民主党の川内博史衆院国土交通委員長は18日夕、首相公邸に鳩山由紀夫首相を訪ね、新たな高速道路料金制度の導入に関連する道路財政特別措置法改正案について「法律(案)そのものに異を唱えるものではない」と述べ、審議に協力する考えを伝えた。川内氏はこれまで、同法案に反対の姿勢を示していた。
 川内氏は「現行割引制度がなくなり、近距離の高速(道路)利用客が実質値上げになることは問題というのがわたしの真意だ」と釈明。首相は「真意は分かった」と応じた。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【Off Time】街ある記-富山県魚津
〔用語解説〕「高速道路の無料化」
地元の了解困難、広がる悲観論=首相窮地に
高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設

普天間移設 「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会(毎日新聞)
東寺 「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)