静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で10日に始まった羽生善治王将(39)と挑戦者・久保利明棋王(34)の第59期王将戦七番勝負の第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、掛川市、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会協賛)は午後6時、久保が39手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は久保3時間36分、羽生4時間2分。11日午前9時、再開する。

 1勝1敗で迎えた本局は、今期初めての相振り飛車になった。久保は7四歩(15手目)から7筋の歩を交換。すると、羽生も2六歩(20手目)から2筋の歩を換えた。

 その後、久保は7四歩(27手目)と打った。これが工夫の一手で、以降はこの歩をめぐる駒組みが続いた。

 久保は左翼で攻撃態勢を整えた。羽生は厚い陣形に組み、しっかりと受けて立つ方針だ。解説の小倉久史七段は「7四の歩が生きるかどうかが勝負どころです」と語った。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
将棋:王将戦七番勝負第3局始まる 今期初の相振り飛車に
将棋:王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級

<爆窃団事件>香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
慢性化しやすい欧米型B型肝炎、家庭内でも感染を確認(医療介護CBニュース)
国家公務員法改正案を閣議決定へ(産経新聞)
<漁船銃撃>船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い(毎日新聞)
<山本病院>肝臓手術経験10回以上…理事長が県に虚偽回答(毎日新聞)