__)m
携帯から書き込むか、ネカフェからの更新とさせて戴きます。

今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げますm(__)m

kz4ky4e at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月08日

死闘入間川

今日は残念でしたね(´;ω;`)
けれでも今までの雑賀との大決戦の中では、一番まともだったんじゃないかな?と個人的に思います。試行錯誤でいろいろやってる中でやっと光の筋が、見えてきたような感じがしますよね。
まあ自分は最後の最後でヘマしてしまったので、大反省です。・゚・(ノД`)

次回は年末になるのかな?
時期が時期だけに敵味方お互いにちょっと参戦率落ちそうな気しますが、次負けたら武蔵陥落確定です。
次こそはなんとかしたいですよね。

それと今日、三好家が復興を決めた様です。
これが果たしてどういった状況を生むのか?


◎本日のSS
上杉鉄砲隊





最近増殖している上杉鉄砲隊。
たまたま両替前にいったらそろっていたのでss盗撮

kz4ky4e at 00:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年11月29日

そうだ京都へいこう

更新さぼってましたー

以前より宣言しておりました、『そうだ京都へいこう』
本当に行ってきてしまいましたw

嵐山 竹林嵯峨野 常寂光寺





嵯峨野 二尊院1嵯峨野 二尊院2





左上:嵐山の竹林 風情たっぷりですが、この日は大混雑w
右上:常寂光寺  百人一首で有名な小倉山の中腹にあるお寺。
           紅葉がとっても有名です。
左下右下:二尊院 常寂光寺の同様に小倉山中腹にあるお寺。
           紅葉の馬場といわれる通路がとっても綺麗

嵯峨野 厭離庵日暮 八坂の塔付近





清水寺夜景1清水寺夜景2





左上:厭離庵   小道をそれた奥に見つけた山荘。
           人が少なくておちつきました
右上:京都夕暮  東山に八坂の塔付近にある高台から撮影
           京都タワーも見えてます。
左下右下:清水寺 夜間拝観にいってきました。
           ここはやはり雰囲気がありますね

11/23に日帰りにて紅葉撮影強行ツアーいってきました。
昼間は嵐山/嵯峨野方面をぷらぷらと、夕方に東山方面へ向かい、清水寺のライトアップ写真撮影してきました。
11/23は三連休中日って事もあって、どこへいっても人の波w
車は全然動いていかったし、電車もみんな満員電車。こんなときは歩くに限りますね。10km以上の工程歩きまわりましたが、おっさーんかなり疲れましたよw
そんな環境での紅葉写真撮影ツアーでしたが、噂にたがわぬ京都の紅葉の美しさを堪能できました。なんせ赤色に染まったモミジが最高です。
それと清水寺の夜景ですがこれもいいです。但し、めっちゃ並びました(´−д−;`)がそれを差し引いても一見の価値があると思います。

また来年も行きたいなーと、もうその気満々ですw

kz4ky4e at 03:02|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2008年11月08日

晩秋 しばれるみちのくへ

こんちわーくヴぉたです(*・ω・)ノ

リアルなお話ですが、11月1日から3日間、晩秋のみちのくツアーいってきましたー
奥入瀬紅葉阿修羅の流れ





銚子大滝十和田湖早朝





乳頭温泉 鶴の湯乳頭温泉紅葉





左上:奥入瀬渓流の紅葉  
右上:奥入瀬渓流 阿修羅の流れ
左中:奥入瀬渓流 銚子大滝
右中:早朝の十和田湖
左下:乳頭温泉 鶴の湯
右下:乳頭温泉の紅葉

青森県と秋田県の境に位置する十和田湖。
そこから流れ出る唯一の川が奥入瀬川でして、十和田湖畔の子ノ口から、中流の焼山までの14kmを奥入瀬渓流(瀑布街道)といいます。
この14kmの間、川にそって遊歩道が設置されておりまして、ここを歩いていきます。さすがに全部歩くのはって事で、中流で石ヶ戸から上流の十和田湖畔まで歩いていきました。(上のリンクから地図を確認してみてください)
紅葉のピークは10月25日頃とのことでしたが、まだまだ中流は真っ盛り。
奥入瀬渓流には色々な見所がありまして、カメラ小僧若葉マークのくヴぉたもシャッター押しまくり。夏の季節にも着た事がありますが、底冷えする晩秋の空気と、木々の色合いが旅情たっぷりたまりません(・∀・)
銚子大滝や阿修羅の流れ等、旅行ガイドや雑誌にも度々写真が出てくるポイントはさすがといった風景でした〜

