大相撲の元横綱朝青龍関の主治医を務めた本田昌毅医師(39)と、同氏が代表を務める病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、平成20年までの3年間で約1億円の所得隠しを指摘されていたことが10日、分かった。すでに修正申告したとみられる。

 関係者によると、本田医師は精神科医として活動しているが、ホンダメディカルの傘下で10カ所の美容外科なども運営。税務調査の結果、ホンダメディカルが実態のない経費を計上して所得を圧縮していたほか、個人所得の一部も除外していたとされる。 

【関連記事】
ドタキャンの元朝青龍関らを提訴 1500万円賠償へ
「地位汚さぬ努力」白把時代の到来へ
“朝青流”はない? 把瑠都、厳しく温かい周囲の目 大相撲
新潟の風俗店経営者が2.5億円所得隠し 別人名義で税務申告
EXILE事務所1億円以上所得隠し 東京国税局指摘
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<河村名古屋市長>応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)
「勝手に俺の写真撮った」女子高生を連れ去ろうとした男を逮捕 警視庁(産経新聞)
<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)
生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)