SQUIRRELS コーチ日記 〜Sky’s The Limit〜

同朋大学女子バスケットボール部の練習の記録です。

2010年04月

vs至学館大学A

本日は東海学生バスケットボールトーナメント2回戦 vs至学館大学A。

同朋大学 45(11-21・15-17・9-20・10-20)78 至学館大学A

昨年度トーナメントベスト8、リーグ戦2部4位の相手にどこまでくらいついていけるか。「野望」をもって挑戦していけ!と伝えた。

立ち上がりはどちらも重く、なかなか点の入らない時間が続いたが至学館のシュートが入り始め、ゲームが動き出す。シュン、アン、シンのアウトサイド陣が思い切りよくシュートを打っていたため開始5分はペースで試合が進むも、やはりターンノーバーから走られてしまい、1Q終了時に10点差。
2Q開始後もOFで足が止まってしまい1対1のみの単発なOFとなってしまう。
その後連続で得点を許し最大20点差をつけられる厳しい展開だったが、ユウの横のミスマッチから流れをつかみ猛追。一次2点差まで詰め寄るが簡単なゴール下のシュートが決めきれず前半終了時に12点差。

3,4Qは流れがつかめそうなところでミスを連発してしまい、終盤オールコートでDFを展開するも、至学館のGにきちんとコントロールされ終了。

<メモ>
・負けはしたが、いいゲームだったと思う。
・1回戦で出た課題「ハンズアップ」「ローテーション」はある程度合格点を出せる。
・5対4を作り出すための1対1を行ないたかったが、結果的には1対5を作り出す結果となってしまった。そうさせないためにはオフボールの選手が1対1を行なうこと。みているだけでは始まらない。
・もっとUCLAの動き、逆サイドのバックスクリーンなど試したかった。
・DFに粘りが足らない。1度やって終わりでなくマイボールになるまでDFは続く。
・OFへの切り替え。


試合後のミーティングで泣いている選手が何人かいた。
各上とはいえ良いゲーム、何かを掴んだ、「悔しい」と思えた証拠だろう。
その気持ちが本当であれば西日本や夏、いい結果が望めそうだ。

負けはしたが、選手たちは本当に良く戦ってくれた。
特にC陣。セカンドチャンスを与える場面は多くあったが、カバーやスクリーンアウトで頑張ってくれた。
2年生が実習で抜けている中、3年生が気持ちで引っ張ってくれたのも大きい。

これを糧に、西日本でサプライズを起こします。

26日の練習

本日は9名参加。
アン、セツは欠席。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*ラダートレーニング
*3人のパスラン
*△パス
*スタターからレイアップ
*2ガードパッシングダウン
*ボールマンDFドリル各種
*ディナイDFドリル
*スクリーンアウトドリル
*ウイングポジション1対1
 ・3カウントピボットから
*3対3(コート1/4で)
*4対4シェルDF
*3対3
*自主練習

<メモ>
・現時点のローテーションは台形内で行なう。
・ぺネトレイトからのゴール下への合わせのプレイはされたくない。
・ボールマンの視野の方向(ボールサイド)は強くDF、視野から外れた方向(ヘルプサイド)はリラックスしてヘルプを見る。
・本当なら今すぐゲームを行ないたいほど調子の良い選手が居るが…なかなか上手くいかないのが人生(笑)

24日の練習

本日は9名参加。
キラ、セツは欠席。
午前、昼と全員で東海学生トーナメントを観戦。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*ラダートレーニング
*3人のパスラン
*△パス
*スタターからレイアップ
*2ガードパッシングダウン
*ボールマンDFドリル各種
*ディナイDFドリル
*スクリーンアウトドリル
*ウイングポジション1対1
 ・3カウントピボットから
*3対3(コート1/4で)
*タップ→5メン
*自主練習

<メモ>
・小さなミスが続くと、どうしても間が延びたような練習になってしまう。
・気持から出たミスなのか、技術的に足りないから起きたミスなのかをはっきりとさせなければ、成果はでにくい。
・1回戦で起こったファールはほとんどがボールマンへのDFから。ハンズアップでまずシュートの制限→ドリブルorパスをさせる…と選択肢を削っていくようなDFをしていきたい。
・やっとボールマン、ディナイの考え方が浸透してきた。急ピッチではあるが来週はローテーションの方法をやりこみたい。

22日の練習予定

本日は9名参加。
Aコーチは欠席。
キラは体調不良、セツは所用により欠席。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*ラダートレーニング
*△パス
*ハーフコート2メン各種
 ・チェスト
 ・バウンズ
 ・ビハインド
*スタターからレイアップ
*2ガードパッシングダウン
*ボールマンDFドリル
 ・バックステップからショートコーナーへ
 ・ヘルプ&リカバー
*ディナイDFドリル
*スクリーンアウトドリル
*ウイングポジション1対1
 ・3カウントピボットから
*3対3(コート1/4で)
*タップ→3メン
*タップ→5メン
*自主練習

