中国製ギョーザ中毒事件で、警察庁は22日、中国公安省の幹部らと情報交換会議を開いた。中国側は現地で逮捕された製造元「天洋食品」の元臨時従業員呂月庭容疑者(35)に関する捜査状況を説明し、双方が全容解明に向けた捜査協力を続けることを確認した。
 中国警察当局は、呂容疑者が単独で、日本で発生した被害3件にかかわったとみて、捜査を進めている。
 会議で中国側は、混入の動機や殺虫剤メタミドホスの入手経路、注射器による混入状況などについて詳細に説明。日本側に捜査協力を要請した。
 下水溝に捨てられていた注射器から水溶性の高いメタミドホスが検出されたことや、注射針による穴がない包装袋の中のギョーザに殺虫剤が混入した経緯についても説明。警察庁は「合理的な説明を受けた」とする一方、「詳しい内容は中国側の意向もあって明らかにできない」としている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述
「危険物質投与」容疑で拘束=毒ギョーザ事件の元臨時従業員
「寝耳に水」の容疑者拘束=日中、混入場所で一時対立も
注射器2本、下水道で発見=元従業員供述の裏づけ急ぐ

特定外来生物のザリガニ、関東で初めて生息確認(読売新聞)
<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)
5か月長女を壁に投げつけ…無職母親を逮捕(読売新聞)
所沢市の公園にこいのぼり350匹(産経新聞)