SQUIRRELS コーチ日記 〜Sky’s The Limit〜

同朋大学女子バスケットボール部の練習の記録です。

2008年04月

IH予選(地区)結果

現在、チームは少しのオフとなっていますが、高校生は熱い戦いを繰り広げております。

個人的に応援しているチーム(卒業生がうちに来ている)の結果は・・・というと。

<愛知県予選(名南地区)>
優勝・桜花学園
準優勝・星城(☆)
3位・名女大
4位・名経大高蔵

<愛知県予選(名北地区)>
優勝・愛知商業
準優勝・愛知淑徳
3位・聖霊
4位・至学館(☆)

<富山県予選>
優勝・高岡第一
準優勝・龍谷富山
3位・桜井
4位・高岡西(☆)


なかなかいい成績を上げております。


愛知県大会はうちの体育館で行われるのですが、西日本大会とかぶってしまい、観戦できなさそう。

せっかく近くでやるのにもったいない。

観戦

次年度のリクルートのために、愛知県のIH予選を観戦。

大学生に比べ、あまり身体の強さを感じないものの、シュートがよく入り、よく走る!!

何よりも元気が良い!

春のトーナメント@1回戦

本日は新チーム初の公式戦。

相手は中京女子大学Cチーム。

結果は131対15で完敗。

第1Qは19点に抑えてプランどおりだったが、OFで0点。
なんとかボールを運び、ゲームを作ろうとするが、簡単なゴール下のシュートが入れられない。

第2〜4Qは、プレッシャーがきつくなり、フラッシュからの展開に持ち込もうとするが、フラッシュのタイミングが悪く、ドリブルが多くなり、結果バックコートにスペースがなくなり、引っ掛けられてターンノーバー→速攻に行かれる場面が多くなる。

点差はともかく、自分たちが練習で取り組んできたバスケットを表現しようとしてくれた。

ソラは、ファールにはなったもののボックスアウトを徹底。
トモは、ボール運びにストレスを感じていたが、DFをやりきった。
サチは、最後まで声を出した。
アヤは、まだまだ軽いプレイが多かったが後半は見違えるようなOFを見せてくれた。
ノンは、積極的にボールに絡みに行った。

他の選手たちも同じ。


しかし、結果は負け。


これが私の力、現在の力。

チームを勝たせることができなかった。

選手たちが、「これは絶対に負けない」というものをつかませてやりたい。


GW明けまでチームはしばし休息です。

みんなお疲れさま。


今回のゲームはOGが多く駆けつけてくれました。
みんなありがとう。

いろんな人たちに支えられているなぁと感じた日でした。

18日の練習

本日は春のトーナメント前最後の練習。

*オールコートでレイアップ
*ストレッチ
*2組に分かれてのシュート
 ・GとFは、コーナー、ウィング、トップの5箇所から3P
 ・サチ、ソラはリバウンドからの1対1
*パスラン
*2対2
*セットプレーの確認
*自主練


今日は最後の練習・・・だというのに終わり方が非常に悪い。

経験上、こういう練習をした翌日は大体が良くないゲームになる。

セットプレーはうちが唯一点を取れるかもしれないシュチュエーションなのに、笑顔でゴール下を外す選手、動き自体理解していない選手、スクリーンをかけれない選手・・・必死さが伝わってこない。

リラックスするのと、ふざけているというのはわけが違う。
・・・と思っているが、私の選手に対する理解が不足しているから??

あれで集中して練習しているのかも知れない。

うーん、どうなんでしょう(笑)



まぁ、とにかく明日です。

14:00から名古屋市体育館でティップオフです。

みなさん見に来てくださいね。

17日の練習

本日は8名参加。
サトミは6限のため、遅れて参加。

*レイアップ(オールコートで)
*ストレッチ
*ゲームフットワーク
*パスラン
*クローズアウト
*1対1
*ウイングサイドDF
*2組に分かれてシューティング
・サチ、ソラはリバウンドから1対1
*2対2
*スローインプレイの確認
*自主練習


主体性のないプレイにパスは意味がない。
プレイに明確な意図を持たせることで、今やっているパスランは非常に良いものになっていく。
せっかくパスランで「スペース」を意識できたのに、2対2で忘れてしまったら意味がない。

自信のない顔には自信のないプレイがもれなくついてくる。



16日の練習

本日は名女大と合同練習。
7名参加。
サチは体調不良、サオはリハビリのため欠席。

18:30 名女大に到着
19:00 ゲームアップ

*ペイント内シュート
*ゲーム(10分×2本)

DFとの駆け引き、身体の裁き方など非常に勉強になりました。
仙波先生ありがとうございます!

