平成13年7月に起きた明石歩道橋事故をめぐり、当時の明石署副署長、榊和(かず)晄(あき)被告(63)が20日、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたことを受け、神戸地検の小寺哲夫次席検事は「指定弁護士が今後も円滑に職務の遂行ができるよう、引き続き可能な範囲で執務室の提供など必要な協力をして参りたい」と淡々と話した。

【関連:明石歩道橋事故】
遺族「なぜこれだけ時間かかったのか」
過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談

警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
AZU SEAMOくんを相手に“セクシー女教師”演じる!
学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)
【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)
<久喜市長選>田中氏が無投票で初当選 埼玉(毎日新聞)