農林水産省は25日、2010年度からの農政運営の指針を定めた「食料・農業・農村基本計画」の最終案をまとめた。国内農業の活性化に向け、食料自給率を08年度の41%から20年度に50%へ引き上げる一方、食料安全保障の観点から、海外からの穀物調達の拡充を支援する方針を明記。消費者の関心の高まりに対応した食品安全庁の設置や、国内農業継続の基盤となる戸別所得補償制度の本格展開など、鳩山政権の重視する新たな施策の推進も盛り込んだ。
 基本計画の改定は5年ぶり。月内に閣議決定の見通しだ。
 最終案では、食料自給率(供給熱量基準)50%の前提として、20年度に小麦の生産量を08年度の2倍、主食用以外の米粉・飼料用米では120倍に伸ばすとしている。同時に消費振興策として、国産小麦・米粉の利用拡大や「朝食抜き」の食生活の改善を促した。 

【関連ニュース】
食品安全庁を設置へ=国民の安心重視
小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標
「引退後は農業やりたい」=鳩山首相
施政方針演説要旨
施政方針演説全文

亀井郵政改革相 郵貯限度額「修正せず」 郵政非正規社員と交流(産経新聞)
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは(産経新聞)
岩手知事、生方問題でマスコミ批判「異常な取り上げ方だ」(産経新聞)
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
ペンに託す定年後の人生 企業OB70人 作品を発表・批評(産経新聞)