連合(古賀伸明会長)は19日、10年春闘の回答引き出し結果(同日午後3時現在)を公表した。報告のあった554組合はすべて、定期昇給など賃金カーブ維持分を確保した。

 連合によると、要求した1277組合のうち554組合から回答が報告された。平均賃金方式で要求した431組合の定期昇給分などの平均引き上げ額は5369円(前年同期比461円減)。このうちベースアップなど賃金改善を獲得したのは14組合で平均694円となった。パートの賃上げは75組合で平均12.05円(時給)の回答で、前年を約6円下回っている。

 中小企業の交渉は、3月末に向け本格化する。組合側は定昇相当分の5000円前後の賃上げを求めており、賃金水準維持を掲げる連合は、産別を中心に支援を強める考えだ。古賀会長は「賃金の底割れ阻止というギリギリの要求を掲げた春闘はこれからが本番だ。賃金カーブを維持した前半戦の結果を中小、非正規にも波及させるよう全力で取り組む」と決意を示した。【東海林智】

【関連ニュース】
春闘:電機大手、賃金体系維持に慎重姿勢 産別労使交渉で
春闘:自動車総連が「賃金カーブ維持」の方針確認
毎月勤労統計:1月給与総額20カ月ぶりプラス、残業増え
社説:春闘一斉回答 安定した賃金保障を
春闘:労使が初交渉 賃金より雇用確保優先

覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」-府警(時事通信)
和歌山で震度3(時事通信)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
<日米密約>「破棄」文書、外務省が調査へ(毎日新聞)