SQUIRRELS コーチ日記 〜Sky’s The Limit〜

同朋大学女子バスケットボール部の練習の記録です。

2010年09月

閉会式



閉会式の様子です。

若干遠いですが(笑)

中央の紺色の集団がわがチームです。

順位決定トーナメント・3位決定戦

本日は順位決定トーナメント3位決定戦。

同朋大学 74(15−7、12−6、30−8、17−18)39 名古屋大学

戦評はこちら

<メモ>
・前半は爆発するきっかけのところで簡単なミスが続いてしまい、なかなか波にのることができなかった。
・相手がどうのこうのよりまず自分たちのやってきたことをやらなければ。
・後半はベンチメンバーがアピールし、前半以上の出来。DFは締めることができずにOFリバウンドから失点を許してしまったが、チームの流れ、パスの流れは良かった。
・しかしながら簡単なシュートを落としすぎ。
・ヨウ、ナルの1年生C陣がリバウンドを支配してくれたため、いいリズムで速攻を出すことができた。
・停滞しているところでのフォーメーションの使い方。

今シーズンの最後の公式戦となったが、プレイではなく、雰囲気が最悪なゲームになってしまった。
要因は自分勝手な判断をしてチームの和を乱す選手たちがいたことから。

そういう選手、スタッフが上級生にいるのだから下級生ができるはずがないと思うのだが…。




ともあれ、3部3位という結果になりました。

優勝&入れ替え戦を目指したシーズンでしたが、あと1歩及びませんでした。

応援していただいた方々に感謝です。

24日の練習

本日は全員参加。

私は仕事のため、19時からの参加となった。

明日はいよいよ3位決定戦。

必ず勝って終わります。

20日の練習

本日は午前中は清林館高校にて試合観戦。
午後は春日丘高校にて練習ゲーム。

*vs藤枝順心高校 10分ゲーム×3
*vs長野大学   10分ゲーム×3

前日の事もあり、モチベーションに心配をしていたが、3年生が良く声を出し引っ張って行ってくれていた。

本当に精神的に強くなってくれたと感じた。

ゲームの内容も長野大学に負けはしたものの、ルイ、アン、ナルが踏ん張り言い勝負ができた。

順位決定トーナメント準決勝

本日は順位決定トーナメント準決勝。

相手は名古屋学院でした。

同朋大学 59(7-30、19-21、19-16、14-15)82 名古屋学院大学

戦評はこちら

<メモ>
・第1Qの停滞。これがすべて。
・ボール運びに対してプレッシャーをかけだしてからは、ペースは五分だったが…。
・ボールマンのプレッシャー、ゴールラインディナイ、ペイントエリアへのバンプ。練習していたのだが「やっているだけ」で終ってしまった。
・うちの選手たちの能力を考えれば、必ず勝てていた相手だが私の経験不足と判断ミス。





一年間、これだけのためにやってきましたが、残念ながら負けてしまいました。

応援してくれた方々、期待をしてくれていた方々。

本当にありがとうございました。


負けはしましたが、チームの考え方、姿勢がいろいろな人たちから評価されたからこそ、あんなにも大応援の中で試合をすることができたのではないかと思っています。

だからこそ勝ちたかったですが…さすがにショックです。

しかし、まだまだ終わりではありません。

来週土曜の3位決定戦まで、しっかりと準備をして必ず3位になって勝って終わりたいと思います。

順位決定トーナメント1回戦

本日は順位決定トーナメント1回戦。
相手は南山大学。

同朋大学 103ー53 南山大学

快勝で準決勝進出を決めました。

内容はあまり良くはありませんでしたが、怪我をしていたヨウもこの試合から復帰。

全員出場で勝ちました。

明日の相手は名古屋学院大学。

強い相手ですが、必ず勝ち入替戦進出を決めたいと思います。

17日の練習

本日は全員参加。

*フリーアップ
*オールコートドリブルシュート
*5メンから3対2
*カバードリル
*シェルDF
*フォーメーションの確認

<メモ>
・予定よりも長く練習してしまったが、いい練習ができたように思う。
・うまくいかなくなる理由が必ずあるが、1つは指示された形をすぐに変えてしまうところになる。


明日はいよいよ順位決定トーナメント。

まずは昨年の忘れ物を取りにいってやりたいと思います。

富山遠征?

