February 23, 2005

サイト移転のお知らせ

実は前々から移転していたのですが、
http://blog.goo.ne.jp/kzmwcnd/
へ移転してます。
今後ともよろしくお願い致します。  
Posted by kzmwcnd at 20:54Comments(0)TrackBack(0)

November 17, 2004

Logical Thought Processes

君は、コンサルタント。

ある中堅のサプリメントメーカーの社長から依頼を受けている。

「当社の売上を倍増したいんだけど」と。

どう答えますか?

いわゆるケースインタビューというものだが、
外資系の戦コンファームの英語ホームページには
解説や問われる点が標記されている。
でも、日本語ではないのは何故?
この度、サイトを更新したATKでは、
ケースインタビューの解説がなされてました。

見るべし!!  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)workplace

November 16, 2004

All-in-One or One-stop Right?

NECがABeamを買収
することになった。

巷では、経営不振説も出ているようだが。

いづれにせよ、これでITベンダーによるコンサルティング部門の設立、
または、買収の案件は幾つになったのだろう。

・日本ユニシス→BIOの設立
・CTC(伊藤忠テクノサイエンス)→Maxis
・IBM→PwC (HPによる買収は破談)
・日立→Exsurge (米エクスペリオ)
・富士通→コンサルティング部門設立、または、富士通総研

企業が一つとは言っても、
仕事は同じ人がやるのではないので、
重要なのは橋渡し(上流→下流、戦略→オペレーション・業務など)
なんですけどね。
こういうことは、あまり語られてないですよね。

NECプレスリリースと各社プレゼン資料  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)industry

November 12, 2004

Consultants' Blog

他人のことは言えないのだが、
ATKのVPはブログを作っている。

http://plaza.rakuten.co.jp/tshimada52/

http://blog.livedoor.jp/syamam01/

http://plaza.rakuten.co.jp/syamam01/

これも認知度を上げるための、戦コンの最近のプロモなのか?  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)industry

November 10, 2004

GTF

GTF:Global Task Force

LBSの卒の起業家が始めたという
GWP:Global Work Placeたるビジネススクール同士の同窓会組織。
その日本法人。代表は、同じLBSの卒業生だ。


SWATというコンサルタントの派遣というビジネスをやっている。
コンサルティングファームと何が違うのかがよくわからないが、
料金がすさまじく安い。
こういうところが出てくると、
Fee的にかなりお高い戦コンはあがったりである。

実際、この業界にも一頃ブーム(?)となった「価格破壊」が
起こっている。
やはり冬の時代?   
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)industry

November 04, 2004

MBA Fair

毎年この時期に開催される説明会。
100校を越える世界中のビジネススクールが椿山荘・フォーシーズンズホテルに会した。

私の母校もブースを出すので、例年の如く手伝いに行った。
場所は不便だ。(何故、こんな場所でやってる?)
会場はひどい人込。

今年は、自らも卒業してだいぶ経っているせいか、
何故か、気分的にぱっとしない。

MBAが一時に比べて、コモディティ化しているというのも
うなづける気がしてきた。
確かに、行くと経験できないようなことが経験できる。
しかしながら、重要なことは何を経験しにいくかだ。
エッセイでは、建前を書くが本音とは何か?

よく経験者がメリットとして書いている
・人脈の構築
・ビジネスを体系的に学ぶ
などは違うような気がする・・・  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)self introduction

October 25, 2004

Next Consulting Biz-Mo

次なるコンサルティングのビジネスモデルとは??

結局のところ、戦コンとか会計系とかの違いこそあれ、

Time & Materialsということで大差ないのではないか、というのが持論。

所詮、第三者的立場であるし、経済的価値を生むことは稀有なのではなかろうか。

某ファームがうちのクライアントの株価は、平均よりも上回ってます、

なんて言っているが、そこに因果関係がどれほどあるのだろう。
成功報酬モデルが根付かない理由は、そこまでコミットできないから?
まあ、意思決定を助けるが、実際にしているのはクライアントだし。
格好やフリとはかなり違う。

冬の時代を感じているのは、私だけ??


クライアント、ファーム双方の問題であろうが、
考えられるモデル。

・ファームがクライアントの経営権を掌握できること
・業績最悪など、クライアントに当事者意識や危機感があること
・そして、ドラスティックに不採算部門の再編や効率化を進め、
・Enterprise Valueを高める

これだけのような気がしないでもない。
  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)industry

October 20, 2004

What is Consulting?

忙しかったり、

良いアイデアが出なかったり、

クライアントから良い返事が聞けなかったりすると、

ふと、「コンサルって何なんだろ」と思うことがある。



ペテン師だったり、夢追い人だったりもするのか?

