SQUIRRELS コーチ日記 〜Sky’s The Limit〜

同朋大学女子バスケットボール部の練習の記録です。

2006年03月

総括

遅くなってしまいましたが、今回の遠征を振り返ってみよう。


まずは1日目(小倉商業戦)。

移動での疲れと急遽決まったゲーム形式の試合で、あまりアップの時間もなく、結果的にあまりいいところがなく終わったような気がします。


2日目(KL−1CUP)

気持ちの出ていない試合が多かった。DF・OFともにミスが多く、そのことに関して誰も何も言わない。
チームではなく個で戦っていた。


3日目(福岡女学院大・高・筑紫女学園高・福翔高戦)

前日の反省からか、負はしたものの声のよく出たメリハリのあるゲームが多かった。
DFは「相手を絶対止める!!」OFは「絶対に決める!!」という意思が見えた。


4日目(県立大戦)

試合序盤からDFをがんばってペースをつかむものの、速攻が出ないため点差が20点からなかなか離せない。
結局そのままタイムアップ。今回の遠征初勝利!



全体を通しては、負けが多かったけど「DFは気持ちから!」ということが確認できたことが大きかった。

はっきりいって今回の遠征でチームが1つになることはできなかったと思う。

それは1年生・2年生・3年生がバスケットもそうだけど、それ以外のことで自分の今やるべきことができていなかったから。

でも・・・最後の最後の試合で僕の理想とするバスケットの片鱗が見えたとき、鳥肌が立ちました。

遠征がきっかけになってこれから僕自身も、みんなと1つのチームになって試合に勝ちたいと思いました。

遠征終わり

全日程終了。

激しく疲れたので、総括はまた今度…。

おやすみなさい(笑)

遠征@番外編

9157c016.jpg福岡女学院の近くに太宰府天満宮があったので、みんなでお参りしてきました(笑)

遠征中4

今日は遠征3日目。

午前中は、福岡1部リーグ所属の福岡女学院大学と筑紫女学園という高校とゲームでした。

両チームとのゲームは昨日とはうってかわり、たくさんのシュートを放つも、確率が悪く得点が伸びない。

DFでもよくスティールがでていたものの、点にはつながらず。

逆には早いボール運びから、3Pやポストなどで着実に加点。

結果的には負けたが、UCLAやエンド、2ガードがうまくやれる時間があったこと。

DFの声かけなど、KL-1カップの反省が生かせたと思う。


午後は附属の高校と福翔高校とゲーム。

序盤からDFの連携・OFのボール運びのミスなどでリードされる。

ポストにボールが入った後の周りのDFが課題になりそう。

明日は、実質最終日。

勝ち負けじゃなく、内容にこだわっていきたい。

遠征3

今日は遠征2日目。

K-L1カップという高校生の大会に参加してきました。
結果は3戦3敗。

結果的にも、内容的にもよくありませんでした。

疲れや体調不良など、いろいろあるでしょうが、コートに立ったいじょうは気迫をもって臨んでほしいです!

明日は大学生とのゲームです。

さぁ切り替えてがんばろう。

遠征中2

624bc7f8.jpgいま、吉備SAです。

眠い…。

さっきのトンネル、3000M超。

トンネルマニア・NAO大興奮。

遠征中

d2f1aa95.jpgいま、西宮名塩SAです。

眠い…。

いよいよ・・・

遠征前、最後の練習でした。

大きな怪我もなく遠征に行けそうで何よりです。

今日の練習のメインはチームの約束事の確認(UCLA・エンドのプレーなど)をしてゲーム形式の練習でした。

エンドのプレーはお互い知っているのでスクリーンにかかりづらいこともあったようです。

いつも言っていますが、何よりまず常に「DFを意識すること」。

とくに2対0やUCLAのとき。

パスの出し方や、ボールのもらい方なんかもっと意識的にやってほしいところもあります。

遠征では「チームの約束事の徹底」「チームで動く」「礼儀」この3つを意識していこうと思っています。

現時点ではスタートは決めていません。

春の大会前の絶好のアピールの場として、みんなのプレーに期待しています。



明日は遠征の出発日ですが、大学の卒業式でもあります。

KAO・アッキー・船戸、卒業おめでとう。

君たちがバスケ部で得たものを大切に。

こだわり

バスケットをやり始めてから早16年。

最近(大学生のころくらいから?)こだわっているのは、練習用のシューズと試合用のシューズを使うこと。

まぁジンクスとも言いましょうか・・・試合用シューズを履いているときに捻挫なんかのケガをしたことがありません。

今の試合用のシューズは高校2年生から愛用していて、今はいているので8足目くらいかな。

だいぶお金もかかってます(笑)