<メモ>
・昨日とは打って変わっていい雰囲気で練習できた。
・野望を持って練習、試合に臨む。
・1回戦の課題、ハンズアップの意識の徹底。
・相手がどこまでDFしてくるのかを判断してターンやステップで対応する。

週末は名古屋市体育館へトーナメントを観戦予定。

*むらさきトリオ(笑)むらさき

21日の練習

本日は9名参加。
Aコーチは欠席。
キラは体調不良、セツは所用により欠席。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*オールコートドリブルシュート
*2メン各種
*△パス
*スタターからレイアップ
*2ガードパッシングダウン
*3対3(コート1/4で)
*3メン(1−6・2−3・3−3・1−3)
*タップ→5メン

<メモ>
・明るくやるのはいいがメリハリが大事。
・そろそろいろいろな意味で中心となる選手が出てきてほしい。
・1回戦で出た課題をどこまでつぶせるか。

厳しいことを言ってしまったが…。
まとめるべき学年がいない以上はまとめるべきポジションの者がまとめるしかない。


新しいメンバーの紹介。
☆水谷 美葵(メイ)・修文女子高校・F・社会福祉学科(子ども学専攻)

vs岐阜経済大学

本日は東海学生バスケットボールトーナメント初戦、vs岐阜経済大学。

同朋大学 79(18-13・20-17・23-20・18-9)59 岐阜経済大学

スタート:#4イツ・#5ナル・#8キラ・#10ヨウ・#12シュン

出だし、緊張からか硬くなってしまったがヨウ、ナルのゴール下シュートからリズムをつかむ。
しかしDFのプレッシャーが弱く、1対1から得点を許される展開。
ハーフコートまでの早いボールプッシュ、DFでの制限を指示するがなかなか徹底されず、点差が開かない。
第3Qでスタートに戻すが相手の勢いに飲み込まれ逆転。
しかしそこから、自分たちで建て直し再逆転。
第4Qは相手の足がなくなってきたところで、ルイの1対1で点を積み、最後は20点差での勝ち。

新チーム初戦での初勝利をあげました。


<メモ>
・なかなかギアをあげることができなかったが、交代したメンバーがきっちりと仕事をしてくれたため、大きく崩れることは無かった。
・第3Qで逆転されたときにタイムアウトの請求を考えたが、自分たちで考え何とかしよういう意識が見えたため、請求をしなかった。結果は・・・いい方向へ。こういう成功が次への結果を生んでいく。
・調子が悪いなりにチームに貢献しようとした選手が壁を打ち破るきっかけをつかんでくれたように思う。
・やはり流れが悪くなる原因は1つのターンオーバーから。今回はそれがうちの流れになりそうなときに起こってしまったため、全体的にのらりくらりとなってしまった。



いろいろ課題は多いですが、何とか初戦をものにしました。
応援に駆けつけてくれたOG、名古屋女子大のみんな、保護者の方々、ありがとうございました。

次は29日(木)昨年度2部4位の至学館大学が相手です。

現状は100対30で負ける相手。
何とか噛み付いてやろうと思います(笑)




団結力

b75463cf.jpg三年生からいただきました。

三人で一生懸命作ったそうです。

これで怖いもの無し(笑)

17日の練習

本日は全員参加。
Aコーチは欠席。

13:30より同朋高校と練習ゲーム。
10分ゲーム×8本

<メモ>
・出だしがすべて。
・バランスを取る=スペースを取りすぎるではいけない。自分にいかにマークをひきつけるかの駆け引きも大事。
・ボールマンに対して3つのプレーの選択肢を与えない。ハンズアップでシュートを、距離でドリブルを、2線のディナイでパスを…というふうに制限していく。
・シュートを外した後のファールは最悪。チームにとっては何もプラスにならない。
・オールコートでのDFの勢いをそのままセットOFに持っていかない。メリハリをつける。
・2−2−1からのピックアップは課題。このままでは長い時間使っていくことができない。


いよいよ明日、新チームの初戦。
なんとかいい勝負をして、見ている人たちを感動させるようなゲームにしたいと思う。

選手たちにメールを送った。
「明日、良い顔で会おう。」

集合写真

13日の練習後に西日本選手権のパンフレット用に集合写真を撮影しました。

なかなかの美人揃い(?)で…。

えぐざいる集合2






集合maguro

15日の練習

本日は全員参加。(キラ、セツは6限のため遅れて参加)
Aコーチは不参加。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*サークルドリブル各種30秒
*△パス
*スタターからレイアップ
*2ガードパッシングダウン→ダミーDFを置いてプレイ
*3対3(コート1/4で)
*2組に分けシューティング(3分)
*タップ→3メン

<メモ>
・まず自分の1対1を判断。
・タイミングを正確に。
・行動がまだまだ遅い。
・練習前半のファンダメンタルの練習をきちっとやらなければ、応用は効かない。
・インサイドの選手たちに余裕が欲しい。

