SQUIRRELS コーチ日記 〜Sky’s The Limit〜

同朋大学女子バスケットボール部の練習の記録です。

2016年03月

31日の練習

もう年度末。
いろいろと多忙を極め、体力的にも厳しい日々が続いています。

そんな中でも、練習ゲームが続く。

26日〜28日…カップ戦参加
30日…国際武道大学、皇学館高校、千種高校

<メモ>
・チームの出来としては3割から4割くらい。
・バスケットは5人(チーム)で戦うスポーツだと再度実感。
・新入生が合流し始め、約束事を教えることで手一杯な感はあるがそれでも来週にはゲームが始まる。お互いのコミュニケーションをとり、「考え方」を徹底できるかどうか。まだまだ同じ方向を向いているという感覚はないが…。「何とかなる」だろう。

3/17〜19受入合宿

3/17〜19で金沢大学の受入合宿を行いました。

金沢大学とは5年ほど前に富山で練習ゲームを行った程度の中だったが、今回受入をすることに。

合同練習ではなくすべて練習ゲームという形で行ったが、新入生が合流したてのうちと金沢大学とでは質が大きく違い、本当にいい練習になった。

<メモ>
・練習ではできているスタンスが、ゲーム形式になると途端にできなくなる。
・すべてのゲーム、勝ったには勝ったが…内容は疑問。
・早めに新入生を戦力として考えたいが、すこし時間がかかりそう。
・受け入れる立場ではあったが、こちらもいろいろな部分で新入生、2年生の勉強になったはず。大学生としてのチームへのかかわり方や、気を付ける部分が理解できれば何より。

いろいろな部分で、気の利かない状況や小さなトラブルがあったが、おおむねお互い怪我もなく終了。

太田先生、安田先生遠いところありがとうございました!
ぜひまた。

14日の練習

3月に入り、新入生も少しずつチームに合流しています。
今日から奈良・北海道の選手も合流。

動いていない時間が長かったせいか、コンディションが大学生と合わず残念。

春まではもう時間がないが、怪我のないよう体力を戻してほしい。

練習自体は3月に入り対人練習やオールコートを使ったもの、そして1・2部チームとの練習ゲーム。
1・2部チームとの差はあるものの、そこをどれだけ意識して練習ができるか。

いろいろあったチームも、現在は少しずつ上向きになってきている。
やはり1人1人の意識は大事だが、チームの中心となるべき人間に軸ができるとチームは変わってくる。

まだまだ結果はでない。

けれど、やり続けることで必ず結果は出る。

そう信じて、また練習。

今週は17日より受入合宿⇒OG戦⇒練習ゲームと続いていく。
アクシデントは心配だが、チームとして戦うために個人を強くしていくためには今の追い込みは必要。
Profile
コーチ K・K
同朋大学体育会女子バスケットボール部
「SQUIRRELS(スクァレルズ)」のコーチをしています。
1980年9月20日生まれ(28歳)。A型。

カウンター
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