翌日は天気が悪い予報。
前出のこれを早起きして撮りに行く予定だったのですが、予報を見て断念(´;ω;`) 
ところがどっこい朝の6時過ぎに眼が覚めたら、晴れているじゃまいかwww
ってことで泊まっていた十和田湖の朝の写真で我慢我慢。けど朝焼けが湖畔の紅葉している木々に照らされ、とっても綺麗でした。その後ホテルへ戻り、朝飯を食い始めた所で、雷を伴った大雨にw予報は外れてませんでしたねw まあ普段の行いが良かったのかどうか分かりませんが、貴重な早朝のひと時でした(・∀・)
まあその後の天気は雨が降ったりやんだりの繰り返し。車で十和田湖や八甲田方面をぐるりと回ってきました。八甲田方面の標高が高い地域の紅葉は末期で、山の上は雪が積もっていましたね。この分だと近々里の方も雪が降りそうな感じですね〜
そして遅めの昼食をとって、この日の宿がある盛岡へ移動。
そして、ここからこの旅何故か食いモード入りますw
まずはこの日の昼飯、ひっつみです。
ひっつみ












いわゆる、すいとんの汁ものです。関東の方に説明すると、山梨のホウトウを醤油味ベースにした感じの味でした〜。

そして移動した盛岡では、前沢牛を。
ここは元々、知人の盛岡住民からリサーチしておりまして、盛岡一お勧めの前沢牛を食べられるお店だとか。
焼肉 Dining BONDZさんです。

前沢牛厚切りカルビ












写真は左から、前沢牛ステーキ、前沢牛厚切りカルビです。
もう、濃厚でとろける様な味わい(´;ω;`)久しぶりに焼肉くいましたが、腹沢山食べるというよりも味わって頂く感じ?急いで食べると勿体ない感覚でいただきました(・∀・)その他、ホルモンと牛タン。〆は個人毎にクッパだったり盛岡冷麵だったりビビンバだったりと。とにかくとっても美味しかったです。少々値が張りますが。みなさんも盛岡いったときは是非!!

そして最終日は秘湯 乳頭温泉へ行ってきました。
乳頭温泉 鶴の湯乳頭温泉紅葉





盛岡からも車で50分くらいという事でさくっと行きたかった所ですが、この日も朝から雨で、国道46号仙岩道路はどしゃぶりの雨。以前、秋田に住んでいた時に、この仙岩道路で地吹雪にあって大変な思いをした事がありますが、それに近い大雨で、乳頭温泉までたどりつけるか不安のドライブ。
この途中、仙岩峠をトンネルで抜けて秋田へと抜けていくのですが、この仙岩峠越え以前は、トンネルはなく峠越えだったとか。2桁国道であるにも関わらず、一年の間半年は雪に埋もれる難所であったが為に開通後数年でトンネルに置き換え。現在は廃道になってしまっていまして、廃道マニアにはたまらない場所です。いつかいってみたいと思っている峠です。(参考にここを御覧ください。くヴぉたの愛読ページ『山さいかねが』
そんな仙岩トンネルを抜け、田沢湖から山中へ上っていき、県道から横道に外れてかなーり奥へ入った所に乳頭温泉 鶴の湯はありました。真冬もやっているとの事ですが、こんな所車で来るの嫌だと思うくらい山の中にある温泉ですw
それにしてもすごい数の車が駐車場にいます。朝の10時でこの天気なのにみなさんご苦労様ですw いざ風呂に向かいますと、何故かそこで雨がやみましたww ほんと今回の旅行、要所要所で雨が止んでくれまして、天気の神様に感謝!!!!
肝心の温泉ですが、自分がとってきた写真がある様に、江戸時代にタイムスリップしたかの様な門構え。箱根や草津等では味わえない、”湯治場”といった雰囲気が感じとれます。宿泊はかなり前から予約取らないと厳しいそうですが、囲炉裏に囲まれてランプが灯る昔懐かしいタイプのお宿だそうです。
お風呂ですが、この本陣奥に川がありましてここを渡った所に、露天風呂と屋内風呂があります。風呂も昔ながらの湯治場的な雰囲気がぷんぷんします。お湯も乳白色で真冬はとっても綺麗だろうなーと思います。ちゃんと湯船からお湯が沸いてきてまして、露天風呂はややぬるめ。屋内の湯船が温度熱めの設定になってました。
露天にゆっくりつかって、最後にがっつり熱めのお湯に浸かってきましたが、外に出てもポカポカ。湯冷めしません!!!
と、ほぼ期待通りでしたが、有名になりすぎたのかな?スペースの割りにはちょっと人が多すぎるかなーといった感があります。宿泊の場合は、限られた数ですからもっといい感じなるんでしょうがね(・∀・)