ゲームは・・・何も得られない内容だった。

とにかく、週末は試合。
切り替えていきたい。

14日の練習

本日は7名参加。
同期の智弥が参加。サオはリハビリ、サトミは遅れて参加。入部希望者1名参加。

*ハンドリング
*壁キープ
*ストレッチ
*ゲームアップ
*サークルDF
*ポジション(ひし形)
*クローズアウト
*クローズアウト1対1
*スタターステップシュート
 ・マジックジョンソン
 ・アイバーソン
*ウイングサイドDF
*2対0
*2分間シューティング(シューター&リバウンダーに分かれて)
*2対2
*5対5
 ・スタート候補組(サチ、ノン、ソラ、トモ、アヤ)vs残り(K、智弥、ナオ、サトミ、ミキ)

気分転換に個人技のメニューを追加。
C陣はFtoFでアウトすることを徹底。


12日の練習

本日は12:00より愛産大三河高、常滑高、同朋高と練習ゲーム。
7名参加。新入部員が参加。サトミは体調不良により休み。

全体的な内容としては、パスランの練習を始めてから2週間あまりだが、「パスを散らして攻撃する」という意識は見えた。
しかし、パスをもらう前に状況判断を徹底できないため、余裕がなく、次のプレイまでに時間がかかり、結果的にとまってしまうこともあった。

リバウンドが取れ、攻撃までがスムーズに行った場合、シュートが入る入らない関わらず、次のDFはよくなるが、そうではない場合に、歯止めがきかない。

やはりリバウンドか・・・。

正直、今のC陣ではリバウンドの確保は難しい。
だがC陣がボールを取れないまでも、ボールに絡んで、ルーズボールにしてくれたらまだ可能性はある。

*課題
サチ・ソラ→モチベーションの向上
トモ→ドライブが止まったあとの視野の持ち方
アヤ→DFのときの手の使い方と、OFのときのボールのもらい方
ノン→1対1できっちりと守りきれる足を作ることと、パスの質の向上
ミキ→バスケットに慣れること


練習はあと4回。


西日本、夏につなげるためにも「自分たちのバスケット」とは何なのかを確立していきたい。

10日の練習

本日は7名参加。

*ハンドリング
*壁キープ
*ストレッチ
*ゲームアップ
*サークルDF
*ポジション(ひし形)
*クローズアウト
*クローズアウト1対1
*ウイングサイドDF
*2対0
*3分間シューティング(シューター&リバウンダーに分かれて)
*2対2
*4人のパスラン(10カウント後フリー)

久々に1対1、2対2に参加しましたが・・・肺が痛い(泣)。
無理は禁物です(笑)

教えてもらえることに甘えすぎてはいけない。
「聞く」姿勢もバスケットマン、社会人として大事な要素である・・・と思いますよ、お嬢様方!!

練習後に、西日本選手権用のパンフレットの写真を撮影。

みんないい顔しています。
この顔を練習中に見たいなぁ〜!

集合写真集合写真2

9日の練習

本日は6名参加。
サオとノンはリハビリのため、遅刻。

*ハンドリング
*壁キープ
*ストレッチ
*ゲームアップ
*サークルDF
*ポジション(ひし形)
*ウイングサイドDF
*2対0
*3分間シューティング(シューター&リバウンダーに分かれて)
*2対2
*4人のパスラン(10カウント後フリー)


「壁キープ」をやり始めて半年が経つが、いまさらやる意味を説明しなければいけなくなるとは・・・。
意識が低いとしか言いようがない。
1年生は仕方がないとしても、2,3,4年生は?


全てについてそうだが、フリーになってしまうと、途端に動きのスムーズさがなくなってしまう。

「それ」しかできない動きでは、「それ」が止められたときにプレーが終わってしまう。
実戦では通用しない。

「応用」が利く選手にならないといけないが、まだまだイメージがつかめていない。
応用が利く選手とは、ジョイントがしっかりしている選手であって、シュートがうまい、パスがうまい・・・そういう選手ではない。

「引き出し」という言い方を私はよくしているが、その「引き出しの多さ」と「引き出し」を選ぶスピードが優れている選手が応用が利く選手だと思っています。

現在のOFでの練習はそこに重点を置いています・・・が、まだまだです。




7日の練習

体調を崩していまして、今日から復帰(様子見)です。

まずは休んでいたときのことから。

4月4日(金)
遠征のときから体調は悪かったものの、余裕をかましていたら、朝からすこぶる調子が悪い。
とりあえず仕事を休んで、寝ていたが悪くなる一方なので、何年かぶりに病院へ行きました。
肺炎と診断され、今まで出したことのないような温度が身体から検出される。
ふらふらになりながら、抗生物質と熱冷ましを打たれて朝方帰宅。

4月5日(土)
名古屋女子大学と高校生との合同練習の予定だったが、参加できず無念。
布団の中で、新しい練習を思案。

4月6日(日)
参加しているクラブチームの大事な試合があり、応援だけでも参加しようかと画策していたが、妻の「もし行ったらわかってるよね」の一言で撃沈。
夜、柔道のオリンピック代表の決まり方について、議論する。

4月7日(月)
肺炎という診断だったので、大事をとってもう1日休み。
しかし、試合が近いので静止を振り切り部活へ。

*ハンドリング
*壁キープ
*ストレッチ
*フットワーク
*サークルDF
*足の運び方(ひし形になって)
*クローズアウト
*1対1(クローズアウト)
*ウイングサイドディナイ
*2対0
*2対2
*4人のパスラン
*5分間シューティング(2組に分かれて)



何かをしながら、何かができる人はいいプレーヤーになれる。
名古屋女子大学に行って何かを掴んできたのか、非常にいい顔の選手がいた。
体調管理に気を使うこと(笑)


入学式

6fb9a545.jpg本日は入学式でした。

我が部には今年、3名の新入生が入部しました。

右から、アヤ・トモ・サオです。
3名とも、卒業生、在校生に負けず劣らずの個性派揃いです(笑)
Profile
コーチ K・K
同朋大学体育会女子バスケットボール部
「SQUIRRELS(スクァレルズ)」のコーチをしています。
1980年9月20日生まれ(28歳)。A型。

カウンター
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