富山遠征2日目。

午前中はオフ。

3組に分かれて宿泊していたため、私とルイ・ユウ・シュン・メイは砺波市で行われていた車椅子バスケット日本代表の合宿の見学に行きました。

2年ほど前に東海北陸の国体予選のオフィシャルを同朋大学のメンバーで担当したことがあり、それ以来だったが、やはりJAPANは迫力が違う。

選手の方、スタッフの方とも少しお話をさせていただき、いい刺激を受けた。


午後は13:30〜、高岡商業高校へ。

10分ゲーム×6本

<メモ>
・フィジカルな相手に対しての自分たちの気持ちのコントロール。
・リバウンダーへのプレッシャーがきつく、速い展開への移行ができなかった。
・もう少しインサイドを使ってオフェンスを組み立てたかったが、1センターの形では逆にバランスが悪くなってしまった。
・5ゲーム、6ゲーム目は縦のドライブに対して、コースへのカバー。キックアウトのシュートに関しては「やらせる」という意図をもってプレイした。
・スタートのチームのリーダーがいない。キャプテン、3年生は出場しているが、出ているだけ。
・20点差ほどで終了したが、ノーモーションの3Pに対してもう少し対応ができた。

この2日間、いろいろな方々にお世話になりました。
急な申し出にもかかわらず練習ゲームを受けてくださった富山大学の竹林先生、高岡西高校の村先生、高岡商業の青木先生。

実現はしなかったが、見ず知らずの大学のために最後まで調整をくださった北陸学院大学の永山先生。

そして、今回の件で動いていただいた長谷川さん、泉さん。

本当に縁とは大事なものだなと感じた遠征でした。

皆さん、本当にありがとうございました。

このご恩は「優勝」という形で必ず報いたいと思います。





富山遠征

土日を使い、富山に遠征に行きました。

11日(土)
7:00 出発
9:30 富山大学到着
10:30 ゲーム開始
10分ゲーム×6本
13:30 富山大学出発
15:00 高岡西高校到着
15:30 スクリメージ開始
高岡西高校と8分×2本
福野高校と8分×2本
18:00 高岡西高校出発

〈メモ〉
・メンバーが抜けていたとはいえ、北信越の1部のチームに対してキラがいない状況で自分達のリズムでゲームを展開できたのは大きな自信になった。
・アウトナンバーのオフェンスと、フリースローの確率。
・縦の切られ方とコースへのヘルプディフェンス。
・ギャップの攻め。
・高校生とのゲームでは、ハーフマンツーとアローを確認したが、やはりローテーションが上手くいかない場面が多く見られた。
・シールからのオフェンスを指導。

一日目終了。



4日の練習

本日は全員参加。
私は同級生の結婚式2次会への出席のため、17時に帰った。

*フリーアップ
*オールコートドリブルシュート
*スタターからレイアップ各種
*ペイントアジリティー
*DFピストン
*スライドラン
*ボールマンDF
*ディナイDF
*1対1
 ・オールコート
 ・ピボットから
*タップからの3メン
*トレーニング

<メモ>
・どうやれば練習効率が上がるのか、無駄が省けるのか。練習間の10秒がもったいない。
・1対1の正対と懐。
・暑かったが、いい練習ができている。こういう状況でいかに追い込んで練習できるかが大事。



1日の練習

本日は全員参加。
シンは実習のため遅刻参加。
Aコーチは欠席。
名外大、愛大名古屋の学生が参加してくれた。

*フリーアップ
*オールコートドリブルシュート
*スタターからレイアップ各種
*ペイントアジリティー
*DFピストン
*スライドラン
*ボールマンDF
*ディナイDF
*1対1
 ・オールコート
*5対5
 A:シン・キラ・シュン・ナル・ルイ
 B:イツ・ユウ・サキ・マサエ
 *アンが負傷のため急遽私が参加。
*トレーニング

<メモ>
・勝ち抜いた5ブロックの代表であるという意識を持ち、協力してくれる仲間たちの分までいけるところまで行きたい。
・ボールサイドの展開からの逆サイドはいいスピードで見れるようになってきた。


久々にゲーム形式の練習に参加しましたが・・・。
みんな上手くなっています(笑)

Profile
コーチ K・K
同朋大学体育会女子バスケットボール部
「SQUIRRELS(スクァレルズ)」のコーチをしています。
1980年9月20日生まれ(28歳)。A型。

カウンター
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