アート・オブ・ヘラクレス

ヘラクレスオオカブトのブリードという芸術を楽しんでます!

2017年02月

(記録更新)♀78mm 6A-5

久しぶりの記録更新です。

今日は♀です。

6A-5
78mm(頭上げ〜羽先)

IKE_0010

デカいです。
尻先までのMAX値は79〜80mm!

1/1に羽化確認した個体で、
おそらく12月下旬羽化だと思います。
大きいので、後食まであと1ヶ月ぐらいかかりそうです。

この6Aラインは、先日164mmが羽化してきたラインです。
種親 ♂152mm(アルティメットアウト)×♀72mm(UB67-N48SB)
です。

この152mmの種♂、MDティーガー♀とかけた6Bラインでは、
♀全て73mm~76mmでした。
そして♂は全て150mmUPです。(角曲りの1頭を除き)
いい感じです。


さて今回の♀の成長記録を見てみましょう。

IKE_0022

♀にしては幼虫期間が長く、
14ヶ月もあったようです。

最大体重 81g

♀の記事、地味ですが(笑)、
やはり♀もデカいのが出ると嬉しいですね。

後食を開始したら、タイミングの合う♂とペアリングしたいと思います。


最後に比較画像を、

IKE_0019

左が78mm                                    右が67mm


いつかは羽先80mmUPを見たいです。

----------------------------
 2017/02/25 更新

♂166mm
(⑤D-2)

♀78mm
(⑥A-5)

幼虫

147g
(⑤C-10)


83g

 (⑥B-3)

前蛹
138g
(⑤C-12)

------------------------------

 
カブトムシ ブログランキングへ

足先がなかった幼虫

幼虫をたくさん飼育していると、やはり時折、奇形幼虫に遭遇します。

我が家の6D-5が、2令の時から足先がない奇形幼虫でした。

成虫でいう符節部分にあたる所でしょうか。

6本ともありませんでした。

IKE_0001

あ〜、かわいそうに、満足に動けるのか?
と思ってました。

3令に脱皮したら生えてくるかな?
と少し期待しつつ普通に飼育してました。

だいたい奇形の幼虫は途中で落ちるか、
足の場合、加令時に生えてきたり、
超短い足で成虫になったりします。

IKE_0002

そして、3令になったのですが、
2令の時と変わらず、足先がないままでした。

こりゃダメかな〜と思いました。

体重も孵化後半年の5/1で62gと、
やはりあまり成長がよくありません。

しかし、弱々しさはなく、がんばって生きてる感がありました。

飼育も他の個体と差別化することなく、
普通に飼育しました。


13ヶ月後に106g、これが最大体重でした。




そして、前蛹に。

IKE_0003

前蛹体重91g

まあ、こんなもんだろな〜という感じでしょうか。

足先がないわりには頑張った方でしょう。


サナギになったら足先ないままか、

超短い符節が生えるか、

蛹化不全になるか、

どれかになるんだろうなと思ってました。





そして、サナギに。

IKE_0004


IKE_0013

IKE_0015


なんと、足が奇麗に生えてるじゃないですか!!

どこか問題あるかなとよく見たんですが、
普通に見えます。

符節が健常個体より短いのではないかと疑ったんですが、
そんなに短く見えません。

どうでしょうか、普通ですよね?

しかも、立派なサナギじゃないですか!

奇形幼虫で、前蛹91gだったのに、
胸角太めの美形じゃないですか!

サナギ体長166mmです。

羽化したらおそらく140mm台だと思いますが、
バランスのいい美形個体になるのではないでしょうか。



このサナギを見た時、

「えっ?マジで? うそやん? えっー?」
と声を出していました。

そして、

私は涙してしまいました。(ホントです)

6D-5、足先がなかったのに頑張りました。

カブトムシのサナギを見て涙するとは、
自分でもヤバい奴だなと思います(笑)

しかし、感動しました。マジで。。。


正直言うと、
「落ちるなら、さっさと落ちて、1頭分のスペースを空けてくれ」
と何度も思ってたりも。。。



ヘラクレス飼育、
最後の最後までどうなるかわかりません。



今回学んだ事

最高の飼育技術は、やっぱりですよ!(笑)



今回の6D-5、羽化したらまた記事にしたいと思います。



カブトムシ ブログランキングへ





 

なかなかいいサナギ

先日蛹化したサナギなのですが、
なかなかよさげなのが出てきました。

IKE_0003

このサナギ、かなり早期で、
幼虫期間が10ヶ月で蛹化してきました。

IKE_0007

今まで、サナギの胸角の長さを測った事がなかったのですが、
このサナギ、胸角率が良さそうなので測ってみました。
115mmほどでした。
サナギ体長は182〜185mmほど。

160mmUPいくんではないでしょうか。

なにより驚いたのは、前蛹体重がたったの106gだったんです。

早期蛹化、前蛹106gという
普通なら小型になってしまう数値で、
全然期待してなかったのですが、
この個体には驚きました。
しかも角も太めです。

幼虫期間が短く、低体重で太めの大型になるなんて、
最高な奴じゃないですか!

無事に羽化したら、詳細データを記事にしたいと思います。


カブトムシ ブログランキングへ




 

ネプチューン蛹化連続写真

夜、仕事から帰り飼育部屋にいくと、
蛹化寸前のネプチューンがいましたので、
「よし、連続写真を撮るぞ!」
と思い立ち、実行。←後で後悔することに(笑)

がんばりましたので、見て下さい。

1/28、夜10時ごろからです。

IKE_0003
22:15

IKE_0009
23:02

IKE_0011
23:03

IKE_0018
23:05

IKE_0023
23:06


IKE_0030
23:08

IKE_0034
23:08

IKE_0036
23:09

IKE_0040
23:09

IKE_0046
23:10

IKE_0050
23:11

IKE_0065
23:13

IKE_0070
23:14

IKE_0077
23:16

IKE_0081
23:16

IKE_0095
23:20

IKE_0099
23:23

IKE_0110
23:24

IKE_0116
23:28

IKE_0120
23:33

IKE_0133
23:47

IKE_0136
23:49

IKE_0148
00:07

IKE_0153
00:24

IKE_0163
00:40

IKE_0170
00:47

IKE_0173
01:00

IKE_0179
01:07

IKE_0183
01:19

IKE_0189
01:28

IKE_0194
01:40

IKE_0198
01:52

IKE_0199
02:04

IKE_0203
02:13

IKE_0209
02:19

IKE_0212
02:30

IKE_0217
02:36

IKE_0220
02:42

IKE_0226
03:02

IKE_0229
03:13

IKE_0233
04:20

ほぼ蛹化終了
蛹化開始からここまで5時間以上。

疲れました。。。

前蛹92g
サナギ体長155mmほどです。

もう連続写真はやめときます(笑)

参考になった方がいればうれしいです。


カブトムシ ブログランキングへ