とにかく無償に空しくなるときがあったりする。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(1)TrackBack(0)industry

October 19, 2004

Lonely Management

経営者は孤独である。

そんな経営者の良き相談相手であり、助言者である。

それが、戦略コンサルタント、または

マネジメントコンサルタントの役目ではないか、と感じるようになった。

前のファームではそんなこと思わなかった。

胸のウチを具体化・具現化する

正しいかどうか検証してあげる

そして、肩をそっと押してあげる

それを部下や組織にデリバーする

こんなことも、「実行支援」のValue Propositionではないかと思う今日この頃。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)strategy

October 18, 2004

Discretion

自由裁量。

よく、戦コンも「お客さんの所に常駐なんでしょ」と聞かれるが、

実は違ったりする。

確かに、内部調査やインタビューが立込むと、張り付くこともあるが、

オフィスで、頭をひねっていることが多いかもしれない。

だから、会計事務所系のようにフリーアドレスではなく、

個人の机やパテーションで瞑想できる作りになっているのか?


民族系や日系のヘッドの知人から聞いた話。
実は、こんなワークスタイルでなかったりするらしい。
常駐はお客さんの手前上、社内では居残ったりする方が仕事をしていると
見られる場合もあるようだ。

ある民族系のヘッドは、「いやー、僕なんか、土日出勤、まだ夏休みも取れてませんよ」。
それに対し、「それって、仕事の仕方次第では?」と尋ねると、
外資系から来ると「ウチの風土に合わない人が多くてね」だってさ。
次元が違うのかも。
  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)workstyle

October 15, 2004

コンサルタントの資質

自らを第三者的に認知、現状を把握、
乗り越えるべき「壁」を捉え、
乗り越えるための「施策」を自ら実装できる者。

なんて、格好いいこと書いているが、
こんな内容のことを、取引している転職エージェントの担当者と話をした。

ターンオーバー(離職者)補完、事業拡大など、理由はいろいろあろうが、
戦コンの採用がまた活発化しているようだ。

それにしても、エージェント曰く
応募者は多いらしいが、そのうち戦コンの資質に合う候補者は
一割にも満たないとのことだ。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)industry

October 12, 2004

企業を動かすもの

当事者意識と危機感。

変化の必要性を受容し、自ら起動し、変化を発生・定着させていく。
経験とマインドセット(信念)が必要。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(1)strategy

October 08, 2004

Dinner with ex-coworkers

転職を果たした職場のメンバーと飲む。

彼は、大手有名企業のインハウスコンサルタント的役割を担っていくそうな。

彼は、ウチに三年程度勤務していた。
成長を遂げたらしい。

自分はどこまで成長できるか、今後の課題だ。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)workplace

October 05, 2004

Fighting with Time

時間との戦いとはよく言ったもの。

ビジネススクールに行った連中もよく言っている。

クライアントからの催促のメールをもらう。

まさしく、これだ。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)workstyle

October 04, 2004

戦略とは?

M.ポーター曰く、「他とは全く違うことをすること」、
一般的には、「捨てること」、
そして、絵を描くだけではなく、実行支援をすること。
果たして、実際はどうなのだろうか。

旧会計事務所系では、
戦略系案件におけるフェーズ0や1として、
ビジョンや構想を描くことをスタートとしてるらしい。
領域としても様々だ。
組織戦略、オペレーション戦略、営業戦略・・・。
大手戦略系では、
経営戦略、企業戦略、(新規)事業戦略、M&A戦略・・・。

これらから、
対象とされる領域に拠らないと推測される。
確かに、戦略=事業戦略ではない。

戦略とは、
経営者の影たる参謀が、
他のステークホルダーを巻き込んで、
組織を動かす、
そのための同意を取りつけること
とも言えると感じるのだが。

ここには、実行支援の礎ともなる、
「紙」にて相手を納得させ理解させるという
偉業が含まれている。
「実行支援」も定義が必要。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)strategy

