仙谷国家戦略相は1日、CS放送朝日ニュースターの番組収録で、2010年度予算を「どなたが見ても『この国が続くのか』と不安心理を醸し出すのは間違いない」と酷評した。

 予算編成の基本方針の企画、立案などを担当する国家戦略相が、自ら所属する政権の編成した予算を批判する姿に、「野党気分が抜けていない」(政府関係者)と戸惑う声が出ている。

 戦略相は、10年度予算の国債発行額が過去最大の44兆3030億円と、当初予算としては戦後初めて税収を上回ったことについて、「戦争末期の軍事費が膨れあがった時くらいしかなかった。本来、あってはならない姿だ」と指摘。

 そのうえで、「小渕首相の時の金融危機で銀行などを救済したところから、悪い循環が始まった」「『リーマン・ショック』以降の(経済の)疲弊を受け継いだ予算とならざるを得なかった」などと強調、元凶は歴代の自民党政権の財政や金融政策にあると断じた。

初の輸出未遂罪、業者を捜索 中古冷蔵庫で利ざや目的(産経新聞)
<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)
<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で-原口総務相(時事通信)