アート・オブ・ヘラクレス

ヘラクレスオオカブトのブリードという芸術を楽しんでます!

2016年01月

蛹たち。

今、我が家はヘラクレス幼虫が大量で、
蛹になった幼虫を取り出し、
スペースを確保しなければなりません。

オアシス管理してるのを並べて写真を撮ってみました。
IKE_0037

2014年にネットショップで買ったものと、
2015年に我が家で初めてブリードしたもの達です。


IKE_0038

真ん中の蛹は、
我が家で2015年3月生まれの子で、早期蛹化ですね〜。
となりの子達は2014年幼虫購入組です。
後から産まれて早期蛹化なのに2014年幼虫購入組より大きそうです。
購入組はオチビばかりです、やはり育て方がまだ下手でした。


IKE_0039

そして、初心者お約束の角曲がり(笑)
この子は中ケースで蛹化したのですが、
私がケースを持ち上げ、
下から覗いた時、まさに蛹化中だったんです。
その時、ケースが傾いたのが原因だと思います。
後で蛹室を見ると角先にはちゃんとスペースがあったので。
やってしまいました。


IKE_0041

そして、前蛹たち。
この子たちは、我が家生まれの140×69の子で、
3月生まれの早期です。
幼虫時体重110g程度でもう蛹化です。
管理温度が高かったのでしょうか?
せめて1年は幼虫して欲しかったです。

一番右の子は、昨日蛹になってました。

前蛹の取り出しタイミングもわかってきました。


IKE_0045

♀たち。
この子たちの多くは、140×69の子です。


IKE_0042

この子は2014年幼虫購入でした。
大きくないですが、きれいに羽化してきました。


オアシスを削るのも慣れてきて、
♂用1個を5分程度で作れるようになりました。雑ですけど。

しかし、管理温度が高いのか、早期すぎる子が続出。
少し温度管理も考えてみます。


 
カブトムシ ブログランキングへ<

リッキー活動開始。

11月に羽化したリッキーが1月18日から後食開始しました。

2014年にネットショップで5頭の幼虫を買い、4頭が落ち、
唯一生き残り羽化してきた子です。
 
IKE_0018

羽化したての頃140mm程あったんですが、
137mmで落ち着きました。
大きくはないですが、初リッキーとてもうれしいです!

以前は、ヘラヘラとリッキーの差があまりわからなかったんですが、
今は、もう完全に別物に見えます(笑)

この子はL-4号として管理してたので、
名前は「えるよん君」です。

IKE_0027

えるよん君には嫁がいないので、
タイミングが合う子がいれば迎えたいと思ってます。

リッキーの♀はまだ見た事ないですが、
♂同様、別物に見えるようになるのでしょうか?

IKE_0033

リッキーはヘラヘラとはまた別の魅力がありますね。
飴色の上翅が美しい!
何とか、えるよん君の血を残したいです。


 
カブトムシ ブログランキングへ<

国産カブト経過

今期、少数で飼育してる国産カブトのマット交換しました。
メインのラインは、♂2頭、♀2頭が大ケースに。

 ♂44g

IKE_0001

♂43g

IKE_0003

そしてなんと、♀が30g超えてました!
ビックリでした。

♀32g

IKE_0004

♀31g

IKE_0005


いい感じではないでしょうか。

そして赤カブ同士をかけたラインに4頭の♂がいるのですが、
なんと4頭とも40g超えでした。

ヘラクレスメインで、
正直、国産に時間を取られるのが。。。
という気持ちだったんですが、
よく育ってるので、少しモチベーションが復活しました(笑)



 
カブトムシ ブログランキングへ<