福岡県警は25日、強制わいせつ罪で追起訴された同県警警部、新田隆被告(50)を懲戒免職処分にした。新田被告は別の女性への強姦(ごうかん)未遂容疑で08年3月に逮捕され、免職処分を受けた。しかし処分を不服として県人事委員会に審査請求し、停職に変更されて復職していた。

 県警の西谷五郎首席監察官は「事実関係を踏まえ厳正に処分した。警察に対する県民の信頼回復に努めたい」とコメント。一方、新田被告の弁護士は「強制わいせつ罪も無実であり、県人事委員会に審査請求をする方針」としている。

 県警によると、新田被告は機動捜査隊班長だった06年10月14日午前3時ごろ、同県大牟田市の車内で女性に覆いかぶさるなど、わいせつな行為をしたとされる。県警が先月3日に逮捕した。新田被告は否認しているという。県警は当時、機動捜査隊長だった警視(60)も監督不十分で本部長注意処分とした。

 新田被告は強姦未遂容疑で逮捕され不起訴となったが、福岡検察審査会の議決を経て、昨年11月に在宅起訴された。しかし県人事委員会は12月「犯罪の事実はない」として、処分を停職1年に修正。既に処分期間を過ぎていたため、復職し起訴休職となっていた。

【関連ニュース】
福岡性的暴行:英会話学校の米国人経営者を起訴
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
性的暴行:知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁
児童ポルノ:定義の厳格化求める 日弁連が意見書
性的暴行容疑:逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書

元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁(産経新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
元公設秘書側「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」 弁護側最終弁論要旨(産経新聞)
<有珠山>噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)