ロコモアの情報メモ

ロコモアについての情報メモ。

ロコモティブシンドロームの対策をするには

適度な運動はもちろん筋肉成分などサプリメントも摂取することがおすすめです。

特にロコモアなどは、ロコモティブシンドローム対策に必要な成分が一度でとれてしまうので

非常におすすめです。

運動だけでもダメです。

サプリメントを摂るだけでも筋肉は衰えます。

両方を行うことが大事なのです。

今は健康だからロコモティブシンドロームなんて言われてもピンと来ない

なんて人も多いとおもいます。

しかしロコモティブシンドロームは将来の話です。

そして、ロコモ対策は始めるのが早ければ早いほど効果的です。

そして、途中でやめてしまえばもちろん意味がありません。

ぜひ、明日から、今日からロコモ対策を行ってみてはいかがでしょうか?

時々、グルコサミンやコンドロイチンなど関節成分

それらをサプリメントで摂取しても効果がない!

と言う話を聞きます。

これはどうなのです。

実際のところ、経口摂取では大きな効果が得られにくいということもあるでしょう。

それも薬ではなくてサプリメント、つまり食品なのですから。

しかし、サプリメントは飲みやすく続けやすいという利点があります。

効果が薄いとしても、飲みやすいサプリメントで毎日続けることが効果的だと、

私は思います。

一日、食べ物を変えたところで劇的な変化が起きるはずがありません。

でも、それを続けることによって、「ちりも積もれば山となる」ではないですが、

なにもしないのとくらべれば、きっと違いが出てくるでしょう。

いろいろなサプリがあるなかで、特におすすめなのが

ただの軟骨成分だけでなく、イミダペプチドといった筋肉成分も入ったサプリです。

製品としては、サントリーのロコモアが有名です。

配合された成分などがこちらからチェックできます→ロコモアの成分


身体の運動機能の低下を防ぎ、ロコモティブシンドロームを防ぐには、

筋肉と関節と骨の事をかんがえないといけません。

しかし、これらを全て食事でまかなう事は非現実的です。

週に1回だとか、2回 ぐらいであれば…

ひょっとしたらすごく考えた献立であればなんとか必要な量を摂取できるかもしれません。

でも、そんなことをしなくても、ロコモアを飲んじゃえばOKなのです! 

筋肉や骨は補強をする事ができます。

しかし、関節というのはすり減ったものを回復する事は難しいです。

ですので、より大切にしないといけないのです。

しかし、関節成分をしっかりと補給する事は大事です、

そうする事で関節がすり減る事を抑える事ができます。

また、限定的ですが関節のコンディションを回復する事ができます。 

さて、人間が運動を行う上で最も大事なのは筋肉

という事はみなさん理解できるとおもいます。

しかし、人間が筋肉だけではその場に立つ事すらできません。

丈夫な骨格で身体を支えてあげる必要があります。

つまり、骨を丈夫に保つ事もだいじになってきます。

しかし、この骨もとにかくカルシウムを摂取すれば良いだけというわけではありません。

ミネラルなどもバランスよく摂取する必要があるんです。

人間の運動機能をいじするのは意外と単純ではないんですね、 

運動さえすれば筋肉は衰えない?

私は,そう考えている時期がありました…

しかし,そうではないんです.

筋肉はタンパク質から出来ています.

そのため,しっかりタンパク質を摂取していないと運動しても完全ではないんです.

運動+良質なタンパク質

これが大事なのです.

材料がなければどんな料理人も料理は作れませんからね! 

私たち人間は加齢とともに運動能力が低下します.

その,大きな要因の一つが筋力の低下です.

筋力が低下すると機敏な動きはもちろん,

自身の身体を支えることも難しくなってきます. 

また,関節も消耗し,腕や膝,関節を動かすと痛みが発生することもありえます.

そのため,私たちはいかに

・筋力の低下

・関節の消耗 

を防ぐかということが大事になってくるのです. 

ロコモティブシンドロームってなんでしょう?

日本語にすると運動器・症候群となります.

どういう症候群かというと,

運動機能が低下したりして将来「介護を要する状態」

になる可能性が高い状態の人のことです.

現代社会の運動習慣や食習慣ではこのロコモティブシンドローム

の人が非常に多い状態と言えるでしょう.
 

ロコモアは商品名です!

なんか美味しそうですね!

しかし,味を楽しむものではありません.

身体を好調にして,いつまでも思い通りに動く身体を実現するサプリメントなのです.

ロコモアという名前はロコモティブシンドロームから来ています.

このブログでは今後問題になってくるであろうロコモティブシンドロームの紹介と.

ロコモアの機能紹介をしていきたいと思います. 

↑このページのトップヘ