大学入試センターは17日、センター試験第2日の信州大工学部会場で理科1の試験を14分早くスタートするミスがあったと発表した。対象となった受験生は23人で、再試験にはならない。

 午前9時半スタートの試験で受験生の一人が配布された問題用紙を早く開いてしまったため、監督者はその受験生に注意することなく、9時16分に全体に「始め」の合図をした。試験時間は規定の60分間で終わりにし、本来の終了時間の10時半まで全員が教室から出ないように取りはからった。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
<特集>16、17日の問題と解答
<特集・受験と私>第16回 「ゲームと一緒 クリアの仕方がある」海堂尊さん(医師、作家)
センター試験:札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で
センター試験:今年も地元志向「就職を意識」
センター試験:インフルで欠席 初日は全国426人

<プレゼント>新刊「もし、46歳でまさかの収入ダウンになっても手堅く稼げるお金儲けの本」を10名に(毎日新聞)
「雷ガード」発火トラブル、152万個リコール(読売新聞)
<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」(産経新聞)
首相動静(1月18日)(時事通信)