October 02, 2004

新興・ブティック戦略コンサルティングファーム

転職者向け
かどうかはわかりませんが、
少々古めも含めマイナー系を中心にご紹介。
Traditional系以外にもこんなにあるんですね。


    ANDNA
      アンダーナ。アンダーセンDNAを継承が社名の由来。アンダーセン出身者による業務系を中心としたファーム。

    DI
      ドリームインキュベーター。元BCG堀紘一氏らによる設立。VB向けから大手までを網羅。

    D4DR
      ディーフォーディーアール。NRI出身者により設立。e-business・IT戦略を主とする。

    DBMG
      データベースマーケティンググループ。マッキンゼー出身者により設立。「日本のマーケティングを変えていく」

    e-solutions
      BAH出身の社長とSIerインテックにより設立。元々は、e-businessだが最近は新規事業戦略も多いよう。

    EXURGE
      エクサージュ。日立製作所100%出資。元、米エクスペリオ。アンダーセン解体に伴いメンバーが参加。

    Foresight
      元マッキンゼー大阪支社長の齋藤氏が設立。


    GENCIS
      ジェンシスコンサルティング。ソニー100%出資、BCG出身者により設立の経営戦略コンサルティングファーム。

    Layers Strategy
      AC出身者らにより設立。経営管理等を主とする。

    L.E.K.
      CXOアジェンダとM&Aを主とする。03年11月に日本オフィスを設立。

    Mars
      数量系分析に強いブティック戦略ファーム。

    Maxis

    日本ユニシス・BIO(ビジネスイノベーションオフィス)
      システム最上流を主とする。トップはAccenture出身。

    ODS
      ソニーも出資するマーケティングコンサルティング会社。

    Prophet
      D.アーカーやM.ダンを祖とするブランド戦略ファーム。02年10月に日本オフィス開設。

    PRTM
      SCMやR&D戦略を主とする。PRTMは創設者らの頭文字(KPMGと同様)。ワークスタイルのランキングでトップに輝くこともあり。

    Simon Kutcher
      価格戦略を主とするドイツ系ファーム。

    Tokyo Consulting
      マッキンゼー出身者らにより設立。

    ULS
      ウルシステムズ。IT系であるが、パッケージでは解決なし得ないシステム開発とその最上流である戦略を主とする。戦略グループが存在。

    XEED
      エクシード。元マッキンゼーの波頭氏の会社。

    矢矧コンサルタント
      元々は矢矧晴一郎氏が設立した「戦略経営コンサルティング」ファーム。

    ZS Associates
      ビジネススクールKelloggの教授(Z、S)らにより設立されたマーケティング戦略ファーム。03年夏に日本事務所開設。  
Posted by kzmwcnd at 06:27Comments(3)TrackBack(0)industry

October 01, 2004

早いもので

今の会社に来て、2年が経ってしまいました。

素人視点、ベクトルを変える、など、今だと分かるような気がします。

世代交代に伴う企業再編、サービス産業のコーポレートブランディング、顧客維持ほか、
ガバナンス、海外アライアンス、VBターンアラウンド、IT戦略、機能再編など
様々な領域の勉強をさせていただきました。
Super General Consulting??

何事もなく続けば良いのですが・・・  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)self introduction

September 28, 2004

戦略ファームと戦略G

コンサルティングファームを志望する新卒向けの掲示板などで
よく議論になること。

旧会計事務所系では、AccentureなりIBCSなりには戦略コンサルティングを主とする部門が存在する。
また、最近では、IT系やベンダー系が戦略・ビジネスコンサルティング部隊を設立するようになってきた。Future Systemとか、ULSとか。
「戦略コンサルタント」という肩書きも多くなってきている。
そんなわけで、「戦略コンサルティングの本質」というblogを立ち上げたというのもあるのだが。

確かに、戦コンファームと同じテーマを扱っている場合もあるが、
案件数的には一部ではなかろうか。
その場合は、大抵、「年功序列」で在籍期間が長いとかパートナーに
いいとこ取りをされてしまい、下には回ってこないとも聞く。
大抵は、システム導入を根拠づけるためのBusiness Caseづくりに過ぎない。
IT系と戦略系では、案件当たりの受注金額も桁違いだし、
IT系(特にベンダー系・SIer系)が、みすみす上流からつながる案件を見捨てるはずもないし、他のパッケージを薦めるわけがない。

うちにも、昨今の旧会計事務所系の再編を背景としてか、
業界出身の転職希望者の面接を受けるが、
やはり、違いを感じざるを得ない。
延長ではなく、新天地ということで「何が違うのか?」を念頭に置き、
臨んでもらいたいと思う。

この辺りも含めて、このblogで深掘りしていければと思うのだが。
  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)industry

September 27, 2004

Manager

懸案中の案件について、
他のマネジャーに相談する。
内容的に、彼が推進しているケースと似通うものがあり、
参考にするのと意見を乞いたかったからだ。
うちのマネジャーは、皆優秀である。
特徴はそれぞれ違うのであるが、補完し合えるところが良い。
彼は、示唆深さにおいて優れていると思うのだが。

「こういう風にやるしかない」ということになった。
Thanks!
  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)workplace

September 22, 2004

Business Strategy

業績低迷の事業を挽回するには?

クライアントの相談を受け、チームにてブレスト。

大抵、外に頼んでくる案件は、こういった筋の悪い場合も多い。
ポートフォリオから見て「撤退すべきです」と簡単に言えれば良いのだが、
それができない企業は多い。
トップから見れば、そうなんでしょうけど、
こういった依頼は当該事業の統括役員から来るもの。
どうにかして欲しいから、頼んでいるのが本音。
そこで「止めなさい」というのも心もとない。

事業戦略って難しいね、と思う今日この頃であった。  
Posted by kzmwcnd at 00:00Comments(0)TrackBack(0)case