全体的に声が良く出ていていい練習だったように思うが…まだまだ。
練習はあと2日間。
消化不良のないように練習していきたい。

初戦まであと3日。


12日の練習

本日は全員参加。(キラ、セツは6限のため遅れて参加)
Aコーチは不参加。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*サークルドリブル各種30秒
*△パス
*スタターからレイアップ
*ミートシュート
*リバウンドシュート各種
*2メン各種
*タップ→3メン
*ボールマンDFドリル
 ・バックステップからショートコーナーへ
 ・ヘルプ&リカバー
*ディナイDFドリル
*スクリーンアウトドリル
*2対0各種(両サイドで)
*3対3(コート1/4で)

<メモ>
・相手もコントロールしたいが、その前に自分のコントロール。
・ボールをミートする前の判断、した後の判断は非常に大切。
・自主練習をもっと大切に。
・応援されるチームとはどんなチームなのかを考える。そうすれば長い時間はかかっても強いチームとなる。
・うちしかできないバスケットを目指す。

初戦まであと7日。

10日の練習

本日は全員参加。
イツ、セツは代表者会議出席のため遅刻。

14:00集合
15:00より練習ゲーム(高校生3チーム、名古屋女子大学)

<メモ>
・久々のゲーム形式だったが、怪我なく済んだ。
・名女大との1ゲーム目はとてもいいゲームだったが…やはり格上のチームと戦う時の心構えができていないと感じた。
・長いパスを的確に出せるGがいるチームには今のゾーンプレスでは少し不安が残るが…。
・OFでのスクリーンを1つ1つしっかりと使うこと。
・ボールマンの特徴を掴みDFをする。

初戦まであと1週間。
講義も始まり、忙しい時期と重なってしまうが各自学生として講義、選手として練習に集中して臨むこと。
普段の生活からきちんとできない者は練習、試合もできない。

今週・来週の予定

今週、来週の予定

7日(水)…通常練習
8日(木)…通常練習
10日(土)…練習ゲーム(午後)
12日(月)…通常練習
14日(水)…通常練習
15日(木)…通常練習
16日(金)…自主練習
17日(土)…練習ゲーム(午後)
18日(日)…東海トーナメント1回戦vs岐阜経済大学@至学館大学13:30〜
19日(月)…自主練習
21日(水)…通常練習
22日(木)…通常練習
24日(土)…通常練習
26日(月)…通常練習
28日(水)…通常練習
29日(木)…東海トーナメント2回戦vs(おそらく至学館大学A)

入学式

7067e399.jpg本日は入学式。

我が部の5人も無事に大学生となりました。

うちは真宗大谷派の大学なので、式典は仏式で行われます。
みんな少しびっくりしていましたね(笑)

何はともあれ、みんなおめでとう!

画像はヨウ、シュン、ルイ。ナル、ユウは高校へ挨拶のためいませんがビシッと決めてます。

2010年度新入部員

今年は5人が入部。
確定ではないですが現時点であと1名が入部希望ですが、その子は確定後に。

<氏名(コートネーム)・出身校・ポジション・学科専攻>

☆青山 霞(ルイ)・同朋高校・GF・社会福祉学科(ヒューマンケアコース)

☆五十川 文菜(ナル)・清林館高校・CF・社会福祉学科(子ども学専攻)

☆成田 裕美(シュン)・名経大高蔵高校・PG・社会福祉学科(子ども学専攻)

☆森 春菜(ヨウ)・同朋高校・C・社会福祉学科(子ども学専攻)

☆安田 奈央(ユウ)・清林館高校・GF・社会福祉学科(子ども学専攻)

いい選手たちが集まってくれました。
彼女たちが何か成し遂げることができるように手助けできたらと思います。

月曜は入学式。
みんないい声で返事してな!!


3日の練習

本日は全員参加。

*ランニング
*壁キープ
*ピボット
*ストレッチ
*サークルドリブル各種30秒
*△パス
*スタターからレイアップ
*ミートシュート
*リバウンドシュート各種
*2メン各種
*タップ→3メン
*ボールマンDFドリル
 ・バックステップからショートコーナーへ
 ・ヘルプ&リカバー
*ディナイDFドリル
*スクリーンアウトドリル
*2対0各種(両サイドで)
*2対2
*3対3(コート1/4で)

<メモ>
・DFは積極的に圧力をかけれるようになってきた。
・大事なのは「判断力」。
・まずは1対1で負けないこと。プレッシャーに負けていては、いいパス、いいシュート、いいドライブはできない。
・何度DFをして集中力が切れた状態にするのではなく、まずOFの後の最初のDFを集中してやる。

2日が新入生の誕生日だったため、練習後にケーキを贈るサプライズ。
泣くほどうれしかったようです(笑)

月曜は入学式。
Profile
コーチ K・K
同朋大学体育会女子バスケットボール部
「SQUIRRELS(スクァレルズ)」のコーチをしています。
1980年9月20日生まれ(28歳)。A型。

カウンター
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