公明党の山口那津男代表は24日の自民党大会で来賓としてあいさつした。この中で「(別々の)政党なので政策の違いは出てくるだろう」と述べ、今後の国会運営では自民党と別行動となる場面が出てくることを改めて示し、与党時代との違いをにじみ出した。

 また「われわれは連立の10年、政権の政治決断の重みや政策実現への技術と経験を(自民党から)教えて頂きながら、今日まで来た」と自公連立を総括し、「野党となり、お互いに党の再生、再建をかけて新たな出発をした」との現状認識を示した。

 一方で「自民党のもっとも良いところは自由があるところだ。これからも良き伝統を大いにいかしてほしい」とエールも送った。

【関連記事】
「小沢独裁と戦う」 谷垣総裁が決意表明 自民党大会
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇
転落自民、資金離れと「孤独な戦い」

小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)
<コンビニ強盗>ノコギリ持ち押し入った疑いで女逮捕 岐阜(毎日新聞)
ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)
早大の賠償額を減額…風力発電訴訟2審判決(読売新聞)
<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)