1分間に80メートル以上という速足の女性は、普段歩かない女性と比べ脳卒中を発症する危険性が約4割低いことが、米ハーバード大などの大規模調査で分かった。速さに関係なくこまめに歩く女性も同様の効果があった。散歩の有効性を示す成果として注目される。6日付の米心臓協会誌(電子版)に発表する。米国在住の健康な女性3万9315人(平均年齢54歳)を対象に約12年間、歩行距離やその速度などを2~3年おきに申告してもらった。調査期間中に脳卒中を発症したのは579人いた。

 その結果、歩く頻度を問わず、分速80メートル以上の人が脳卒中になる危険性は、普段歩かない人と比べて37%低いことが分かった。分速53メートル以下のゆっくりと歩く場合の危険性は18%減にとどまった。

 しかし、週に2時間以上歩く人は速度に関係なく、歩かない人に比べ30%低いことも判明した。

 一方、脳卒中のうち特に死亡率が高い脳出血では、分速80メートルの人で、歩かない人に比べ危険性が68%、週2時間以上歩く人は57%、それぞれ低かった。

 歩行を含めた適度な運動は高血圧を防ぐ効果があると言われるが、男性の場合、別のチームの分析で明確な関係は得られなかったと報告されている。

 研究チームは「性別の違いが何に起因しているのかは今後の課題だが、こまめに歩いてほしい」と呼びかけている。【八田浩輔】

【関連ニュース】
虚偽表示:健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁
妊娠糖尿病:診断基準を厳格化
3月号
1月号
12月号

<山崎直子宇宙飛行士>コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)
25年以降 「子ども手当」半額継続なら 増収は2割程度 (産経新聞)
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
大量不合格の都立高定時制、300人追加募集(読売新聞)
<幸田町汚職>容疑の町議 弟から報酬、一部受領 (毎日新聞)