2006年08月

2006年08月30日

二日続けて酒を飲みました。僕にしてはめずらしいことです。少しは麺酒場の店員になれたのでしょうか…
ただっ、酒を飲んだあとは重い体がなお重くなります。
酒を飲むとき一人だったり、複数で飲んだりしますがどちらも楽しい時間を作る一つの方法なのかなと思いました。

l2103045 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

休み

今日僕はお休みです。なんだか火曜が週の終わりという気分です。
一週間終わって毎度高い山に必死で食らい付いて登っている気持ちです。まぁ、高いハードルのほうがいいですけど…
というわけで、今日休んで明日からまた頑張ります。

l2103045 at 04:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年08月29日

決断

今日以前働いていたアルバイト先の方から連絡をもらいました。僕が辞めてから色々問題が多くなり彼は辞める決断をしたそうです。
当時僕は店の美化・品質・仲間とのコミュニケーションなど店の中で誰よりも気を使っていたと思っていました。しかし、今思えば自分が決めた枠の中で満足していただけで、もう一歩・もっと先へ踏み出してはいませんでした。周りのグループ店舗でも、もっとしっかりしていた店はありましたし、自分が働いていた店のなかだけでとても視野が狭かったと思います。
辞めるとき店は人手不足で困っていましたが、それでも、今辞めて踏み出さなければ後悔しただろうし、視野の狭いままでいただろうと思います。
それを思うと、ここが踏張り所だし、チャンスなんですから、肩を押してくれた社長や前職の仲間に感謝してもっと前へ、もっと先へいきたいと思いました。

l2103045 at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月27日

英喜感激3

今日の英喜屋はスープ終了のため予定より早く閉店しました。閉店後に来店してくださった方、予定していた方すみませんでした。
ただ、予定数が提供しきれたこと、廃棄する食材がなかったことはうれしいことだと思います。やっぱり食べて頂いてこその料理ですから…
さて、英喜屋の営業は九月で終了してしまうのですが、この機会に僕が出来ること、考えられることはないのか、少しづつヒデキさんとの話しも増えました。ヒデキさんの思いが詰まったラーメンを、よりよい雰囲気で召し上がってもらえるようにしていきたいですねぇ。また来週もよろしくお願いします。

l2103045 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

夏の終わり…

が迫っているのでしょうか。帰り道がとても涼しく感じます。でも、かすかに聞こえる蝉の声。夏の夜の風情とでも言うのでしょうか。やはりこんな静けさもまたいいですね。
さて、明日は、英喜屋としての営業です。先週僕は休みましたが、明日はヒデキさんと二人で頑張ります。毎日美味しいものを作ろうとするヒデキさんの思い・味を是非皆様感じにいらしてください。僕も出来るかぎりの接客を努めます。

l2103045 at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月25日

23歳…

になりました。何だか、ついこの間二十歳になったばかりのような気がします。本当に多くの人に支えられここまできました。ありがとうございます。
毎日たくさんのことがあり、目が回るような日々ではありますが、ここを乗り越えて少しでも人間としての成長をしていきたいと考えています。皆様今後ともよろしくお願いします。
さて、今日は久々に家で夕食を食べました。思うのは家での何気ない食事があるから、外食の楽しさ喜びがあると考えます。いつか、家庭ではいい意味で食べられない、けど家庭のように暖かい料理を作りたいですねぇ…続きを読む

l2103045 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

割り箸

の値段が今とても高くなっているそうです。そのため、飲食業界ではプラスチックの使い捨てではない箸を使うところや、檜の割り箸を一本五円で販売するところなどの様々な手を打って対応しているそうです。
理由には、消費の九割を占めている中国が森林保護を考えはじめたことや、人件費が上がったことなど、他にも多くの理由が挙げられています。
ちなみにウチでは使い捨てではない箸を使っています。理由はゴミを少しでも減らすため、環境のため、箸に使うお金をその他の食材などにまわすためなどがあります。割り箸のほうが使い捨てで衛生的に良い印象を持たれますが、値段や環境を考えると、今のやり方はいいんじゃないかと思います。
この内容で僕が考えることは、「当たり前の物がなくなってしまったら・当たり前でなくなってしまったら」ということです。割り箸は限りある森林を伐採して作られている物です。このままのペースで使い続ければいつかなくなります。このように普段当たり前すぎて気付かないことが、いつかなくなるかもしれないと考えると、物の見方が大きく変わります。未来の子供たちに一つでも、少しでも残さなければならないと考えます。それには、ただ無駄遣いすることを止めさせるのではなく、先のことをイメージして大切にしてゆく。そうすることで自然と変化が起きるのではないか…と考えます。

l2103045 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月23日

時間

最近、一日がとても早く過ぎていくように感じます。そんなことを考えるとふと、大学の先生がおっしゃっていた言葉を思い出します。
「一日が過ぎるのが長く感じて、一年が過ぎるのが短く感じる人生はあまりしあわせではない…」
う〜ん、僕は一年後どう感じるのでしょうか?何より一年後にはもっと胸はって「ラーメン作ってます」って言えるようにはなりたいですねぇ。

l2103045 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

味噌

今日はお休みを頂き、ラーメンツアーと買い物をしていまぁす☆彡
しかぁし!一軒目から一番の目当てのお店にフラれるとは…
さて、今日の日替わりは味噌です。昨日の夜社長が一生懸命味噌ダレを作っていました。きっといいものに仕上がると思います。是非皆様お越しください。

l2103045 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月22日

おまけ

某コンビニエンスストアでは、商品に付くポイントで引き換えが出来るいわゆる「おまけ」による効果で利益と新しい客層を獲得したという新聞記事を見ました。しかし、ただ何でも「おまけ」が付けばいいようではないそうです。売り手と買い手の駆け引きとでも言うのでしょうか…
ウチの店はお客様を呼ぶのに決して良い立地ではありません。味だけでなくそれこそ表現として違うかもしれませんが「おまけ」が必要なのでしょう。しかし、単純にお茶のサービスなどの特典では大きな集客は見込めないと思います。なぜなら、ウチより良い立地の店もやっているからです。
ならば何が出来るのか…よく社長が言っていますが『場所の提供』が一つの方法ではないのかと考えます。ラーメンを通して、お酒を通して、お客様に居心地の良さ、もしくは特別な場所としての思いを感じてもらえることがあれば、「おまけ」のような効果が獲られるのかもしれないと考えます。
まぁ、その中で僕が今やれることは、精一杯のお客様に対するおもてなしと、美味しいものを食べてもらいたいと思い心をこめて作ることかと考えてます。

l2103045 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Recent Comments