宮崎県は16日未明、県家畜改良事業団を含む県内10カ所の農場・施設で新たに家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある家畜が見つかったと発表した。これで県内の累計発生農場・施設は101カ所となり、殺処分の対象となる牛や豚は累計8万2411頭となった。 

【関連ニュース】
口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕

不法投棄、罰金を最高3億円に=改正廃棄物処理法が成立(時事通信)
介護・看病疲れで自殺、過去最多(医療介護CBニュース)
京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑(産経新聞)
普天間、現行案修正で協議継続=米、くい打ち桟橋工法に難色か-実務者協議(時事通信)
レンタカー 知恵で格安、新たな需要掘り起こし(毎日新聞)