強風の影響で先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の県指定天然記念物「大銀杏(おおいちょう)」の根元から、小さな新芽が顔を出した。八幡宮が1日、発表した。

 八幡宮によると、長さ1センチ弱の緑色をした若い芽が多数出ているのが確認できた。正確な数は数えていないが、20以上は芽生えており、本殿に続く大石段からも見えるという。

 八幡宮は大銀杏の再生を願い、倒れた幹部分を根付かせるため先月14日に移植した。その一方、地面に残った根元から若い芽が出ることも期待していた。

 大銀杏の樹齢は推定千年。境内の記帳所では倒木から1週間後の先月17日から1日までに、再生を祈る人々約2万5千人が記帳したという。

【関連記事】
大銀杏倒れた鶴岡八幡宮、封鎖の石段8日ぶり開放
倒れた大銀杏、植え直し完了 鶴岡八幡宮
鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏「再生の可能性は90%」
【産経抄】3月13日
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)
大阪府立高教頭を現行犯逮捕=自宅に大麻所持容疑-奈良県警(時事通信)
ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)
3千万ドルの追加支援表明 岡田氏、ハイチ支援国会合で(産経新聞)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)