民主党の山岡賢次国対委員長は18日夜、東京都内の韓国大使館で、権哲賢駐日韓国大使と会談し、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について「参院選があるからできないが、選挙が終わったらやる」と述べ、今秋の臨時国会以降に先送りする考えを示した。山岡氏は社民党の辻元清美衆院議員、国民新党の下地幹郎国対委員長らと共に食事会に参加。権大使が地方選挙権付与法案の今国会での対応を尋ねたのに対し、答えた。

【関連ニュース】
連立政権:社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み
高校無償化法案:朝鮮学校も対象で一致 国民新と社民両党
参院予算委:外国人選挙権法案優先なら連立解消へ 亀井氏
鳩山首相:「規正法改正へ与野党協議を」 小沢氏に指示
外国人選挙権:先送り 反対の国民新に配慮 政府方針

診療所の再診料、年27万円減少―2点引き下げで保団連(医療介護CBニュース)
<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸
<天皇陛下>東ティモール大統領と会見(毎日新聞)
「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)
学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も(時事通信)