民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、東京第5検察審査会が4月に小沢幹事長を「起訴相当」と議決したことについて、岩手県の達増知事は10日、記者会見で「政治的な文章が見える」との認識を示した。

 知事は、「今回は新たな事実関係が出てきたわけではなく、『絶対権力者』とか、司法の文章に出てこない、政治的な文章が見える」と述べた。その上で、検察審査会に対しては「まあ務めを果たしたということで、お疲れさまでした、ということだ」と述べ、冷ややかな感情をにじませた。

 しかし、「正式なコメントは、詳細に読んでいないので答えられない」とも語り、慎重な発言が目立った。知事は同審査会の議決が出た際には、中国出張中で、コメントを出していなかった。

推進本部は会期内提出を確認 憲法改正原案で自民党(産経新聞)
普天間、決着先送りに言及=「6月以降も努力」-鳩山首相(時事通信)
長野の一家遺体遺棄、4人を強殺容疑で再逮捕へ(読売新聞)
普天間「県外に命懸ける」=社民議員、官邸前で抗議(時事通信)
架空取引で数億円流出か 大ガス子会社元社員 背任容疑 大阪府警(産経新聞)