鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が市議会への出席を拒否して混乱が続いている問題をめぐり、市長派の4市議が開会最終日の19日、市長不信任決議案を提出した。地方自治法の規定により、可決となれば市長は議会を解散できるが、16対0の全会一致で否決された。 

【関連ニュース】
竹原市長に問責決議=修正予算案も可決
9500万円減額の修正予算案可決=竹原市長はまた欠席

日本語力、職員から 都が勉強会 “足元”強化(産経新聞)
産廃処理業者3社、処理法違反で許可取消し(産経新聞)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」-教育にニーズあり(産経新聞)