赤松広隆農林水産相は23日の閣議後記者会見で、宮崎県都農町の農場から口蹄(こうてい)疫の疑いのある牛が20日に見つかった1例目について、検査の結果、口蹄疫のO型ウイルスが確認されたことを明らかにした。これで2000年以来、10年ぶりの国内発生が確定した。
 また同省は、口蹄疫発生に伴う関連対策として、農家への低利融資策の拡充や搬出できない家畜に関する助成措置なども決めた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「口蹄疫」
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大
宮崎銀行、口蹄疫被害に緊急融資
口蹄疫疑い3例目=宮崎の牛で発見
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目

高速新料金本当に6月に始まるのか 国民、業者からは心配の声(J-CASTニュース)
「比例議員の新党移動に規制を」 民主・平田氏、協議呼びかけへ(産経新聞)
舛添新党との連携、橋下知事が否定(産経新聞)
知人のマイレージで牛肉やプリン、会社役員逮捕(読売新聞)
<普天間>9万人県民大会「民意の一つの表れ」…鳩山首相(毎日新聞)