日東電工は4月20日、アルツハイマー型認知症治療薬ドネぺジル塩酸塩(一般名)の経皮吸収型テープ製剤に関する共同開発契約を興和と締結したと発表した。年内に開発に着手し、2017年の承認取得を目指す。

 日東電工は06年5月、アリセプトの製品名でドネぺジル塩酸塩を販売しているエーザイと、テープ製剤の共同開発に関する契約を締結したが、両社のビジネス戦略上の方向性の違いから昨年2月に解消。開発継続を希望していた日東電工では、その後もパートナーの製薬企業を探していた。同社によると、医療現場のニーズを反映させた改良製剤の事業化を進めている興和とニーズが合致し、契約に至った。

 一方、エーザイは昨年2月、ドネぺジル塩酸塩の貼付剤に関して、帝國製薬と契約を締結し、現在米国でフェーズ1試験を実施中。日本では、研究開発・販売に係る独占的ライセンス契約の選択権を保持している。アリセプトの国内物質特許は11年6月まで。


【関連記事】
武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ
アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共
認知症治療剤アリセプトの内服ゼリー剤を発売―エーザイ

「もんじゅ」検出器故障…再開時期に影響も(読売新聞)
<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
元露鵬らが控訴 大麻問題で解雇めぐり(産経新聞)
寒さも何の ジョッキ片手にタイガース応援 大阪でビアガーデンオープン(産経新聞)
「智ちゃんのすべてを本に」 JR脱線事故犠牲者の母が執筆(産経新聞)