埼玉県飯能市の山中で、マルチーズなど約100匹の犬の死骸(しがい)が見つかったことが6日、県警への取材で分かった。衣服を身に着けた犬が多く、県警はペット処理業者による不法投棄の可能性が高いとみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査している。 

【関連ニュース】
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕
産廃運搬会社社長を逮捕=70トン不法投棄容疑
産廃220トン不法投棄=処分業者ら逮捕

タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
<残業代>変形労働時間制認めず、支払い命令…元バイト提訴(毎日新聞)
理容店に大型トラック突っ込み、4人死傷(読売新聞)
<成田空港>軍用拳銃300丁国内へ ドイツから誤って送付(毎日新聞)
インスリン投与容疑の京大病院看護師、精神鑑定へ(産経新聞)