JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本前社長、山崎正夫被告(66)の第2回公判前整理手続きが22日、神戸地裁(岡田信裁判長)で非公開で行われた。関係者によると、起訴状の認否までは進まなかったとみられる。

 今年3月に第1回公判前整理が行われ、地検は証明予定事実を提出。これまでに弁護側と検察の間で、起訴状についての説明を求める「求釈明」や、回答が数回されている。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
JR福知山線・神戸線で信号故障、20万人超す影響
地検の前社長起訴を鉄道事業者はどう考えたか JR福知山線脱線事故
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

校長ら2人に略式命令 東京・杉並の小6天窓転落死(産経新聞)
官房長官、移設説得へ徳之島乗り込みにも意欲(読売新聞)
共産委員長、結党以来初の訪米へ…NPT会議で(読売新聞)
<脱税指南>八木被告「認識ない」 初公判で否認(毎日新聞)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦-米ケネディ宇宙センター(時事通信)