あとは「右足からシューズを履くこと」とか「試合前の練習でシュートが入ると試合では入らない」とか。

一番のジンクスの「試合前にリポビタンDを飲む」は「ドーピング検査」という大きな壁に阻まれてしまいました(泣)


コーチを始めてからは、「勝ちT」がありましたが年々力が落ちてきているようなので、新たなジンクスを作らねば!と思っている今日この頃です。

久々

昨日は久々にNクラブが練習にきていたので、ゲーム形式で相手になってもらいました。

久々の5対5のゲームだったので勘が戻っていないような感じがした。

UCLAを多く使って確認の意味合いも兼ねていたけど、なかなかうまくいかないね。

まずはフォーメーションの中でも「自分が1対1を仕掛ける姿勢」を失わないこと、DFにとって何が1番嫌なのかを考える。

DFにとって1番嫌なのはシュートを打たれたりして「仕掛け」られること。

パスしかない相手にビッタリマークしても仕方がない。

ボールマンは必ず前を向く!そして攻める姿勢を忘れない。

あとは、相手のボディチェックに対して当たり負してしまっている。

OFファールになってもいいからボディチェックを恐れずに向かっていってほしいですね。


課題もたくさんでたけど、いいプレイも多く出ましたね。

Cを中継しての3P、UCLAのダブルも何回か成功したし。

DFのスイッチ・アップも意識的にできていた。

3−2のゾーンマンゾーンはぶっつけでやってみたけど、本番までにDFのバリエーションに加えたいですね。


遠征まであと2回の練習、試合まであと1ヶ月弱!

ゲームで出た課題を頭にいれてしっかりと練習したいね。

6対6

昨日は、ウイングのDF練習のときにNORIが捻挫をしてしまいました。

まだよくわかりませんが、大事には至らないと思います。



ケガに対して僕が思うことは「しょうがない」。

ケガをしようと思ってやる人はいないし、ケガをさせようと思ってやっている人もいないと思う。

集中していなくてしてしまったケガなら僕は容赦なく怒ります。

でも集中して起こってしまったケガは「事故」だから本当にしょうがない。

誰も悪くない。



大切なのはケガをしたあとだと思う。

「痛くない」といってプレイするよりも、まず治すこと。

目の前の練習に参加したい、みんなに迷惑かけたくない気持ちもわかる。

でもみんな試合に向けて練習している以上、チームにとって何がベストなのか、しっかりと考えるべきだと思う。

周りのひとも同じ。

一番怖いのは連鎖的に怪我をすること。

昨日はケガをする前とした後、まったく雰囲気が変わってしまいました。

2対0が終わる頃には持ち直していましたが・・・。

去年までだったら最後まで沈んだ空気のままでしたが、よく持ち直したなと思います。



そして最後の4対4。

やるかどうか迷ったけど、いいゲームでした。

お互いOF、DFともに真剣にやれていたと思います。

結局6対6のスコアでしたが、その得点のすべてがいいプレイでした。


昨日のような空気をかえるにはどうすればいいのか・・・これからの僕自身の課題ができました。


昨日は体調が悪く・・・ちょっと気合が足りませんでした(泣)

みんなは「機嫌悪そう」と思ったかも・・・。



理由は・・・

昨日の練習は久々に女子だけで4対4のゲームをした。

Aチーム(YAYO・SAE・ASA・SACHI)とBチーム(NAO・SEI・NORI・TUNE)でしたが、結果はBチームの大勝

スコアはたしか26対4かな?

なぜこんな差がついたのでしょう。

分析してみると、まずはOF。決定的な違いはシュートの本数

Bが20本弱に対してAが4本か5本くらい。

この差は何から出てくるかはいい態勢でボールがもらえているかどうかだとおもいます。

DFの話にもなるけど、Bは1線から当たってプレッシャーをかけていました。

それに対してAは、ドリブルからOFを作っている状況が多かった。

だから・・・まわりがパスコースを作る動きをしない
           ↓
      プレッシャーがキツイ
           ↓
      ドリブルで逃げる
           ↓
      トラップに捕まる
           ↓
      パスが悪くなりカットされる
           ↓
          速攻


という悪循環に陥っていた。

C部学院に負けたときと同じパターンでしたね。

ああいうときは1人で頑張りすぎないで、まずスクリーンをしっかりとかけてもらって、45度でミートをする

シンプルにシュートでもいいし、2対2の形を作れるようにスペースをあける。

3対3の形からUCLA使っても良かったしね。

そしてなによりドリブルを少なく

ドリブルを多くしてカットされるよりも、5秒になってもいいからしっかりとキープすることが大事。

Aはとても悔しい思いをしましたね。

その気持ちを大事にして、次の練習にのぞめば昨日の負はいい経験になるはずです。

逆にBは「なぜ勝ったのか?」

それを考えることでいいイメージで次の練習にのぞめると思います。


昨日はAチームの本気で悔しそうな顔を見れました。

それだけでもこのチームにとってはすごくいい練習内容だった気がします。



昨日の練習@豊通緑体育館

61e05b58.jpg昨日は大学の体育館が行事のため使えなかったので、豊通の体育館で練習。

エアコンが効きすぎてましたが、いい練習ができました!

