水産総合研究センターさけますセンターは24日、北海道の石狩川支流の愛別川(上川管内愛別町)と忠別川(旭川市)の2カ所で計50万尾のサケの稚魚を放流した。

 09年から3年間、毎年50万尾の稚魚を放流し、成長後に回帰して産卵する状況を継続的に調査する計画で今年で2年目。4年目以降も調査結果を踏まえて放流を続けて資源回復を目指す。天然産卵を目的にした大量放流試験は全国でも極めて珍しい。

 忠別川では、市民約100人も参加。近くの幼稚園の園児らがバケツで、標識が付けられた稚魚を一気に放流すると、大量の銀色の魚影に歓声が上がっていた。【横田信行】

【関連ニュース】
空飛ぶサーモン:ノルウェーから/下 競争力支える最新設備
空飛ぶサーモン:ノルウェーから/上 家畜並み管理で完全養殖
サケ:大きくなって戻っておいで 古賀・青柳小5年、稚魚2800匹放流 /福岡
サケ:JR東と新潟水辺の会、稚魚放流--信濃川発電所の取水ダム下流 /新潟
サケ:玉島小児童ら、稚魚放流--唐津 /佐賀

DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能-石川県警(時事通信)
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く-環境省(時事通信)
開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で-経産省(時事通信)
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?(産経新聞)