IMG_5188.JPG

通販で注文した「無水クエン酸」が届きました。粉末状で1kgあります。

クエン酸は疲労回復に効くと言われています。

疲労は、血液や体液の酸化が引き起こすとされています。
身体に溜まった乳酸が血液を酸性に汚します。

身体が健康でストレスが少なければ、体内で発生した乳酸は肝臓で糖に変換され、エネルギーとしてリサイクルされます。

しかし、栄養不足だったり、睡眠不足だったり、運動不足だったり、労働過多だったり、強い精神的ストレスを受けていたり、過酷な環境に身を置いていると、乳酸が大量に発生するため処理が追いつかず、乳酸がどんどん蓄積されていきます。

その乳酸の酸毒が血液や体液を酸化させ、あらゆる慢性疾患を引き起こします。多くの腰痛や肩こりも、筋細胞の酸化が筋肉のロックを引き起こすことが原因となっています。たった0.3%濃度の乳酸が蓄積するだけで、筋肉は収縮することができなくなります。

特に現代人は精製糖質 (白米、白砂糖、パン類、麺類) の食べ過ぎで、乳酸が溜まりやすい食生活を送っています。

血糖値の乱高下で強烈な酸化ストレスを受けているうえに、乳酸の毒で細胞が弱っています。酸性環境に弱いミトコンドリアが衰弱してエネルギーが出なくなっています。

また、激しいスポーツをする人も乳酸が溜まりやすいと言えます。私なんかは、トライアスロンというハードなスポーツを毎日のようにやっているので、乳酸の蓄積には気をつけなければなりません。

そこで、溜まった乳酸を体内で処理するためにクエン酸を利用するのです。

クエン酸を摂取すると、細胞のミトコンドリア内でクエン酸回路という反応が働いて、余分な乳酸を取り込んで処理してくれるのです。(※詳しいメカニズムを知りたい方は、下記の参考リンクをご覧ください)

私は特に病気もなく健康体なのですが、クエン酸を飲むことでアチコチ固まった筋肉がほぐれて身体の動きがスムーズになることを期待しています。

早速、試しにクエン酸水を作って飲んでみましたが、さすがにものすごく酸っぱいです。(>o<)
しばらく続けて、身体がどのように変わるか実験していこうと思います。


参考リンク:注目!「クエン酸」飲用こそ治療の原点
※現在、リンク切れになっています。