SQUIRRELS コーチ日記 〜Sky’s The Limit〜

同朋大学女子バスケットボール部の練習の記録です。

5日

本日はOGのやよいの結婚式に招待され行ってきました。

卒業して10年。

在学中とあまり変わっていないようで安心しました。

2016-11-05-10-34-45











会場には同級生のさえみとつねの姿も。

今回はスピーチはなかったので、ゆっくりと楽しめました(笑)


2016-11-05-13-15-07











バスケットという道を選んで、結んだ縁の大切さ。

本当に不思議ですが、いい縁に恵まれたようでうれしい限りです。

末永く幸せに。

3日の練習

本日は三河リーグに8名で参加。
授業:1名、体調不良:2名

全員1年生にてスタメンを組んだ。

<メモ>
・ゲームの入りが非常に悪い。というか気が入っていない。
・オンボール、オフボールの1対1を課題にしていたが、オフボールでDFに対して圧力をかけられなかった。
・1ゲーム目は最悪。しかし2,3とゲームをやっていくにつれよくなっていった。
・走り方、ルート。

週末は大学祭。

体調不良での休みが多くなっている。

しっかりと体調を整え、楽しんでもらいたい。

26・27日の練習

両日とも10名参加。
実習:1名、授業遅刻:3名
開始:18:00
コートイン:18:35
2日間で、週末からのWC予選を控えた付属高校と練習ゲーム。

水曜はシーズン真っ只中のチームとオフ明けのチームの差がでた。
過去、ここまでの差がついたことはないが、悔しいがこれが今の現状。

<メモ>
・走り方の工夫。
・DFを見る癖をつける。
・今は「人任せ」する時期ではない。
・昨年までと状況が違う。それぞれがよいチームになるための努力をする。

週末は選手勧誘のためWC予選行脚。

奈良遠征

22.23日と奈良文化高校にて、島根県の松江商業・兵庫県の園田学園と練習ゲーム合宿。

怪我や実習でメンバーを欠いていたが、何とか2日間やりきった。
練習テーマとしていた「走り」はまだまだ結果としては出ていないが、やろうとする者がでてきたことは収穫。

ただ、チームとしてのモラルやまとまりは、求めていることとは程遠い。
ゲーム前の礼や、話を聞く態度、チームへの気遣い、気配り・・・etc

細かいところかもしれないが、それが自分たちの土台になっていることを自覚してほしい。

自チームの公式戦があるにも関わらず受入してくださった奈良文化・川先生、本当にお世話になりました。

17日の練習

本日は10名参加。
実習:1名、体調不良:1名
開始:18:00
コートイン:19:15

現在はトレーニング、スキルアップ、課題練習の3パートに分けて練習中。
トレーニングはハードに、妥協せず。
スキルアップはハンドリングやドリブルワーク等スムーズに。
課題練習は、それぞれが見つけた課題を強調して練習。

<メモ>
・トレーニングやスキルアップは与えられたものに取り組んでいくだけの比較的楽な練習。
・課題練習がいかに大事かを理解する。
・おしゃべりも大事だが、1つの練習に対してのひたむきさも大事。
・ここで意欲的に自分の課題に向き合って練習に取り組めるかで、今後が大きく変わってくる。

