釜石で開催された「ラグビーワールドカップ2019」鵜住居復興スタジアムに行って来ました
 
最寄駅は、今年3月に三陸鉄道リアス線として復旧した「鵜住居駅」
当日はJR釜石線から直接乗り入れる車両も運転されました
鵜住居駅では

DSCF0803

大漁旗を振ってのお出迎え
小さなホームにあるれそうなくらいのお客様が降りました

駅前の広場でもイベントが行われていました

DSCF0827

ここで飲めばビールは500円
スタジアムでは1000円だと聞いていたので、1杯飲んで行きます

駅から少し歩いて、いよいよスタジアム到着

DSCF0875

仮設のスタンドが高々とそびえ立ちます

今回の席は何と前から2列目

DSCF0934

結構選手に近いですね
メインスタンドのバックが森の素敵なスタジアムです

オープニングでは

DSCF0924

ブルーインパルスが盛り上げてくれました、まるで東京オリンピックのように...

DSCF0942

鵜住居の子供たちも招待されたようです、貴重な経験です
この瞬間を生で見れたのは将来にも繋がって行くでしょう

いい試合でした、見た目もゴツいフィジーに対してウルグアイがキックの正確さで番狂わせ

DSCF0960

 本当にいいイベントだった

帰りにハプニングあり、釜石から花巻に向かう列車が鹿と衝突、安全点検のためしばらく停車
その後安全が確認され運転再開するも6分遅れで運行、新花巻での新幹線の乗り継ぎが危ぶまれます
新花巻駅に6分遅れで到着、今回は釜石線からの乗り換えの乗客を待って新幹線が出発する事に...
在来線ではあるが中々新幹線がローカル線の遅れの客を待って出発するのは珍しい
しかしこの遅れも一ノ関駅では挽回しました、E5系やまびこだったのも良かったのかな?

良い旅にもハプニングは付き物ですね