スカイネットアジア航空が運航するボーイング737―400型機の3機が、国土交通省が航空会社に対して求めている点検をしないまま、最大で631時間にわたり運航していたことがわかった。

 国交省は24日、スカイネットアジア航空を厳重注意した。

 同省によると、点検漏れがあったのは、発電機の制御装置や、離陸時の警報装置など。

 来月の整備計画を立てる作業の中で、点検漏れが判明したという。

<強制わいせつ容疑>元Jリーガーを処分保留で釈放(毎日新聞)
正常化のめど立たず=自民欠席で粛々審議-国会(時事通信)
エコポイント手続き、簡単にします 4月から(産経新聞)
<名古屋市議会>総合計画議決権条例を可決(毎日新聞)
「だまされぬよう聞き分けて」=振り込め撲滅でキャンペーン-警視庁(時事通信)