「マラソンランナーへ365の質問」という素晴らしいブログサイトがあります。
http://blog.livedoor.jp/honyaraka/
サブスリー・ネットという、マラソンで3時間切りを意味する「サブスリー」をメインテーマとした、市民ランナー同士のコミュニティサイトを運営してらっしゃるほにゃらかさんのサブコンテンツです。

一日一問、ランナーへの質問の投げかけに対して、読者がコメントなりトラックバックなりで回答するといった内容です。これはとんでもなく凄い可能性を秘めた試みではないかと思います。より多くのランナーの意見を集めることによって、膨大な市民ランナーのデータベースが出来上がるのではないでしょうか。

市民ランナーは人それぞれ。いろんな考え方があり、いろんな目的で走っています。そんな人それぞれの世界を垣間見ることによって、よりランニングの世界が広がって行く予感がします。私はブログを持っていますので、トラックバックという形で参加したいと思っています。

というわけで、質問その1。
「走り始めたきっかけを教えてください」
ズバリ「ホノルルマラソンを完走したかったからです。」ミーハー(笑)

私が走り始めたのは1993年の1月です。
当時私は社会人一年目で、システムエンジニアとして超多忙なプロジェクトに関わっていました。しばらくして、仕事だけの毎日が何だか虚しくなってきました。そのプロジェクトが終わって次のプロジェクトへ移ってからは、生活に少し余裕が出てきたので、元々身体を動かすのが好きだった私は、とりあえず家の近所を走ってみることにしました。

私が高校生の頃、芸能人がホノルルマラソンを走るのがちょっとしたブームになっていて、ドリフターズやとんねるずらが走っているのを見て、一度はフルマラソン42.195kmを走ってみたいなという好奇心が漠然とありました。
大学進学のために大阪へ移り、「鶴瓶上岡パペポTV」で上岡龍太郎さんがランニングを始めてホノルルマラソンを完走したと聞き、再びマラソンへの関心が高まりました。
世の中にはフルマラソンを走ったことのある人間と、走ったことのない人間の二種類がある。自分はフルマラソンを走ったことのある人間になりたいと思ったのが、走り始めたきっかけですね。