【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】米航空宇宙局(NASA)は米東部時間19日午前、山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人が乗り組むスペースシャトル「ディスカバリー」の地球帰還を、当初予定より1日遅らせて20日朝(日本時間20日夜)に変更したと発表した。

 NASAは当初、同19日午前8時48分(同午後9時48分)の帰還を予定していた。しかし、着陸地であるケネディ宇宙センター上空の気象条件が悪く、1時間半後に再設定したが、天候が回復しなかった。

 順調に行けば、ディスカバリーは日本時間20日午後8時半ごろ、着陸する予定だ。

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:シャトル、1周延期で着陸目指す
NASA:「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに
NASA:ISSに新たな“住人” 人型ロボット開発
山崎直子宇宙飛行士:和服で手巻きずし 宇宙から日本文化
山崎直子宇宙飛行士:物資搬入を再開 野口飛行士と作業

新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機-東電(時事通信)
日韓議連会長に民主・渡部氏=森元首相から交代(時事通信)
<社会人野球>ホンダ鈴鹿など2勝目…日立市長杯予選リーグ(毎日新聞)
<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
「子ども女性安全対策係」初摘発は盗撮容疑男(読売新聞)