北沢俊美防衛相は22日の参院外交防衛委員会で、鳩山由紀夫首相が約束している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の「5月末決着」について「米軍そして地元、連立与党とさまざまなハードルを越えないといけないので、極めて大変なことだ」と強調した。

 その上で、首相が21日の党首討論で改めて5月末決着の決意を強調したことから、「首相の決意に基づいて最大の努力をする」と語った。

【関連記事】
普天間問題、今週中に政府案決定 官房長官が意向
「徳之島案には党として反対」普天間移設で社民・重野幹事長
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情
防衛相が普天間問題の5月末決着を疑問視
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

民主の議連改革 「超党派」5割 主導権掌握(産経新聞)
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相(産経新聞)
共産党トップと駐日米大使、初の公式会談(読売新聞)
男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」-埼玉県警(時事通信)
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ(産経新聞)