と3日にわたる旅も終わりに近づいてきまして、盛岡迄戻り車を返却。
お土産を購入して、〆にわんこそばを食いにいきました。
今回いった店は東屋駅前店さんです。

ちなみに参考ですが、
男性平均:50〜60杯 女性平均:30〜40杯。15杯で通常の蕎麦一人前だそうです。今までの通算TOPは559杯だそうですw
わんこそばの食べ方のルールはこちらを参照。

直前まで挑戦するか悩んでいた女性陣も、平均迄いければいいやーってノリで参戦してきました。休みの日ってこともあるんでしょうが、我々4人に一人の給仕さんが付いて、そばを盛ってくれます。従来記録89杯をもっていたN君と女性のIさんが快調に飛ばしていきます。その直後に女性のKさん。序盤はくヴぉた最後方待機。武豊ばりに後方から捲る作戦。50杯を過ぎたあたりで、女のどちらかが止まると思っていたが、全然表情変わらず。給仕の立ち位置で、蕎麦をつぎ易い位置にいたIさんが大逃げ状態。くヴぉたと10杯差ついてました。この時点でもどうせ止まるさと、たかをくくっているくヴぉた。それが75杯を過ぎたあたりでも止まりませんwww
ちょwwwおまいらどうなってるんだwww
隣の席で普通の蕎麦を食べていた老婦人のお二人が興味深深にこちらを凝視しています。この子達どうなってるの????って顔してましたw
そしてここでもう一つ問題点が発覚。新幹線の時間がヤバくなってきましたww
焦り始めるくヴぉたここでペースを上げざるをえなくw綺麗にお椀片付けてたら間に合いませんよwwなりふり構ってられませんw
90杯を過ぎたところで、先頭を突っ走っていたIさん表情一つ変えず、突然競争中止wもう無理だっていいながら顔笑ってますw
一人抜けて給仕も楽になったのか、そばを盛るペースが上がってきました。N君はペースが上がりません。後方待機していたKさんとくヴぉたが交わしていきます。結局N君は目標の100杯をクリアし101杯でSTOP。残るは2人中断から粘りこみを図るKさん、必死に追い込むくヴぉたですが差が詰まりません。
タイムリミットと決めていた17時20分(新幹線は17時41分発w)で終了w
結果:Kさん116杯、くヴぉた109杯
まさかまさかの女性に敗戦にくヴぉたがっくし。・゚・(ノД`)
全部で416杯食べた訳ですが、その光景は以下の通り。
ちなみに100杯越えると右の写真の様に駒がもらえます。
わんこそば 400杯の器わんこそば 記録証明












最後の最後で壮絶な死闘が繰り広げられましたw
もう何か食べる飲む元気もなく、帰りの新幹線はぐったりの四人でしたとさw
是非盛岡へ行った際はわんこそば挑戦してみてくださいw

kz4ky4e at 15:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)