自主練習

昨日シーズンが終わりましたが、5名ほど本日も自主練習に参加。

私は途中から入り、いい機会なので選手何名かと話をすることができた。

自分の弱点、新チームで期待すること・・・etc

悔しい気持ちや、喪失感、後悔、達成感、いろいろな感情がでてくるかと思うがまだまだこれから。

ほんの小一時間の自主練習かもしれないが、その選手にとって大事な一歩になる練習になるかもしれない。

参加していた1年生は自分の弱点を克服しようとしているのがわかる練習をしていた。

本当に小さなことかもしれないが、こういうところが大きな差になっていずれ出てくるのだろう。

その気持ちを大事に。

シーズン終了

愛知2位で臨んだ入替戦進出決定トーナメント、静岡大学に終始リードされる展開で敗戦。
最低限の目標とした「2部昇格」を達成できませんでした。

思えばこの半年間、いろいろな事情が重なり今までのチームで1番練習を見れていない状況でした。

その中でチームとしての形を成すのに精いっぱいだったように思います。

周りからは2部昇格して当たり前という期待をされていたものの、そこまでの強い気持ちが保てていなかったのも事実です。

その中でも必死に練習についてきて、必死に勝とうとした選手がいたことが救いでした。

しかしバスケットは1人では勝てないし、気持ちで左右されるスポーツであることが証明されたゲームでした。

対戦チームは強い気持ちで必死に同朋大学というチームを倒しに来てくれた。
気持ちで向かってくるのがわかる非常にいいチームでした。

そこを受けに回った時点で勝負は決まっていたのかもしれません。

正直、まだ現実が受け入れきれていません。

まだまだこのチームでゲームができるんじゃないか。

そんな気持ちです。

いろいろな方々に応援いただきながら結果が出せずに、本当に申し訳ありませんでした。

4年生を最後笑って終わらせてやることができず。
悔いが残るシーズン終了です。

21日の練習

本日は体育館が高校文化祭で使用できないため、名城大学をお借りして練習。

授業からの移動という形のため、集中力のない練習になるかと思ったが、名城大学の学生さんも一緒にすることで、メリハリのある練習になった。

<メモ>
・細かい部分(シュート、パス、ドリブル…etc)の質が悪い。
・DFも形は整っているものの、止めるべき部分で軽くなってしまっている。

名城大学・越立先生のご厚意で、本来練習できなかったときに練習をすることができた。
これは本当にありがたいこと。
そういう方々に支えられて今のチーム、自分がいるということをしっかりと理解してほしい。
このお礼は、最高の結果を報告できるように頑張ること。
これ以外にはない。

20日、台風で大変な日になったが無事に36歳の誕生日を迎えられた(笑)

練習後に御嬢さんたちから1日遅れの誕生日プレゼントをいただいた。

ありがとう!

2016-09-23-11-33-55












はやりのアプリでも。
2016-09-23-11-34-17





















明日も名城大学をお借りして練習。

今日以上にいい練習を。

愛知リーグ総括

遅くなりましたが8月12〜20日で行われ、26日に決勝を迎えた愛知リーグの総括。

<メモ>
初戦以外は大きく差を離しての勝利。内容は・・・。
スタート、メンバーは固定せず以下のゲーム中に修正や、声掛けができるかを重点に置いたつもりだったがうまくいかず。ただ「勝っただけ」のゲームが多かった。
しかし、目標達成のためには負けてはいけないので、そこはクリアとしたい。
5勝0敗でaブロック1位。
決勝はbブロックを圧勝で勝ち抜いてきた名古屋経済大学と対戦。
ある程度そのスピードやパワーをイメージして練習してきたつもりだったが、やはり実践ではうまくいかず。完全にコンディショニングの問題。ほぼ相手ペースでのゲームとなったが、ポイントポイントでこちらのペースになりかける場面があった。しかしながらそこで簡単なミス(シュートミス、キャッチミス、パスミス、判断ミス…)。
最終的に50点差ほどで負け。
愛知2位で入替戦進出決定戦に進出が決まった。

この負けが選手たちにどういう変化をもたらすのか。

すべては練習から。

20日の練習

本日は14名参加。
コン・ロンは試験勉強のため欠席。

<メモ>
・リーグは近いというのに相変わらず。
・形はできているものの、過程のところで粗さが目立つ。
・練習でのやりあいがゲームでの勝敗を決めると思うのだが…なかなか「シュート決められるのが当たり前」「DFにやられるのが当たり前」のスタンスの者がいる。
・1年生数名がいい勢いで伸びてきている。上級生はうかうかしていられないと思うのだが。

週末は大阪大谷と練習ゲーム。
Profile
コーチ K・K
同朋大学体育会女子バスケットボール部
「SQUIRRELS(スクァレルズ)」のコーチをしています。
1980年9月20日生まれ(28歳)。A型。

カウンター
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