アート・オブ・ヘラクレス

ヘラクレスオオカブトのブリードという芸術を楽しんでます!

2015年12月

ヘラヘラ羽化!

先日の蛹が羽化しました!
ついにこの時がやってきました。

去年、初めてヘラクレス幼虫をネットショップで買い、
このブログを始めてから、1年と数ヶ月、
本命のヘラヘラの初羽化です!
 
12/11です。

IKE_0033

胸角はあまり長くはありませんが、
根元はちょびっと太めで、
いい感じではないでしょうか!

IKE_0048

実際見た感じ、どしっとしてボリューム感あります。
胸角がもう少し長ければ、てとこですよね。

サイズはまだ測れてませんが、
今年、買った140mmより断然存在感あります。
気に入りました!

しばらくして、オアシスからケースに移す時に、
サイズを測りたいと思います。


12/13の様子
IKE_0067

IKE_0058

角曲がりもなく、完品羽化。

初ヘラクレス幼虫飼育、大成功です!


 
カブトムシ ブログランキングへ<

半年100gの壁。

ネット上では、
「6ヶ月で100gいかないと大型は望めない」 と、
書いてある記事をよく見かけます。
 
2014年にネットショップで購入した幼虫は、
1年ぐらいかけて100gを超えてきてたりしますが、
100gに満たず蛹室を作り始めてる幼虫もいます。

半年で100gてすごいな〜と思ってましたが、
今年、成虫からブリードし、我が家で産まれた幼虫たちは、
去年、幼虫購入したものより育ちが断然いいです。
半年100gは何頭もでてきています。

ヘラクレスに慣れ、幼虫の変態サイクルなどがわかり、
私自身の育て方も少し良くなった感じがします。
 
初ブリードの140×69からの子は、
半年90g前後が多かったのですが、
140の2♀目(72mm)からの幼虫は、
半年100gをクリアする子が何頭かでています。 
これは♀の差なのでしょうか。

そして、我が家のエース160mmくんからの子は、
ぼちぼち孵化後6ヶ月が経ち始めました。
やはり、親がデカいと余裕で半年100g超えてきますね。

IKE_0001

この子は、
6/14孵化 12/4 108g
です。
6ヶ月弱です。 

親、160×71からの1号です。

ここまで飼育してきて、
やはり遺伝(血統)はかなり重要という事が、わかってきましたが、
140mmという無血統の平凡なサイズの♂からでも、
半年100gをクリアしてくる幼虫もいるので、
がんばれば、無血統同士の親でも大きくできるかも?とも思ってしまいます。

しかし、去年買った幼虫達の体重が、
今年我が家で産まれた幼虫達にあっという間に抜かれるという、この状況。
何なんでしょうね〜(笑)

6ヶ月100gという壁はさほど難しくないという事が経験できましたので、
(といっても幼虫自身が素晴らしいだけですが)

次は幼虫体重150g以上を目指したいと思います。


 
カブトムシ ブログランキングへ<