かなり長い時間使えたのでいろんなこと(DFや2対0)の確認が細かいところまでできたと思います。

ゲームではお互いの持味、白はCの合わせや1対1、黒は早い展開とDFからのブレイク。

昨日はSAEのシュートがよかった。
あとは声をもっと出してコントロールとボール運びのミスをなくすこと。

そしてNAOとYAYOの2メン速攻。
なんどかパスミスでチャンスを逃していた。

ああいう細かいところをもっと全員で話し合って突き詰めていけるといいですね。

練習が終わったあと、大学の同期のトモヤとメシに行ってきました。

いろいろ考えてることを話せて楽しかったです!

最近は…

最近は中学生のレイナちゃんやC女大のTUNEのおかげで、少なくても8人はいる状態です。

やっぱ多いといい練習ができて楽しいです。

自分自身もみんなが楽しそうにやっているので、すごく教えがいがあります。

自分が練習しているわけではないけど、練習いくのが楽しみです。

キツイ練習が多いけど、みんなもそうじゃないかな?と思います。


今日の練習は最後に4対4をやりました、よくできていたと思いますが…。

あえていうなら、ガードがもう少しコントロールして欲しかった。

Gが二人、Cが二人だから2ガードになったときに45度でもらうのは?ということになります。

トップからポストにどうやってボールを入れるかよりも、どうやって45度で簡単にボールを持たせることができるか。

そういうことが指示できるといいです。

これからの練習とゲームでだんだんできるようになって欲しい。

あとは全員、簡単なシュートはきちんと決める!

ランシューなんかももっとスピードつけて、ゲームライクにやらないと。

ゲームライクにやってレイアップを外すならわかるけど、普通に外しててもなにも残らない。

細かいことだけど、意識してみるといいかもね。

成長期

昨日の練習は、いつもよりは人が少なかったですがいい練習ができました。

キツイ練習で、人がいなくても自分たちでしっかりと声を出しているし、きちんと考えながらできているようです。

技術的にも、練習のねらい目がわかってきていてOF・DFともにいいプレイが良く出ています。

とくによかったと思ったのは、ASAとSEIの2対2のときのDF。

スイッチアップのタイミングやポジションがとてもよかったです!


みんな体力的にはかなりきつい練習ですが、それを乗り越える精神力が付いてきているように思います。

フィジカル&メンタルがいま成長期のようです。

今のまま成長することができたら・・・夏は、次のステージが見えてきそうです!

終わりました。

結果は…セミファイナル敗退。

いままで、僕を支えてくれたり、応援してくれた方々、本当にありがとうございました。

バスケを続けるかはまだわかりませんが、しばらく身体を休ませてやりたいなと思います。

食ったぁ…。

d8d74983.jpgお寿司いっぱい食べました。

計115皿。

出発

遅くなりましたが、昨日の練習について。

一昨日よりも疲れがあったようで動きが硬かったように感じたけど、全体的には流れもわかってきたみたいで、スムーズに進んでいきましたね。

ウイングの2対2のときは、もっと積極的に1対1を狙ってHELPに来させて簡単にシュート・・・というのが理想です。

コートが1/4しかないフリーの2対2と違うのでもっと広く。

ピックやカットインも流れのなかで使えるといいです。


気になったことが1つ。

みんなアイシングはきちんとやったほうがいいですよ。

特に今は運動量がハンパないので、ヒザや足首にかかる負担は相当なものです。

ケガをしないため、次回の練習に疲れを残さないためにもしっかりやりましょうね!


さて・・・明日はプレーオフなので今から金沢に向けて移動です。

頑張るべ〜!

納得

今日から、春に向けて本格的な練習。

まずは、DFの足を作ることが目標。


今日の練習は…なんというか…。

一言でいえば『よかった』。

僕がコーチになって3年目だけど、今までで一番『よかった』。

なにがよかったのか、というと内容よりも選手たちの『気持ち』というか『心構え』というか。

ああいうときはキツい練習をしても声が出るし、えてしていいプレイも出る。

ミスがあっても次に生かせるミスになる。

いやぁ〜ほんと明日試合だったら絶対勝ってたなってくらいよかったです。

普段あんまり誉めないけど(笑)みんなよくがんばりました!
Profile
コーチ K・K
同朋大学体育会女子バスケットボール部
「SQUIRRELS(スクァレルズ)」のコーチをしています。
1980年9月20日生まれ(28歳)。A型。

カウンター
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